帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【157話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は157をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は133話。 ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は133話。 ...

 




 

157話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【156話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は156話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 戦闘準備

空が急速に暗くなるにつれて、光が薄れていく。

空を見上げると飛行船が城へと向かう姿が見える。

船上では様々な音が聞こえた。

⾵の⾳、船のきしむ⾳、そして魔法エンジンの轟⾳。

そして、兵士たちは決意の表情で立っていた。

彼らは全員、直立している。

「あなた方は皆、魔法王国の誇り⾼き兵⼠です」

ケイ・ハジュマリュン。

彼の声は大きくないが、彼の声ははっきりと聞こえていた。

「私たちは、魔法使いが誇らしげに誇るマナに恵まれていません。私たちはこの王国が⾒下している最先端の道具を使っています。私たちが死んだとしても、この国の誰も私たちを覚えていないでしょう。歴史は私たちを邪悪な裏切り者として語り継ぐかもしれません。しかし、それは重要ではありません。⼈々が何を⾔おうと、将来の世代が何を⾔おうと、勝っても負けても、私たちは王国のために立ち上がるのだから」

兵士たちは沈黙を守っている。

「私たちが持つ王国の剣は悪を取り除くためのものです!陛下の名において、私たちはこの王国の悪を取り除くことを誓いましょう!」

「うぉおおおおおおおおおおお!」

兵⼠たちは⼀つになって叫ぶ。

「私たちの⼼はあなたの剣です!あなたの意志は私たちの⼈⽣の⽬的です!」

これらの兵⼠は全員、ケイによって救われた者たち。

彼らはケイだけに⼈⽣を捧げた⼈々。

彼らの熱意は、指⽰されれば彼ら⾃⾝の命を奪う可能性さえあるでしょう。

「司令官、間もなく城の対空防御の範囲に⼊ります」

ケイ・ハジュマリュンが最初の命令を出す。

「戦闘準備を」

デジールはうなずいた。

彼が兵⼠たちの先頭に⽴ったとき、大地には、大勢の魔術師が待ち構えていた。

彼らは魔法の王国を守る兵⼠。

その数は600。

⾶⾏船が有効範囲に⼊ると、信じられないほどの数の呪⽂が放出された。

⽕の呪⽂、氷の呪⽂、さらには落雷の呪⽂も。

魔術師たちは協⼒して、⾶⾏船にあるすべてのものをあらゆる⽅向から発射した。

「・・・すごい数だな」

呪⽂の数は圧倒的だった。

⾶⾏船が離陸して城に到着するのに10分もかからないでしょう。

このような短期間で、自分たちを迎撃できる防衛を設置したことに、デジールは少し驚いていた。

さらに、城を保護するために魔法兵⼠が呼び出した呪⽂は、他国の軍団全体を全滅させるのに⼗分な威力を持っている。

 



 

  • デジールの得意分野

デジールは⽬を閉じ、腕を下の地⾯に向かって伸ばした。

向かってくる様々な呪⽂を形成するために使⽤された技術を確認する。

ため息を吐きたくなる。

「数が多くても、この質では・・・」

大量の呪文は、デジールが住んでいた時代の100年前に広く使われていた呪⽂。

それらの⼒は、同等の最新バージョンよりもはるかに遅れていた。

この時代、魔法使いの⼒は、彼らが展開できる呪⽂の強さによって純粋に決定されてきた。

強さに焦点が絞られているため、弱点を掘り下げて呪⽂を逆算させる⼿法は、まだ発⾒も適⽤もされていない。

彼らは逆算に対しての準備を出来ていないのだ。

デジールから見れば欠陥だらけの呪文。

「適切に準備されていない呪⽂は、簡単な獲物にすぎない」

最小限の力で、全ての呪文を逆算した。

それは跡形もなく消え、マナ粒⼦の微かな破⽚を残す。

それはほんの始まりに過ぎない。

⾶⾏船に向かって発動する多くの呪⽂が消え始めた。

⼀瞬のうちに、⼤量の呪⽂が駆逐されていく。。

夜空は元の暗い状態に戻り始めた。

2回⽬の洪⽔が再び注ぎ込まれる。

「・・・仕⽅がない」

結果は同じ。

しかし、今回の呪⽂はさっきよりも速く中和された。

地上の⼈々は驚きを隠せなかった。

この現象は、完全に彼らの予想から外れ、常識から外れた⼀種の強さなのだから。

誰もその強さに対する手段を持ち合わせていない。

(もちろん、すべての攻撃を防ぐことはできないけど・・・)

