帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【164話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は164をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

164話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【163話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は163話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • アルディン・セピウス

ケイは過度の失血で青褪めている様に見えるが、彼の闘志は衰えていない。

腕を失った相手でも、油断はしたらダメだとデジールは本能的に感じた。

一歩下がって、この状況を理解するために時間稼ぎをする。

「・・・あなたは最初からホムンクルスを探していたのですね」

これまでの状況を省みると不自然なことは多かった。

最大の違和感は、ケイが部下の死には怒りを抱いていたにもかかわらず、長い間仕えていた王の死に対しては、非常に落ち着いていたという事。

今一度考えると、彼が忠誠心を抱いている様には見えなかった。

(けれど、彼はどうしてホムンクルスについて知っていたのだろうか?)

以前に拷問した魔術師であるトトリーナを通して、ケイが研究についての情報を受け取っていないことを確認済み。

だから、デジールはこれまでケイを信頼していたのだ。

彼は確かにホムンクルスについて何も知らなかったはず。

その時、突然、デジールの⼼にある記憶が思い浮かぶ。

[ケイ・ハジュマリュンに雇われた傭兵として、あなたはアルディン・セピウスを護衛しなければなりません]

[アルディン・セピウスはケイ・ハジュマリュンの⽬標を達成する上で⼤きな⼿がかりを持っています。アルディンの⼈⽣は、クエストの進⾏に重⼤な影響を及ぼします]

「アルディン・セピウス・・・」

ケイが必要としているアルディンの情報に気づく。

アルディン・セピウスは錬⾦術と関係があったのだろう。

ホムンクルスに関する情報をケイに渡したとしたら、それはアルディンが普通の錬⾦術師ではなかったことを意味する。

彼はピュアウスに匹敵する錬金術師。

[あなたは、このクエストでのアルディン・セピウスの役割を正しく推測しました。彼はホムンクルスの創造を最初に思いついた人物の⼀⼈です。彼は⾃分の体を使って実験し、奇跡的に多くの実験を⾏い、錬⾦術の分野全体を⾃分で開拓した後、拷問されて狂った。彼の拷問された⼼の中には、特にホムンクルスの創造の分野での貴重な情報があります。彼はソードマスターのケイ・ハジュマリュンによって守られており、アルディンが持っているすべての情報を彼に提供してくれました]

デジールの推測は正しかった。

ケイがどのようにしてアルディンから情報を⼊⼿したのかは不明だが、その情報が本当にアルディンからのものであることが明らかになる。

彼はホムンクルスを入手して、何かを成し遂げようとしていた。

 



 

  • vs ケイ

天井の壁が崩壊し、建物全体が崩れ始める。

「・・・」

異様な雰囲気を感じて、プラム、ロマンティカ、アゼストが動き始める。

本格的な対立が生まれる。

同世代のソードマスターと呼ばれる男は、そこに⽴つだけで周囲を圧倒する⼒を持っていた。

ケイはデジールに話しかけた。

「私の要求はこれで終了です。もちろん、約束した⾦額をお⽀払いします」

彼らが本当の傭兵だったら、ケイに⽴ち向かう理由はなかっただろう。

しかし、彼らは本当の意味での傭兵ではなかった。

彼らがホムンクルスを破壊しなければ、この影の世界は終わらないでしょう。

撤退する余地はない。

デジールたちの雰囲気の変化に気づき、ケイは剣を構えた。

「なぜあなたがこのような⾏動を取っているのか理解できません。私の邪魔をしたいのなら、倒さなければいけません」

彼の剣の周りにオーラが浮かび上がる。

「戦うしかないのか・・・」

この影の世界のクエストは、ホムンクルスが研究される可能性を少しでも防ぐことであるという結論に達した。

もしそうならば、ケイがホムンクルスを諦めない限り、彼を倒すしかない。

幸いなことに、彼は万全ではない。

彼が預⾔者との戦いで重傷を負っているのは明らかだ。

「だからと言って、簡単とは言えないけど・・・」

デジールたちもここまでの戦いで大きく消耗していた。

状況を把握している間に、ケイはこの隙を利用して前に突進する。

ロマンティカはケイが動くとすぐに呪⽂を発し、ケイの突然の動きを見逃さなかった。

彼⼥のショットはケイの額に正確に⾶ぶ。

キィイイン!

