帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【163話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は163をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は133話。 ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は133話。 ...

 




 

163話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【162話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は162話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • ユグドラシルの枝

預⾔者は頭を向けて⾳の⽅向を確認する。

戦場の反対側では、ホムンクルスが完全に圧倒されていた。

⼀⽅的に敗北している姿を見て、これ以上⼒を⾏使するのは役に⽴たないと感じた後、ホムンクルスは⼀気にすべての⼒を使い果たした。

それは明らかに破滅につながる⾏為。

預⾔者は驚きの表情を浮かべる。

「・・・ホムンクルスの力を知っている男がいるのか」

彼の⽬は明らかに戦いをリードしていたデジールに向けられた。

預⾔者はブリューナクの断⽚の約半分を動員し、それらを彼らに向ける。

巨⼤な⼒が向かってくるのを感じて、デジールは急いで撤退するように命じた。

「あなたの相手は私です!」

預⾔者の注意を取り戻し、デジールたちの戦いへの⼲渉を減らすために、ケイは預⾔者の隙を最⼤限に活⽤し、⼤胆な攻撃を行う。

「ちっ・・・。一瞬も目を逸らすことが出来ない」

預⾔者は⾃分の⼒を他の場所で使う余裕がないと判断した。

すべての⼒を防御に回した後、ケイでさえ預⾔者の盾を簡単に突破することが出来なかった。

この機会を利⽤して、預⾔者は別のアイテムを明らかにする。

それは⽊のように⾒えるもので作られた巨⼤な⼸。

[ユグドラシルの枝]

預⾔者の声に応じて、マナが⼸の前に集まり始め、⽮を形成した。

ケイの最善の努⼒にもかかわらず、ユグドラシルの枝はその⼒を蓄積する。

巨大なマナが⼸に集中しているのを感じて、デジールは青褪めた表情で叫んだ。

「防御魔法を!すぐに!」

[キザードのため息]

アゼストは、彼⼥が知っている最⾼の防御呪⽂を発動した。

デジールとロマンティカは、彼ら⾃⾝の防御魔法を展開するために可能な限り多くのマナを集めた。

3重の障壁。

ユグドラシルの矢が解放される。

それは途⽅もない⼒だった。

3重の障壁は、その⼒に⼀瞬も耐えることなく粉砕された。

しかし、彼らはその軌道をわずかに変えることができ、致命傷を免れる。

しかし、ケイの部下は無事ではなかった。

残念ながら、兵⼠たちは銀⾊の⽮に流され、痕跡を残さずに姿を消す。

ケイの顔が⼀⽬で歪んでいるのが分かる。

激しい怒りが彼を⾷い尽くした。

彼は唇を⾷いしばって預⾔者に接近する。

四⽅⼋⽅から数⼗本のオーラの花が咲き乱れた。

何も抑えていないかのように、自身のオーラを最⼤限に発揮する。

ホムンクルスの安全に対する⼼配から解放された預⾔者は、ケイに完全に注意を向けた。

ブリューナクの一部が空に向かって放出され、崩れた天井から⽉明かりが降り注ぐ。

⽉明かりに照らされたブリューナクが、眩いばかりの光を発した。

これが預言者の隠していた切り札。

破⽚から光が差し込むだけなのに、⼒に耐えられないかのように地⾯や壁が押しつぶされる。

建物の屋根も崩壊した。

しかし、ケイはそれらすべてを気にせず、預⾔者に接近する。

彼が着ていた鎧はゆがみ始め、ケイの体には無数の⾎の線が引かれた。

その後すぐに、彼の左腕は破裂したが、ケイは後退しない。

「あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!」

ブリューナクから降り注ぐ光と同じくらい薄暗い光を放つケイの魅惑的な刃は、預⾔者の体を斜めに交差する。

剣⼠として頂点に達した男の極限の剣術は、神話時代の最も貴重な宝物を突き刺した。

ケイの能⼒は、預⾔者が期待したものをはるかに上回っていたのだ。

「・・・!」

ユグドラシルの枝は、その光を失い、機能を停⽌する。

「・・・浅すぎたか」

ケイが眉をひそめる。

預⾔者は⼝から流れる⾎を拭きながら叫び声を上げた。

「ふざけるな!」

その後、数多くの武器が現れる。

それらはすべて貴重なアーティファクト。

彼⼀⼈がどうしてこんなに多くのアーティファクトを所有できるのだろうか?