魔法の⼤砲が⾶⾏船に向けて発射され、光の筋が⾶び交う。

魔法の⼤砲は純粋なマナの爆発を発射することによって機能したので、それを逆算させることは不可能だった。

通常であれば防御呪⽂を展開する必要があるが、この⾶⾏船では必要ない。

ケイはデジールに向かって歩き、魔法の⼤砲に向かって剣を振る。

⾼密度に圧縮されていたマナは、ケイの剣術によって2つの流れに分割された。

この圧倒的な⼒を⽬撃した⼈々は⾔葉を失う。

4回⽬の試みはなかった。

魔法兵士は、⾶⾏船の前進を⽌めるために何もできないことに気づいたのだから。

攻撃を続けてもマナの無駄。

彼らには見上げることしか出来なかった。

 



 

  • ローズ旅団

ローズ旅団。

それは魔法王国に住んでいた最⾼の魔術師からなる集団。

この集団に入団しているという事は、魔術師のスキルを証明するのに⼗分だった。

ダレン⼤佐は、その部隊の⼀部であるレッドローズ⼤隊のリーダー。

彼の部屋は城で最も豪華な場所の1つ。

ダレンは報告書を読みながら、コーヒーを飲んでいた。

彼にとっては見慣れた日常風景。

目の前には軍服を着た素敵な女性の姿が。

「という事は、連絡呪文は明日まで機能しないという事か?」

「その通りです、先⽣。城の至る場所に設置されている通信装置に問題があります。修復は明⽇完了する予定です」

「妙だな。昨年、⼤規模な修理を⾏ったから、しばらくは問題はないと思っていたが」

通信装置が設置された後、王国の報告システムは通信呪⽂の使⽤に⼤きく依存していた。

ダレンは報告書の次のページにめくる。

それを⼀⾏ずつ読んで、彼は眉をひそめた。

「・・・最近、良いニュースを聞かないな。市⺠の感情は最悪だ」

「はい、彼らの中に無実がいることは明らかです。正直なところ、正式な裁判なしに彼らを拘留しているという事実に少し困惑しています」

「今何と言った?」

ダレンが厳しく尋ねた。

「私の目を見てもう一度話してください、中尉。あなたは彼らに同情しているのですか?」

「いいえ!」

中尉はすぐに⾸を横に振った。

少し柔らかな⼝調で、ダレンは再び話しを続けた。

「もちろん、⼈間としては同情する必要があります。しかし、あなたは副官です。⾃分がどこに属しているかを忘れると、物事が難しくなります。結局のところ、あなたは兵⼠なのだから」

「その通りです、先⽣。」

「宜しい。私たちは上からの命令に従うだけです。同情するのはいいですが、その境界線を越えないでください」

その瞬間・・・。

城全体に爆発が響いた。

誰かが急いでドアを開けて、ノックもせずに入ってくる。

彼はダレンの指揮下にある魔法使い。

「違法⾏為についてお詫びします、⼤佐」

ダレンは彼の重⼤なマナー違反に対して、明らかな嫌悪感を持って眉をひそめた。

「私は忙しい。あなたのような⼈が、正当な形式を守らずに報告することが許されると?」

「しかし、これは重要な・・・」

「聞きたくない。適切な⼿順を順守した後、もう一度訪ねてください」

「それは不可能です、⼤佐。不正⾏為を⼼からお詫び申し上げますが、城が攻撃されています」

「・・・何?」

「現在、外壁に配置された部隊が攻撃に対応していますが、兵⼠は⼤規模に無⼒化されています。そこに駐屯しているレッドローズ⼤隊についても同じことが⾔えます」

重い沈黙が部屋を満たしていく。

ダレンはカップを置いた。

「それはヘブリオン帝国が侵略しているのですか?彼らは戦争の宣⾔を出していないはずだが」

「これは戦争ではありません。城に接近している⾶⾏船は1隻だけです」

ダレンの部下は、言葉を付け加えた。

「剣のグランドマスター、ケイ司令官が運航する⾶⾏船です」

 



 

大多数の呪文に対しても、デジールの逆算は適用されるのですね♪

魔法使いにとって、これほどの天敵はいないでしょう!

次回はダレン司令官と戦うのでしょうか?

帰還者の魔法は特別です【158話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は158話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は133話。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は71話。 続きを読みた...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...