ケイは剣を持ち上げ、⾼速攻撃を逸らした。

それは超⼈的な反射神経を必要とする偉業。

ほんの⼀瞬で、ケイとデジールの間の距離は狭まった。

彼は指揮官のデジールを狙っていたのだ。

プラムが急いで剣を振るい、ケイの接近を阻⽌する。

ケイの体が最⾼の状態だったとしたら、プラムは簡単に引き裂かれていただろう。

正⾯攻撃で彼の剣に直接向き合うことができないことに気付くプラム。

「しかし、私は後退することはできない」

彼の後ろには、デジールがいる。

プラムは習得したすべてのスキルを使い、ケイの集中攻撃に対応する。

彼の剣術は、⼒よりもスピードに⼤きく依存している。

プラムの才能はデジールに会うことを通してはるかに速く⾼められ、研ぎ澄まされてきた。

しかし、彼が持っていた才能はケイには及ばなかった。

ケイは簡単にプラムの攻撃を全て防いだ。

動きはシンプルに見えるが、訓練された⽬には、⾮⼈道的な動きに見える。

「ぐぅ!」

ここまで攻撃を持ち堪えること自体が奇跡とも言えた。

プラムの一瞬の隙。

ケイはそれを見逃さずに、止めを刺そうとする。

その瞬間、プラムは⾃分の体が2つに分かれるのを直感した。

自分が何をしても、自力の力では立ち向かうことができないと判断する。

死を覚悟した瞬間、二つの呪文が目の前を遮った。

[バーストファイア]

[ウィンドブレット]

デジールとロマンティカの呪文。

⼤爆発により煙が四⽅⼋⽅に広がった。

プラムが耐えている間に少しマナを回復したアゼストは、煙の中に⾶び込んだ。

しばらくすると、煙の間から炎が噴き出す。

彼女は押し戻されていた。

アゼストは全力のケイに⽴ち向かい、かろうじて⾝を守っている。

その攻防の中にプラムが介入した。

誰かがケイのフットワークを縛り、別の誰かがケイを正⾯から引き受けたので、戦いの流れは徐々にデジールパーティに有利になり始める。

ケイは、突然後ろに下がって剣を覆った。

プレッシャーを解き放って休憩をとる余裕がないことをよく知っていたが、彼らは誰もケイを追いかける余裕がない。

 



 

  • ケイの目的

戦闘が自然と落ち着く。

息を呑んだ後、沈黙を破ったのはケイだった。

「あなたたちは他の誰かから要求を受け取りましたか?それ以上を⽀払うので、この時点で撤回してください」

「私たちはお⾦を必要としません。もちろん、他の誰からも要求を受けていません」

ケイは怒り狂って叫んだ。

「それならば何故・・・!?」

「では、なぜホムンクルスが必要なのですか?あなたはこれの危険性を誰よりも理解しているはず」

ケイは少し躊躇った後、深呼吸し、ため息をつき、⼝を開けた。

「ホムンクルスは、魔法の能⼒によって⼈々が差別されるこの世界を変えることができます」

彼の⾔葉の意味を簡単に理解することができた。

「魔法は少数の⼈々にのみ与えられる特権です。どんなに頑張っても、マナに恵まれていない⼈が限界を超えることは不可能」

デジールはそれを誰よりも知っていた。

前世で⽣死の危機を経験している間でさえ、アーティファクト「トーアの⽂」に頼ることによって、第3級としてかろうじて資格を与えられたのだから。

「私は魔法が素晴らしいことを否定しません。魔法が⽂明の発展に⼤きく貢献していることも知っています。魔術師が将来さらに⼤きな役割を果たすことも承知しています」

ケイは穏やかな⼝調で話し始めたが、続けるにつれて次第に激怒した。

「しかし、⼤陸はそのような魔法によって発展しているので、マナに恵まれていない⼈々は追放され続けるでしょう!この魔法の王国がその証拠です。やがて、世界のすべては魔法の才能によって決定されるでしょう。そして、私はそれを起こさせないつもりです」

ケイは、魔法の存在が魔法の王国の現在の状況の背後にある主な原因であると信じているようだ。

「私はこの世界の魔法の存在を消し去ります」

 



 

ケイの目的は、世界から魔法を消し去ることだったのですね・・・。

しかし、彼の目的が達成すれば、現代の世界にも大きく影響するでしょう。

魔法を使用した文明は広く使用されているでしょうから。

帰還者の魔法は特別です【165話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は165話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...