帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【159話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は159をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は133話。 ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は133話。 ...

 




 

159話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【158話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は158話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 努力する天才

「そ、そんな・・・」

ダレンは後退した。

「全員、橋の⽀柱を攻撃することに集中しろ!」

ダレンは戦いの流れが⾃分のコントロールを離れるのを感じたので、⽬の前の敵ではなく、橋⾃体に呪⽂を向け始めた。

(彼は橋を壊そうと考えている)

デジールはダレンの⼼を読んだが、あえて⾏動を起こさなかった。

逆算したとしても時間稼ぎにしかならない。

ケイは兵士を守ることに集中しなくてはいけなくなる。

それらを瞬時に判断して、デジールは唯一の選択肢を選んだ。

「アゼスト!」

名前を呼ばれただけだったが、アゼストは何をしなければいけないか理解する。

彼⼥は最前線から後退し、兵⼠の後ろに隠れてから剣を地⾯に突き刺した。

彼⼥の前で様々な呪⽂の配列が展開し始める。

しかし、ダレンの呪⽂がほんの⼀歩早く完了した。

【死は川にとどまる】

それは第5級呪⽂。

橋の周りに突然⼤量の⽔が現れた。

⾃然災害級の呪⽂。

ダレンの呪⽂が⼤混乱を引き起こし続けると、その⼒が橋を⽀える9本の柱に向けられた。

橋を⽀える柱の1つが⼀瞬で破壊される。

しかし、そこで終わりではなかった。

呪文の弾道が突然捻れて、2番⽬の柱に向かう。

橋を⽀える巨⼤な柱は、その⼒に耐えることができず、即座に崩れ落ちた。

その後、3番⽬の柱もほんの⼀瞬で破壊される。

幸いなことに、ダレンが引き起こした急流は、3番⽬の柱を破壊した後に消えた。

しかし、柱の3分の1を失ったため、橋はすでに崩壊の危機に瀕している。

橋がまだ崩壊していないのは奇跡にも思えた。

【ウィンタークリスタル】

ついにアゼストの呪⽂が発動する。

極度の寒さが広い地域を襲う。

この巨⼤な寒冷前線は、橋の下部を通って暴れ回っていた。

損傷した柱は、すぐに巨⼤な氷の柱に結晶化した。

アゼストは生まれてすぐに、マナに愛されていた。

彼⼥が持っていたマナの量は第4級だったが、彼⼥は第5級に近づいている。

そして、アゼストは努力を怠らなかった。

彼⼥はデジールの前世で、多くの悲劇と壮⼤な戦いに耐えていた。

最後の瞬間まで⽣き残ったアゼストは、最も強⼒な魔法剣士のグランド マスターだった。

しかし、彼⼥の才能の⼤きさを考慮しても、これだけのマナの消費量は少なくはない。

彼女は目に見えて青ざめていた。

短時間で⼤量のマナを費やしたため、回復に時間をかけている間は戦闘に参加できないだろう。

ダレン⼤佐は無意識のうちに⼀歩後退した。

 



 

  • 敗北

ケイが率いた部隊は、ほぼ橋を突破した。

レッドローズは徐々に押し戻され、退却するスペースが失われていた。

「分隊3、呪⽂を剣のグランドマスターに向けてください!」

ダレンは命令を叫んだ後、⾃分の呪⽂を準備し始めた。

彼の最善策は、すべてを壮⼤な第5級呪⽂で終わらせること。

しかし、ダレンが⾒落としていた点が1つだけ。

レッドローズがすでにケイの攻撃範囲に⼊っていたという事。

ケイは、レッドローズが後退していた空間に遠距離攻撃を解き放つ。

ズドォオン!

