帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【156話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は156をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

156話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【155話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は155話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • スラム街

⾺⾞はでこぼこの道を通る。

崩壊⼨前の建物。

カーテン越しに外を⾒ると、ロマンティカは⿐を塞いだ。

「ここは暗い場所ね。変な匂いもするし」

彼女が言った通りだった。

100年前のアルテアは、明らかに活気のある街ではなかった。

通りは汚れていて、どこかから嫌な匂いが漂う。

ケイは肩をすくめた。

「あらゆる場所には暗い⾯がありますから」

ここはアルテアのスラム街。

魔法の才能がなく、この王国で人権を踏み躙られた人々が住む場所。

「しかし、ここほど隠れるのに良い場所はありません」

デジールはその発⾔に同意する。

アルテアのスラム街は、最も複雑な場所の1つ。

溶け込んで消えるのに最適な場所。

(ケイの判断は称賛に値する)

狭い通りは軍隊の侵⼊を困難にし、迷路のような構造は、軍隊全体が侵⼊したとしても、追跡者を⼀⼈ずつ対処することを可能にした。

「ここです」

あれこれ話している間に、⾺⾞は⽬的地に到着した。

目的地はバー。

バーのドアを開けると、無数の⽬が彼らに集中する。

ぼろぼろの服を着て、彼らはスラム街の住⺠のように⾒えた。

その中で、巨⼤な体とあごひげを⽣やした男がケイに話しかける。

彼はとても怒っているように見えた。

「貴族様がこんな場所に何の用だ?あなたのような貴族の好みにあったアルコールはここには無いと思うが」

「アップルラムは私の好みに合うかもしれません。アップルラムを3杯飲みたい」

「何を⾷べたい?」

「イチゴを砂糖で4⽇間漬けたものを」

すると男の表情が柔らかくなった。

「お待ちしておりました」

彼がそのような⾔葉を話すとすぐに、バーの全員が⽴ち上がってケイに挨拶し、⼀⼈⼀⼈が⼀歩前進して厳格な姿勢を取った。

彼らはケイが率いる兵⼠でしょう。

静かなバーはすぐに騒がしくなった。

中年の男がケイに近づく。

二人が拳を合わせて、喜びの表情を浮かべた。

彼はケイをこぶしで叩き、そうすることに⼤きな喜びを⽰した。

「何処かで話せる場所はありますか?彼らと話があるので」

ケイはデジールのパーティを指さす。

「個室を準備しますね」

 



 

  • 現在のアルテア

オーナーは彼らを別の部屋に案内した。

この場所は、⾳が漏れないように設計されている。

「時間がないので、簡単に説明しますね」

ケイの話が始まる。

「預⾔者が来た後、私は陛下の命令の下で⼤陸中を旅しました。そして、貴重な資料を集めたのです」

それは困難な旅でしたが、ケイは逆境に耐えて、冷静に資料を集めてきた。

「しかし、陛下の状態が奇妙になりました。ある時点で、彼は執着の症状を⽰したのです。彼はこれらの材料をできるだけ早く集めたかった」

デジールはその奇妙さに気づく。

「そして、かつて最も偉大な魔術師であった陛下とは似ても似つかないように・・・。過去1年間、陛下とは話すことすら出来ていません」

当然、預⾔者が何かをしたのではないかと疑う。

「王はコントロールされていると⾔っているのですか?」

「その表現はより正確でしょう。しかし、精神を⽀配する魔法について聞いたことがありません」

「精神を⽀配・・・」

何度も何度もその⾔葉を⼝にした。

「預⾔者と呼ばれる男が、陛下の意志を乗っ取ったのでしょう。それ以来、この国は間違った⽅向に進んでいます。莫⼤な国家予算が浪費され、⼈々は不⾜分を補うために課税されています。その結果、魔法王国は不況に直⾯しました。通りの雰囲気はどうでしたか?」

「とても重苦しい雰囲気でしたね。人々は兵士を恐れているように見えます」

「市⺠は不安で苦しんでいます。そして、原因は分かりきっている。すべてその預⾔者が原因でしょう」

ケイは集団を作り、チャンスを待っていた。

「理由は分かりませんが、預⾔者は非常に焦っているように思えます。このチャンスを逃すと、もうチャンスがないかもしれません」

話を終えた後、ケイはデジールとの契約を結んだ。

契約書への署名を終えると、アラームが鳴る。

[あなたはケイ・ハジュマリュンと傭兵契約を結びました。ケイ・ハジュマリュンがあなたの助っ人になりました。この契約関係は、あなたの⽬的が⼀致している間維持され、あなたが彼の⽬的に信頼できることを証明している間も有効なままです]

その後、ケイはデジールに地図を⼿渡した。

それはアルテアの地理を詳述した地図。

地図は王宮が外側と内側に分かれていることを⽰している。

「この計画は、私たちが城に⼊るところから始まります。宮殿に⼊った後、私たちは陛下を確保し、保護しなければなりません。これ以上、陛下を彼らに操らせることは許せません」

王が⽣きているかどうかは重要ではないが、ケイの意⾒は無視出来ない。

「私たちの軍隊は圧倒的に劣っていて、⾸都全体を保護している魔法使いに正⾯から勝つことはできません。彼らが来る前に、私たちは城に侵⼊して預⾔者を殺さなければなりません」

ケイは地図上で⾶⾏場をマークした。

「⾶⾏場に配備された兵士は熟練していますが、経験不⾜です。そこを突破することは問題にはならないでしょう」

ケイの細かい指示で、彼がこの日の為に、どれだけ準備してきたのかが理解できる。

 



 

  • 魔法王国の戦力

「唯⼀の問題は王の側近です。城を守っている軍隊は大勢いますが、その中で最も難しいのはローズ旅団です」

ローズ旅団。

王の直接の⽀配下にあるローズ旅団は、魔法王国のエリート集団。

各兵士は⾮常に才能があり、⾮常に⾼いレベルの技術を持っていたため、一人一人の兵士が歴史に記録されていた。

「ローズ旅団は、レッドローズとブルーローズの⼤隊に分かれています。⼈⼝の少ない⼊り⼝である南⾨を突破します」

地図を確認して、デジールが質問する。

「レッドローズが担当しているのはこの地域ですね。彼らの部隊編成はどのように⾒えますか?」

「約2,680の第3級魔術師、200の第4級魔術師、及びそれらすべてを指揮
するいくつかの第5級魔術師第で構成されています」

「・・・騎士はいますか?」

「いいえ」

「射手は?」」

「いいえ。彼らは魔法で全てを処理できると考えています」

歴史書に記録されていた通り。

確かに、彼らはそのような⾃信を正当化するスキルを持っている。

しかし、それだけだった。

問題ないでしょう。

「なぜ笑っている?」

「あっ、すみません。思ったより簡単そうだったので」

「簡単?」

「ええ。彼らがどれほど⾃信を持っていても、この配備は愚かでしょう」

デジールは静かに⿐を鳴らした。

「言葉で伝えるよりも、実際に見せた方が早いと思います」

 



 

預言者と呼ばれる者。

預言者を倒せばクエストのクリアになるのでしょうか?

そして、魔法のみを使用する敵ならば、デジールの敵ではないですね♪

帰還者の魔法は特別です【157話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は157話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...