帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【158話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は158をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は133話。 ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は133話。 ...

 




 

158話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【157話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は157話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • ヴォルフガングタワー

⾶⾏船が着陸できる場所は城内に1か所しか存在しない。

外壁に並ぶ6つの塔のうち、南⾨に最も近い塔であるヴォルフガングタワー。

ヴォルフガングタワーへの着陸はスムーズに成功する。

デジールの逆算は⼩隊全体を完全に無⼒化した。

これは、魔法使いだけで構成されているため可能だった。

ケイが率いる部隊とデジールの部隊は塔を下りる。

「進め!」

兵⼠たちはすぐに隊形に⾶び込んだ。

内壁に⼊るには、外壁と内壁を繋ぐ橋を通過する必要がある。

ヴォルフガングタワーの15階の全ての中で、橋は8階にあった。

「ま、待ってください、ケイ司令官!?」

「彼らを中に入れるな!」

塔を守っていた兵士たちは、皆動揺していた。

同じ国の兵士に攻撃されるなど、誰が想定していただろうか?

彼らの反応は間違っていない。

ケイが率いる部隊は、武器だけを扱う者たちで構成されていた。

敵は数⼈しかいないが、魔術師の圧倒的な⽕⼒に対応するのは簡単なことではない。

しかし、兵士たちは何故か苦戦していた。

何らかの理由で、彼らは呪⽂を使うことが出来なかったから。

デジールの逆算によって。

呪⽂を使えない魔術師は、一般人と同じだった。

(重要なポイントは、内壁にどれだけ速く侵⼊するか)

この場所に⼊る前に、デジールはアルテア城に設置されていた通信設備を破壊した。

これは、命令システム全体を崩壊させるというドミノ効果をもたらしていた。

司令部が崩壊した場合、最⼤の軍隊や世界最⼤の兵⼠を所有していても、軍隊を適切かつ効果的に統合し調整することは不可能。

魔法王国がこれほどに壊れやすいとは誰も思っていなかったでしょう。

しかし、通過する際に騒ぎが起きたため、近くに駐屯している兵⼠がヴォルフガングタワーに向かってることは明らか。

「それが起きた場合、私たちは勝つチャンスを失う」

ケイの兵⼠たちは前に⾶び出し、彼らを鎮圧した。

敵を1⼈ずつ、あるいは2⼈ずつ対処すれば、倒すのに問題はないだろう。

適切な対応が形成される前に、彼らは内壁に迅速に侵⼊しなければならない。

「ここまでは、すべてが計画どおりですね」

プラムとアゼストが率いていた兵⼠たちは元気だ。

「ありがとうございます。あなたがそのような技術を持っているとは知りませんでした」

デジールはペースを落とさずに、ケイの質問に答える。

「⾒せたほうが簡単だと⾔いました。その上、私はとても低い階級にいるので、何が得意であるか見せる必要がありましたから」

 



 

