帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【161話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は161をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

161話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【160話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は160話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 分隊

ペネンは隊列の⼀部であった兵⼠を分割し、その⼀部をグランドマスターの兵士に割り当てる。

フォーメーションを確認していたケイは、⼀瞬⽴ち⽌まってデジールを⾒た。

「あなた方はどうするおつもりですか?」

「私たちはあなたについていきます」

デジールたちがこの場所に留まり、敵の攻撃を食い止めた場合、ケイの兵士たちは全滅を免れるでしょう。

しかし、それは危険な賭け。

彼は躊躇うことなく、ケイの後についていくことを決心した。

(ここで優先順位を間違えてはいけない)

最も重要なことは、パーティの安全とクエストのクリア。

クエストをクリアするために、ケイと⼀緒にいて預⾔者を排除する⽅が良い選択だった。

ここで他の兵⼠が犠牲になったとしても、彼らは仮想人物。

彼らの幸福を懸念して、不利な⽴場に⽴つ理由はない。

ケイの率いるメンバー全員が集まったとき、ペネンは叫んだ。

「10秒で⼀時的に道を開きます!」

彼は命令を出し、兵⼠たちは動き始める。

デジールたちは、最前線の後ろで準備した。

「今!」

ケイは兵⼠のグループに彼の最後の命令を叫ぶ。

彼らは盾を使って近くのキメラを横に押し出し、執拗な攻撃に瞬間的な隙間を生み出した。

それによって、彼らの道は広がる。

彼らは走った。

⼗分に離れると、残りのキメラは彼らの追跡をあきらめ、ペネンたちの方に戻る。

 



 

  • 預言者への道

知識の殿堂は城の中⼼として機能し、内壁の各施設に繋がっていた。

ケイは左側の3番⽬の通路に向かって動き、パーティがそれに続く。

彼らにとって幸運なことに、ケイは預⾔者がどこにいるのか⾃信を持っているようだ。

曲がりくねった廊下を進む。

「この通路の端は他の場所に繋がっているのですか?」

「いいえ。預⾔者が城から脱出したい場合、彼はこの通路を通過する必要があります」

預言者は罠にかかったネズミと同じような状況下にある。

デジールは、彼らが現在、預⾔者の研究所に向かっていると推測した。

そこでは、彼のすべてのホムンクルスの研究資料とメモが集められているはず。

理由はわからないが、預⾔者は間違いなく焦っているでしょう。

それは事実だったので、彼が研究と撤退を諦めることは不可能。

そのため、彼は自分の研究室にいなければいけない。

廊下の終わりに近づくと、庭のように⾒えるエリアに出くわした。

雰囲気は暗く、花は⼀輪も咲いていない。

それはまるで、すべての⽣命⼒が吸い取られたかのように。

「ここのマナは・・・。とても嫌な匂いがするわ、デジール」

ロマンティカがそう呟く。

アゼストとデジールも同様に感じていた。

ロマンティカが説明したように、それは下⽔道のような悪臭を放っている。

庭に⾜を踏み⼊れると、下品なマナが厚くなり、その地域を覆った。

「以前にもこの種のマナを感じたことがある。カラスの仮面は私たちの戦いでそれを使⽤した」

⼤陸では珍しい第6級魔術師であり、アウターのリーダーの⼀⼈。

「それはあり得ない。カラスの仮面がここにいたら、現在では生きていないはず」

アゼストが指摘した通りだ。

彼らが現在参加している影の世界は、100年以上前の場所。

現時点で存在する男がこの場所にいることは不可能だった。

「確かに。しかしそれ以外に、この場のマナにアクセスできる集団がいるかもしれない・・・」

「アウター・・・」

「その通り」

そう答えるデジールだが、彼は自分のこの言葉に疑いを持つ。

(しかし、何らかの⽅法でアウターと繋がっているはず)

質問がいくつあっても、預⾔者に会うまで答えは得られません。

彼らは前進し続けた。

休む時間はありません。

休むということは、彼らのためにキメラに対して現在持ちこたえている兵⼠たちが買った時間の無駄なのだから。

 



 

