帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【160話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は160をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は133話。 ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は133話。 ...

 




 

160話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【159話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は159話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 王の寝室へ

毎年⽣まれる魔術師の数は常に少ない。

数は少ないが、⼈の⼒だけでは不可能な結果を生み出す力が存在する。

彼らが貴重な存在となり、国にとって貴重な軍事⼒と⾒なされたのは当然のことだった。

志を同じくする魔術師の集まりは、魔法の技術と呪⽂の研究の⾯で⼤きな進歩を遂げる。

その結果、魔法王国が彼らの魔術師に⼤きな誇りを抱くのにそれほど時間はかからなかった。

時が経つにつれ、それは魔法があらゆる⽂明国の全てだという国⺠の信頼をもたらした。

この⾃信は必然的に、魔法の王国に根付く。

「前進」

しかし、今⽇、その⾃信は打ち砕かれた。

ケイが橋の上の兵⼠と魔術師の部隊に勝ってからしばらく経過した。

彼が率いた部隊は、遭遇した敵を素早く鎮圧しながら前進を続ける。

⾮常に多くの⼈に軽蔑されていた剣と槍は、魔法の王国の中⼼に向かって衰えることなく⾏進した。

(レッドローズが破壊された瞬間、内壁の防御の重要性は失われた)

彼らはついに王の寝室に到着する。

「私は陛下の忠実な僕、ケイです。私が陛下の寝室に⼊ることを許可してくれませんか?」

しばらく待っても反応が来ない。

彼らは時間を無駄にする余裕がなかったので、ケイは許可を得ないままドアを開けた。

「・・・」

王は床に倒れ、叫んでいるかのように⼝を⼤きく開けた姿で迎えていた。

彼の体は真っ⾚な⾎で染まっていた。

王の死。

ケイはデジールに目を向ける。

「これは私たちを混乱させ、欺くための幻想呪⽂ですか?」

首を横に振る。

「現在、この部屋で発動している呪⽂はありません」

「それなら、これは本物だと?」

「・・・その通りです」

デジールは冷静に答えるが、完璧に動揺を隠すことは出来なかった。

(王が死んだなんて、誰が信じられるだろうか?)

王の表情は苦しみに満ちていた。

この恐ろしい光景にもかかわらず、ケイは⾎の痕跡を辿った。

腹部の傷の形はひし形のように見える。

「これは・・・」

その形はケイの剣筋と一致していた。

「・・・」

脳をフル回転させる。

この傷跡を見れば、ケイたちは、宮殿に侵入し王を殺した反乱軍として認識されるでしょう。

そして今、王の⾎を⼿にした彼らは、ローズ旅団と魔法王国の軍事⼒全体の両⽅に直⾯しなければならないでしょう。

ケイは王様を持ち上げ、ベッドに寝かせる。

彼は動揺しているようには⾒えず、怒りや悲しみを表さなかった。

ケイは落ち着いた表情でデジールに話しかける。

「預⾔者を探しに⾏きましょう。彼を⾒つけたら、王を暗殺した者として彼を起訴することができます」

デジールはケイの反応に困惑する。

通常、⼈々は大切な人の喪失を悲しむが、ケイは落ち着いて見えた。

それが彼なりの対処法なのだろうか?

 



 

  • 知識の殿堂

彼らは急いで王の部屋を去り、真の敵である預⾔者がいるであろう場所に向かう。

⽬的地である「知識の殿堂」にたどり着くのは難しくなかった。

巨大なホール。

それは魔法王国の象徴とさえ見なす事が出来るほど巨大だった。

「Graaaarghh!」

恐ろしい叫びが響き渡る。

彼らが推測していた多数の兵士たちは、⾁の塊として床に散らばっていた。

エリート兵士たちによって迎えられる代わりに、彼らは何百ものモンスターによって迎えられる。

彼らは⼈間を虐殺し、⼼ゆくまで⾷べていた。

この光景は非常に恐ろしいものだった。

そして、モンスター⾃⾝も恐ろしかった。

「キメラ・・・」

キメラは、⾃⼰意識を⽋いた野蛮な獣。

これらの⽣き物を作ることは危険だったが、彼らは⾮常に強⼒な存在。

⾃然法則を無視するリスクには、対応する⾒返りがある。

様々なモンスターの強みを抽出して組み⽴てられたため、当然のことながら彼らは強⼒だ。

あらゆる逆境に⽴ち向かったケイの部隊でさえ、⽬の前の怪物を⾒て、ほとんどのメンバーが顔を歪める。

すでに悪い状況をさらに悪化させたのは、彼らの目の前にあるキメラの数が、ピュアウスの研究室で遭遇した数よりも遥かに多かったという事。

(これほどの数が城内に存在するなんて!?)