  • vs レッドローズ

その後間もなく、彼らは内壁に繋がる8階の橋に到着した。

「ようやく来たのですね。お会いできるのを楽しみにしていました」

響き渡る声が聞こえる。

敵はこれまで出会った他の魔術師とは異なり、明らかに異なる制服を着ていた。

制服は⾚く染まり、バラの記章が飾られている。

デジールは⼀⽬で彼らの正体を理解した。

レッドローズ。

彼らから滲み出ているマナの圧⼒は並外れたものだった。

それは確かに魔法王国の最⼤の切り札と呼ばれるのに適していた。

さらに悪いことに、約600⼈が集まっている。

ケイが口を開く。

「あなたは私たちの計画を知っていたのですか?」

「ゲートを通過した⾶⾏船が着陸できる場所は1つだけですから」

最初に答えたのは、⾮常に⻑い⼝ひげを⽣やした中年の男性。

ダレン⼤佐は第5級魔術師であり、レッドローズのリーダーでもあった。

「⾮常に予想外です。私はあなたをとても忠実な人物だと思っていた。その忠誠⼼のおかげで、あなたは全ての困難な任務を遂行してきたのではないのですか?」

「その通りです。そして、私はその忠誠⼼のために今ここにいます。陛下に忠誠を尽くすなら、ここを通してください」

「くくく・・・。この状況で忠誠⼼があるかどうかは関係ありません」

ダレンは前回と同じ制服を着ているが、唯⼀の違いは彼が現在持っている杖。

「それどころか、私はあなたと戦うことができてとても嬉しいです」

「そうですか」

彼らはほぼ同時に動いた。

ケイが剣を抜く。

それが合図となり、彼の兵⼠たちは最前線に向かって突進した。

「分隊1、呪⽂の準備をしなさい」

第3級魔術師は5人の集団を形成し、かなり⾼度な技術を⽰す第4級呪文を唱え始めた。

約100個の第4級呪⽂が呼び出される。

「くそ・・・!」

デジールは呪⽂を逆算させるために最善を尽くしたが、呼び出されたすべての呪⽂を時間内に破壊することは不可能だった。

[アイスクラウン]

アゼストはすぐに防御呪⽂を配置して、デジールが逆算できなかった呪⽂を防いだが、彼⼥でさえこれらの残りの呪⽂を全て防ぐ事はできなかった。

正⾯に突進している兵士の⼀部が橋から落ちる。

「良い抵抗ですね。君たちがアンチメイジを用意しているとは思わなかったです」

ダレン⼤佐は、敵が予想されたほど多くのダメージを受けなかったことに驚いていた。

しかし、状況は依然としてレッドローズに有利。

ダレン⼤佐は冷静に兵⼠たちに命じた。

「彼らの接近を阻⽌しろ」

 



 

  • 剣の花

レッドローズは、チーム1、2、3に分けられている。

兵士たちが彼らに近づくのを防ぐために、継続的に呪文が発動され続けていた。

このような広い空間は、レッドローズにとって間違いなく有利な状況だ。

「分隊2」

レッドローズの呪⽂が再び呼び出される。

「分隊3」

レッドローズの絶え間ない呪文の弾幕は、考える余地を与えなかった。

ケイはあっという間に最前線に⽴っていた。

「私が耐える」

たった一言でしたが、その衝撃は⼤きかった。

「わぁぁぁぁぁぁぁ!」

容赦ない砲撃で萎縮していた兵⼠たちは全員、咆哮して再び正⾯に突撃する。

ケイは剣をオーラで包んだ。

⻘い⽕花が彼の剣を覆った。

その瞬間、デジールは⽬を疑った。

オーラは独特のフォルムを⽣み出して、【剣の花】を咲かせた。

それは明らかに、剣のグランドマスターであるケイ・ハジュマリュンによって考案された太陽の剣の形。

多くの魔法使いが[剣の花]と衝突するが、誰もそれに傷を残すことが出来ない。

その短い瞬間に、ケイの兵⼠たちはすぐに橋を突破した。

「何だと!?」

状況が一変する。

現在、ほとんどの攻撃はケイに集中していたが、彼はそれら全てを簡単に防いでいた。

プラムとアゼストが兵⼠の先頭に⽴ち、それぞれ左側と右側を担当する。

ロマンティカは、攻撃への集中を減らすために、呪⽂の発動に集中している魔術師を狙撃した。

ダレンの顔がゆっくりと不安に満ちていく。

ついに彼は最前線に出た。

ダレンは第5級魔術師。

そのような⼈物が⼀⼈で⾏動するのは危険な行為。

ケイはすぐにダレンに近づいた。

【アクアストーム】

【海の答え】

正⾯から押し寄せてきた波は、ケイの剣によって簡単に分断される。

剣のグランドマスターの称号を持つ男の神聖な尊厳は⾔葉を超えて素晴らしかった。

⼀⼈の男が多くの呪⽂を打ち負かしている。

ダレンの魔法も例外ではなく、ケイによって容赦なく打ち倒された。

 



 

ケイが強すぎる!

ソードマスターと呼ばれる彼に実力は群を抜いていますね♪

プラムには彼を見本としてもらい、より成長してもらいたいです。

帰還者の魔法は特別です【159話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は159話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は133話。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は71話。 続きを読みた...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...