帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【162話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は162をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は133話。 ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は133話。 ...

 




 

162話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【161話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は161話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • ホムンクルスの出現

ケイは、状況の変化を受け⼊れるために⼀歩下り、剣を握りしめる。

ホムンクルスは彼をじっと見つめて、ケイがこの場所で最も危険人物であることを本能的に感じたようです。

「あの怪物はかなり危険な存在ですね?」

ケイの質問にデジールが答えた。

「あれは錬⾦術で作られたモンスターです。デザートフラワーシティで邪悪な錬⾦術師と戦ったとき、私はホムンクルスと交戦しました。しかし、⽬の前にあるものは・・・、私が戦ったものよりもさらに強⼒に⾒えます」

預⾔者の隣に⽴っていたホムンクルスは、ピュアウスによって製造された不完全なホムンクルスとは異なり、人間に近い存在に見える。

顔は明確な特徴を持っているが、皮膚と骨格は人間とそれほど違いはなかった。

「さらに重要なのは、奴から感じるマナが第2級にあるということです」

ピュアウスのホムンクルスは第1級のマナ相当だった。

それを考えると、目の前のホムンクルスはその何倍も強いことは明白。

「私は奴を倒す方法を知っています」

「本当ですか?」

「はい。だから、私が奴と戦っている間、あなたには預言者を引きつけて欲しいです」

デジールは、ケイがまだ隠された切り札を持っていると推測し、預言者の扱いを彼に任せることにした。

 



 

  • ホムンクルス対策

ケイはデジールの提案にうなずく。

「じゃあ、私が預言者と戦います」

彼は軽くお辞儀をした後、預言者に接近した。

預⾔者を取り巻くブリューナクから雷鳴が鳴り響く。

「うーん、なるほど。あなたは私の⼿で死ぬことを決めたのですね?」

「どちらが死ぬかは、いずれ明らかになるでしょう」

ケイの剣は見えない障壁によってブロックされるが、アーティファクトである可能性が⾼い預⾔者のブローチは、ケイの⼒に耐えきれず、崩壊して粉々になった。

ケイの剣と預言者の槍。

多数の衝突が続く。

ホムンクルスは主⼈を守るためにケイに攻撃を仕掛けようとした。

彼がどんなに強くても、預⾔者とホムンクルスの両⽅に同時に対峙するのはあまりにも厳しい。

デジールは急いで行動を起こした。

「あなた方に指示を与えても?」

ケイの部下にそう尋ねます。

「司令官はあなたを信じているので、私たちはあなたを信頼し、あなたの命令に従います」

「ロマンティカ」

ロマンティカはライフルを構えて、まるでデジールの合図を待っていたかのように、ホムンクルスにいくつかの狙撃呪⽂を発射する。

しかし、彼女の魔法はホムンクルスの皮膚を貫通できなかった。

自分の全力が効かないことに、ロマンティカは驚きの表情を浮かべる。

しかし、彼女の攻撃のおかげで、ホムンクルスの攻撃対象はケイからデジールたちに変更されたようです。

ダメージはなかったが、彼女の攻撃は敵意を引き出すのに⼗分でだった。

その間、デジールはホムンクルスについて持っていた情報をケイの部下と彼のパーティに共有する。

「焦って攻撃するべきではありません。私が以前に戦ったホムンクルスには、すべての傷を巻き戻す⼒がありました。その回復機能は再⽣とはまったく異なるため、1回の攻撃で全⾝を破壊したとしても、体を破壊するだけでは意味がありません」