これは、この城を占領している、預⾔者と呼ばれる男の⼒を⽰していた。

「預言者はもうキメラを隠すつもりがないのでしょう」

それは、彼には他の選択肢がなかったことを意味する。

つまり、彼らがこの場所を突破した場合、彼らは敵との差を⾮常に迅速に埋めることができるでしょう。

「Kreeuuk?」

一体のキメラは何かを感知し、こちらを振り返る。

その後、他のキメラが次々と振り返り、ケイの部隊を睨みつけた。

キメラの1匹が齧っていた⾻が床に落ち、ホールの周りに響き渡る。

これが合図となり、その後、すべてのキメラが彼らに向かってきた。

「Kraaaarrghh!」

ケイはパニックに陥った兵⼠たちを落ち着かせ、すぐに彼らに指示を出した。

「下がるな!」

キメラの叫び声が⼤きくなるにつれて、兵⼠たちの緊張も⾼まる。

キメラの⻭が⾁を掘り、皮膚を引き裂く。

⾎が噴出する⾳。

肉を切り裂く音。

これらは⽣と死の戦いの⾳だった。

デジールとロマンティカは、彼らに近づくキメラの数を減らすために加わる。

ここのキメラは、ピュアウスが作成したキメラほど洗練されていないが、⾮常に強⼒なモンスターには違いないでしょう。

これを⾒ると、国家予算のかなりの部分がキメラに投資されていたことが分かる。

ケイの優れた戦闘感覚と効果的な戦略のおかげで、兵士たちはこれらの強⼒なキメラに耐えることができた。

しかし、状況はすぐに変化する。

戦いが進むにつれ、キメラの不⾃然なスタミナがケイの部隊の能⼒を⼤幅に上回っていることが明らかになった。

ゆっくりと・・・。

しかし確実に、ケイたちはアドバンテージを失い、戦いの流れは変わった。

引きずり出された兵⼠たちは、残りの兵⼠たちの前で⽣きたまま⾷べられる。

この悲惨な状況に終わりは見えなかった。

[バーストファイア]

数⼗の⽕の⽟がデジールの前で実体化し、流星のように前⽅に発射する。

彼によって救われた兵⼠は少しうなずいてデジールに感謝し、再び戦いに加わった。

しかし、デジールの表情は良くない。

(これは私が予想していたよりも遥かに厳しい・・・。難易度が数倍になった」

預⾔者と呼ばれる男がこの規模のキメラの軍団を管理しているとは誰も予想できなかった。

この世代の最強の剣⼠であるケイ・ハジュマリュンに加わり、彼が提案した計画を聞いたとき、デジールはこのクエストをクリアすることは簡単だと確信していた。

しかし、⽬の前で繰り広げられる状況に直⾯したとき、正直なところ、このクエストが当初の予想ほど簡単にクリアできることに⾃信がなくなる。

(このレベルの難易度は、レベル3の影の世界の最⾼レベルに匹敵している)

これは、ケイがクエストの助っ人という事実を考慮した後でさえだった。

ケイがいなかったら、この影の世界の難易度は簡単にレベル2になっていたでしょう。

さらに、時間の経過とともに状況は急速に悪化している。

「・・・ここに向かっているマナの気配を感じます。おそらく、ブルーローズでしょう」

 



 

  • 苦痛の決断

ケイの部隊はキメラに直⾯して疲れ果てていた。

彼らが勝利する可能性はごく僅か。

彼らはすぐに戦略を考え出さなければなりません。

デジールは最前線から離れて、ケイ司令官がいた最前線に向かって移動する。

プラムとアゼストも近くで戦っていた。

「ブルーローズは約10分でここに到着します」

デジールの⾔葉を聞いた後、ケイは厳しい顔をした。

彼の豊富な経験から、彼らはブルーローズが到着すると勝つチャンスがないことを知っていた。

横から聞いていたペネンは、ケイと考えを共有する。

「司令官、あなたの指揮権を私に譲渡することを検討してください」

その意味を理解し、ケイが顔を青くする。

「・・・何を言っている?」

「何も達成せずに全滅するよりはましだと思います。私の切実な願いを叶えていただければ幸いです」

「え?」

デジールは違和感に気づく。

ケイが王の死に直⾯したとき、彼は落ち着いていた。

それなのに、彼は初めて感情を明らかにした。

「今、私はすべての指揮権をあなたに譲渡します、ペネン少尉」

「ありがとうございます。最善を尽くします」

オーラの⼀撃で最も近い3つのキメラを⽚付けた後、ケイは最前線から後退する。

「・・・私はあなた⽅全員を忘れません」

「この戦争でのあなたの成功を祈ります」

 



 

王の死は何となく予想はしていました。

しかし、ケイの反応には違和感がありますね・・・。

まぁ、これまでの王の仕打ちを考えれば当然といえば当然なのかもしれませんが。

帰還者の魔法は特別です【161話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は161話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は133話。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は71話。 続きを読みた...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...