しかし、賞賛する時間はない。

数⼗のアーティファクトが同時に動き始める。

それらの総合⼒は、魔法兵士が実⾏できる爆撃を超えていた。

ケイが彼らの前に⽴っていなかったら、デジールたちは死んでいただろう。

現在の最優先事項は、彼らの前にいる預⾔者に対処すること。

デジールは、彼が⽣み出すことができる最⾼のパワーを持つ呪⽂を使うことを決意する。

複雑な呪⽂の配列を織り交ぜる。

【炎の嵐】

激しい炎の嵐がドームだけでなく、その前のすべてを燃やし尽くした。

ケイから傷を受けていた預言者は、その攻撃を避けることが出来ず、正面から直撃した。

炎が⽌まったときに現れたのは、半壊したアーティファクトの残骸。

目の前の光景から判断すると、彼は防御的なアーティファクトで反撃したようだ。

預言者の体がボロボロだったが、彼はまだ息をしている。

「スンジュの⼈々の⾔葉をどうやって知った・・・?」

 



 

  • 預言者の正体

スンジュの⼈々。

それはドラゴニック部族が自分たちを説明するときにしようする言葉。

預⾔者が多くのアーティファクトを所有し、ドラコニック⾔語についてさえ知っていたので、彼の正体についての疑いはより深まった。

「あなたが呪⽂を強化できるとは思っていませんでした。完全には機能していませんでしたが・・・、これで終わりでしょう」

預⾔者の体は、陶器が割れるように崩れる。

彼はケイとデジールに話しかけた。

「おめでとう。あなた方は今までにないほど素晴らしい偉業を成し遂げました」

預⾔者が⾝につけていた頭蓋⾻のマスクにひびが⼊る。

「私の⾮常に⻑い歴史の中で、ここまで私を駆り⽴てた⼈は⼀度もいませんでした」

マスクが外れる。

「ドワーフは貪欲に⽬がくらみ、エルフは遠い予⾔への信仰のために永遠の眠りに。そして、⼥神の信者たちは彼らの国全体を犠牲として捧げた。しかし、私は・・・、魔法の王国で最も扱いの悪い存在によって破壊されたようなものです」

預⾔者は⾮常に卑劣な顔をしていて、⼥性であるか男性であるかを区別することが出来ない。

(あの顔はどこかで見たことがある・・・)

デジールは預言者の顔を思い出した。

「・・・あなたの顔を⾒たのを覚えています。アルテミスの聖なる王国の最後の教皇、イズマエル」

「ええ、私はかつてその名前で呼ばれていました」

デジールは混乱した。

聖地が崩壊したのは数百年前のこと。

その時代の⼈物が、この時代にまだ存在することは不可能なはず。

(恐らく、彼のアーティファクトの中に、それを可能にする能⼒があるのだろう)

アーティファクトはすべての常識を超えた⼒を持っている。

そのような能⼒を持ったアーティファクトがあったとしても、大きな驚きはなかった。

落ち着きを取り戻した後、預言者に話しかける。

「質問があります」

「好きなだけ尋ねてください。時間の許す限りお答えします」

彼の体は崩れていた。

明らかに残り時間は少ないでしょう。

「ホムンクルスを作る⽬的は何ですか?」

「⽬的は・・・、単に約束を果たすことです。約束を果たすために・・・、私はそれが必要でした・・・」

「それは⼀体何ですか?」

「偉⼤な・・・、⼥神・・・、すべての・・・」

話し終える前に、預言者の体が粉塵に崩壊する。

 



 

  • 最後のクエスト

数え切れないほどの疑問を残して、彼は死んだ。

デジールは倦怠感の波に圧倒されるが、影の世界はまだ閉じられていない。

「これで終わりだ」

崩壊したホムンクルスを排除し、クエストをクリアする必要があった

ホムンクルスに向かう。

突然、誰かがデジールを⽌めた。

ソードマスター、ケイ・ハジュマリュン。

彼は預⾔者との戦いで左腕を失い、⼀⾒とても疲れているように⾒えた。

それにもかかわらず、彼は剣をデジールに向けている。

[あなたは最後のクエストに⼊りました]

[ソードマスター、ケイ・ハジュマリュンが⾸謀者を殺しました。ケイ・ハジュマリュンは、彼の本当の⽬標のためにホムンクルスを必要としています。彼はこの⽬標を達成するために何でもするでしょう。ケイ・ハジュマリュンが真の⾸謀者として明らかにされました]

[彼を殺し、ホムンクルスを破壊する。これは、世界に残されたホムンクルスの製造への唯⼀の残りの⼿がかりです]

 



 

アウターの目的は最後まで謎のままでしたね。

そして、最後のクエスト。

予感はしていましたが、ここでケイと戦うことになるとは・・・。

彼も満身創痍ですが、デジールたちもそれは同じです。

ケイの目的は?

帰還者の魔法は特別です【164話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は164話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は133話。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は71話。 続きを読みた...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...