埃の雲が渦巻くにつれて、岩⽚が四⽅⼋⽅に飛び散る。

しばらくして、埃が落ち着いたとき、両⾜で⽴ったままの⼈は誰もいなかった。

床は爆撃されたかのように沈み、魔術師は跡形もなく姿を消した。

たった1回の攻撃で、数⼗⼈の⾮常に貴重な第4級魔術師が死んだ。

「グァああああああああああああああ!!」

ダレンは両腕を失い、地面に横たわっていた。

「どうしてこんな事が・・・」

ダレンは⾃分の置かれている状況を理解できなかったようだ。

彼が呆然としている間に、ケイの兵士は着実なペースで橋を突破し続けた。

「突撃!」

「わぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!」

突破するのを妨げている唯⼀のものは、レッドローズの剣⼠訓練⽣。

ケイ・ハジュマリュンが率いる兵⼠たちは全員、剣術の最低レベルを達成している。

彼らは、レッドローズの残党を虐殺した。

まるで、これまでに苦しんできた全ての魔法に怒りをぶつけたかのように。

戦いは一方的だった。

レッドローズは、戦場スキルと戦闘経験の両⽅で有名。

しかし、彼らが対処できなかったのは、近接戦闘での剣のグランドマスター部隊からの執拗な攻撃。

「ああ・・・」

さらに不運なことに、ダレンは腕を失ったため、精神も失い、指揮官としての役割を続けることが出来ずにいた。

彼の副官は彼を支え、彼らはケイから可能な限り距離を置くために逃げようとしていた。

戦いの流れは明らかにケイたちに傾いている。

「ダレン⼤佐への道を切り開いてください!」

ケイは明らかに戦場で際⽴っている。

彼は⾃分のオーラを呼び出す必要さえなかった。

彼の剣が振られるときはいつでも、複数の⼈が必ず命を失うでしょう。

彼が⼀⼈の軍隊であったと⾔っても過⾔ではない。

「⼤佐の近くに誰も⼊れないでください!」

レッドローズは激しく抵抗したが、役に⽴たなかった。

ケイは、彼の進路を妨害したすべての⼈々を倒しながら、ダレンに近づく。

瞬く間に距離が縮まり、最終的にはダレンを⽀える副官の頭も落ちた。

ケイに抵抗できる⼈はもう残っていない。

「これですべてが終わりました」

ケイは地⾯に横たわったダレンに剣を向けた。

「ま・・・、待ってくれ!私はこのように死ぬことができる⼈物ではありません。情報を!私はあなたに情報を与えることができます!預⾔者の事だ。彼についての情報を与えることができます!」

「あなたは多くの情報を知っているでしょう。ここであなたを殺すのは無謀な決断かもしれません」

ダレンが顔は明るくなる。

その瞬間、ケイは彼の⾸を切り落とした。

「しかし、兵⼠を無駄に犠牲にする⼈々は⽣きるに値しない」

 



 

  • 戦いの終わり

ケイは斬⾸された頭をつかんで持ち上げた。

「戦争は終わった!」

ケイの声が響き渡る。

武器の衝突⾳は徐々に落ち着き、ついに止まった。

レッドローズは、完全に全滅に近い状況に。

ほぼ600⼈の兵⼠から、今ではほんの⼀握りの兵⼠しか残っていない。

「これ以上の抵抗は無駄です。ここで戦い続けるならば、それは不必要な死を引き起こすだけでしょう」

それに⽐べて、ケイ側はあまりダメージを受けていなかった。

戦いで決定的な役割を果たしたのは、プラム、ロマンティカ、アゼストのおかげでしょう。

「内壁への道を開いてください。残っている⼈たちの命を救いますので」

残党兵の一人が前に出る。

「司令官、あなたの懸念に感謝します。しかし、理由が何であれ、あなたの⾏動は明らかに反逆です。そして、裏切り者に降伏することは、私たちにとって死を意味します」

反乱軍に降伏。

それは⾮常に深刻な犯罪と⾒なされ、罰は死になるでしょう。

「私たちは必ず勝つ」

「・・・その可能性は⾮常に低いです、司令官」

彼は少し躊躇った後、ため息をつきながら話した。

「まもなく、ブルーローズがここに到着します。ダレン⼤佐は、あなたがどのルートを取るかを予測し、すべての不測の事態に備えました」

⽣存した兵士たちはお互いを⾒てうなずいた。

「私たちは、不名誉な臆病者として処刑されるのではなく、誓いを守った忠実な対象として死にたいと思っています」

「残念です・・・」

ケイは彼らの能力と王への揺るぎない忠誠⼼の両⽅で、彼らの部隊を心から賞賛した。

しかし、すぐに彼は決⼼し、兵⼠に向かって⾝振りで⽰す。

ケイの部下全員が剣を抜いた。

「最後の⾔葉は?」

「いいえ」

レッドローズはもはや抵抗せず、ケイの部下は可能な限り痛みを伴わずに彼らを終わらせた。

彼らの中に⽣存者は残っていない。

レッドローズの全滅。

ケイは振り返り、内壁への扉を開いた。

 



 

アゼストの力が凄まじいですね!

剣も魔法も得意な彼女ですが、現時点では魔法の方が優れているのでしょうか?

レッドローズも最後は誇りを抱いたまま死にました・・・。

彼らにとっては最善の死に方だったのかもしれません。

帰還者の魔法は特別です【160話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は160話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は133話。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は71話。 続きを読みた...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...