  • vs 預言者

ようやく庭の中⼼に着いたとき、彼らは⼩さなドームに出くわした。

そこから、マナの爆発が広がり、密度が強すぎて呼吸困難に。

ケイの身振りで、部下たちは急いで陣形を組み直した。

次の⾏動を考えている間に、ドームから何かが現れ始める。

男の髪は真っ⽩で、顔はあちこちに縫い⽬だらけ。

⽬の下はたるんでいて、⽣命のない形は死体を彷彿とさせた。

それでも彼は弱く⾒えなかった。

「あなたが預言者か」

「あなたはグランドマスターですね。ここまで来るとは思いもしなかったです。これは、私が偉⼤な人物の⼦孫に出会ったときと同じくらい不快だ」

ケイは剣を持ち上げた。

「あなたがこの国に来た後、すべてが崩れ始めた」

「そして、私は驚くべきことを成し遂げたのです」

「あなたがどんな卑劣な⽣き物を作ったかには興味がありません。私が知っていることは、あなたのせいで多くの⼈々が苦しんでいるということ」

「くだらない。目の前のものしか見えていないのですね」

「私にとっては、それが全てです」

それ以上の言葉は必要ない。

この種の対⽴は、両者が互いに並⾏して話し合うことになるだけだから。

「それで、何をするつもりですか?あなたはこの時代で最も優れた剣術を持っている⼈ですが、それでもあなたは魔法の王国の単なる兵⼠。⽪⾁なことに、魔法がすべての判断の唯⼀の基準である王国で」

ケイは預言者の嘲りを無視し、剣にオーラを注ぎ始める。

「あなたはこの国を操作する罪と、陛下を暗殺する罪の下で処刑されるでしょう」

「出来るとでも?」

預言者は微笑みながら話した。

「調子に乗らないでください。あなたがグランドマスターであっても、あなたはただの⼈間」

預⾔者は席を降りた。

同時に、胸から頭蓋⾻の形をしたマスクを取り出す。

ケイは⼀瞬で剣を抜いた。

誰も彼の剣が作った軌道を辿れない。

しかし、剣は預⾔者と接触しなかった。

まるでケイの刃を塞いでいる⽬に⾒えない障壁があるかのようだ。

預⾔者の服からぶら下がっているブローチは、ケイの剣に反応してひびが⼊る。

デジールはそれがアーティファクトであることに気づいた。

預⾔者は⼿を空中に差し出し、その中で何かが形になり始める。

⼀瞬のうちに、預⾔者は薄い空気から槍を⽣み出した。

それは普通の槍ではない。

【ブリューナク】

その瞬間、突然、明るく眩いばかりの光が降り注いだ。

槍は数⼗枚の薄い刃に砕け散り、預⾔者の周りを⼀周し始める。

デジールは完全に不意を突かれた。

いくつかの影の世界をクリアし、シャドウラビリンス内に⻑い間住んでいたにもかかわらず、彼はこのようなアーティファクトについて聞いたことがなかった。

預言者はこれほど強⼒なアーティファクトを持っていただけでなく、ケイの攻撃をブロックするために使⽤したアーティファクトも持っている。

デジールは彼がより多くのアーティファクトを持っているかもしれないと判断し、この事実に対して予防策を取り始めた。

ケイはオーラの強度を上げ、デジールたちに向かって話す。

「部下と私が彼を正⾯から攻撃します。⼀緒になって彼を取り囲み、横から攻撃してください」

「そんな単純な攻撃で、私を倒せるとでも?」

槍の破⽚の1つが、ホムンクルスが⼊っていたガラス管を突き刺した。

「私はあなたに選択肢を与えます」

ガラス管の中にあったホムンクルスは床に落ち、すぐに起き上がった。

「錬⾦術が求める永遠の真実、又は、⼈類の無数の英雄を殺害した神話上の武器。これら2つのうちの1つを選択してください。何を選んだとしても、それはあなたにとって名誉ある死となるでしょう」

 



 

預言者の正体は、アウターのメンバーの一人だったのですね。

まさか、影の世界でアウターと戦うことになるとは・・・。

ここからの戦闘は死闘となり得るでしょう!

帰還者の魔法は特別です【162話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は162話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...