「それは、奴を殺すことができないという意味ですか!?」

「私もそう思っていました」

最初にホムンクルスと交戦したとき、デジールもケイの部下と同様の考えを抱いていた。

敵は無敵だと。

「でも、私の指⽰に従えば、勝つことができます。その間、焦って攻撃しないようにしてください」

ホムンクルスの行動速度は、今やビショップクラスのレベルを超えていた。

近づいてくる敵を⾒ながら、デジールは最初の命令を出す。

「ブロックして、プラム」

プラムはルーククラスの剣⼠。

彼の⽬はホムンクルスの動きを難なく捉えた。

プラムの剣が、ホムンクルスの肩を突き刺す。

「追随して、アゼスト」

【魔剣:氷の波】

冷ややかな剣がホムンクルスの体に深く⾷い込むと、次第に凍り始めた。

「今!」

デジールはケイの部下に合図した。

彼らは機会を逃さなかった。

片足が切断された瞬間、ホムンクルスは因果関係の力を呼び起こす。

しかし、それはデジールの計画内。

因果関係の力は、マナの残量に基づいていることに彼は気づいていた。

修復と破壊のサイクルが数回続く。

「休まずに攻撃を!」

ホムンクルスのもう⼀つの恐ろしい能力は、彼らの学習能力。

敵が完全に適応する前に、デジールたちはホムンクルスを破壊しなければならなかった。

それをはっきりと認識しており、できるだけ早く物事を解決しようと必死に努⼒する。

ホムンクルスは、攻撃に対処したり防御したりするたびに、蓄積されたマナを使⽤している。

「重要なのはどれだけのダメージを与えるかではなく、因果関係をしようするするためにどれだけのダメージを与えるかです」

戦闘が続くにつれて、彼らが与える必要のあるダメージ量を正確に把握することができた。

デジールの戦略は成功だった。

彼はホムンクルスのマナが徐々に減少しているのを感じることが出来たのだから。

 



 

  • ケイvs預言者

神話時代に属するアーティファクト。

それは、それぞれが⾃分の意志を持っているかのように、すべての⽅向に⾃由に動く武器。

それらは⼤きな光の軍隊を⾒ているように感じるでしょう。

ブリューナク。

それぞれの槍の刃は、⾮常に鋭いエネルギーを放出していた。

ソードマスター、ケイ・ハジュマリュン。

この時代の最も強⼒な剣⼠。

ケイの剣は伝説の武器であり、「太刀」とも呼ばれる。

通常であれば、彼の武器はブリューナクの力に耐えることは出来ないでしょう。

しかし、彼の剣はブリューナクと正⾯から向き合った後でも問題なかった。

刃は明るく輝き、周りの空気を歪める。

ケイの強いオーラのおかげで、⼑⾝は無傷

彼の動きは優雅でありながら鋭い。

剣先が動くと、無数の⽕花が残光のように至る箇所に散らばっていた。

光の槍はそれ⾃体を数⼗の破⽚に分割するが、それらの半分以上は、ケイが使⽤した剣から⾝を守るために使⽤する必要があった。

残りの槍は少しずつケイを押していく。

乗り越えられないほどの数のビームがケイに降り注いだとき、彼はしっかりとした⼀歩を踏み出し、オーラを彼⾃⾝の周りに広げた。

それらの形は満開の花に似ている。

光の槍が花の形をしたオーラにぶつかると、建物全体が再び振動した。

彼らの戦いは、⼈間の常識を超えた超越的な戦い。

「あなたの剣術は頂点に達していますね」

預⾔者は、ケイの剣術への称賛を表明している間も、動きを止めなかった。

「しかし、なぜあなたはまだ剣を振るうのですか?王は死に、あなたの兵⼠は皆反逆者として絞⾸刑にされます。あなたがこの反乱に成功したとしても、誰もあなたを許しません」

「・・・」

「恐らく、あなたには私が知らない⽬的があるのかもしれませんね」

二人の戦いはごかくに見えた。

どちらも、彼らの本当のスキルをあえて明らかにすることなく、切り札を隠しながら戦ったので、優位に立てなかったのです。

戦いの状況を変えたのはホムンクルス。

「クラァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァ!」

大きな叫び声。

全員が何かを感じる。

どういうわけか、少し時間が遅くなったような気がしたと。

 



 

アウターが強すぎる!

それに拮抗するケイも強いのですが・・・。

ジョードと同等の力を持っているのでしょうか?

帰還者の魔法は特別です【163話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は163話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は133話。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は71話。 続きを読みた...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...