帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【154話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は154をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

154話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【153話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は153話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 拷問

デジールたちはホテルに移動した。

窓は黒い布で覆われ、光が入ってこないように。

そして、内部の音が漏れないように防音魔法も施されていた。

部屋の中央にはロープで縛られたトトリーナの姿が。

彼女は毒々しい表情で、デジールを睨みつけている。

それが彼女に出来る唯一の抵抗。

魔法を使おうとする度に、デジールが逆算するから。

「あなたに聞きたいことがたくさんあります」

デジールがそっと話しかける。

「⽣きたいのなら、抵抗せずに質問に答えたほうがいいでしょう」

トトリーナは⽪⾁な表情を浮かべる。

「答えたくない場合は?」

「そうであれば、私は拷問に頼るしかないでしょう」

「拷問如きで、私が口を開くとでも?」

「それは試してみないと分かりませんね」

「そんな脅しでは、あなたは私から何の情報も得られないでしょう」

トトリーナは軍⼈だ。

彼女はあらゆる状況に適応するための訓練を施されている。

「後悔しても知りませんよ」

デジールはそれ以上何も言わず、黙ったままトトリーナを拘束しているロープを縛り直す。

彼女はニッコリ笑った。

「あなたは触れてはいけない⼒に触れました。きっと後悔するで・・・」

トトリーナが話し終える前に口に布を押し込み、彼女の背中に手を置いた。

「そう話す人を私は何百回も経験しました。最初はみんな、あなたのような反応をします」

シャドウラビリンスに関する情報は⾮常に不⾜していた。

情報収集が最も重要である世界では、囚⼈を尋問する⾏為は⽇常的なものに。

シャドウラビリンスで⽣き残るために、仲間を守るために、敵を憐れむ余地はなかった。

10年以上に渡って開発された尋問技術は、現代で利⽤可能なものとは⽐較にならない技術だ。

トトリーナのマナサークルが少しずつ震える。

微動は少しずつ⼤きくなり始め、最終的に彼⼥のマナは狂ったように回転し、彼⼥の体を爆発させそうになる。

「・・・ぁああああああああああああああああああああああああ!!」

布を押し込められていなかったら、彼女は舌を噛んでいただろう。

自分に何が起きているかに気づき、彼女の目から血の涙が流れる。

サークルブレイク。

マナサークルがマナの使いすぎを克服できずに破壊される現象。

デジールが彼女のマナサークルを⽀配することで、意図的に現象を誘発させていた。

口から血が流れ出る。

想像を絶する怒りの爆発がトトリーナを消耗させる。

彼⼥は叫んだ。

⽣涯に蓄積したものがすべて破壊されようとしている。

「これはおそらく、あなたがこれまでの⼈⽣で経験する最大の痛みでしょう。今、あなたのマナサークルの1つが爆破しようとしています」

トトリーナの⽬が丸くなる。

彼⼥の背中から⼿を離し、ロープを少し緩めた。

「ホムンクルスの研究を主導したのは誰ですか?」

「そ・・・、それは・・・」

トトリーナは躊躇する。

デジールは躊躇せずに、彼⼥に再び布を押し込み、彼⼥のマナサークルを再び操作し始めた。

「ま、待っ・・・!」

 



 

  • 計画の始まり

悲鳴が再び響き渡った。

デジールの目には一切の感情がなかった。

しばらくして拷問を止める。

時間はそれほど経過していないが、トトリーナには永遠のように感じた。

「ホムンクルスの研究を主導したのは誰ですか?」

「お話しします・・・。お話ししますので、どうか・・・、やめて・・・、やめてください・・・」

心が折れた彼女に抵抗する意思は見られなかった。

「これは王の命令です。ホムンクルスの⽣産は国王の指揮下にあります。軍はただ王の命令を実⾏しているだけです」

「なぜ急に?」

「計画の始まりは、海外から訪れた男性からです」

トトリーナは⼀連の出来事を思い出し始める。

外国から訪れた男性が⼤⾦を持って来た。

彼は魔法王国の王に永遠の命の約束を提供し、計画のより細かい詳細について話し合うように頼んできた。

その男は王の忠実な家⾂になり、ホムンクルスを製造する計画を提案する。

「完全な⽣命の創造。最初は、誰もその話を信じていませんでしたが、男がこれまでに⾏ったすべての研究を⾒せてくれました。それは彼の仕事が成功する可能性を証明したのです。問題は、素材を⼊⼿するのが⾮常に難しいことでした」

「それが魔術師・・・」

「もちろん、⼈間の⽣命を実験することは倫理的ではないので、私たちは秘密裏に研究を⾏いました・・・。その結果、軍隊の少数の⼈々だけが正確な情報を知っています」

[あなたはホムンクルスの製造計画の背後にある重要な情報を持っています]

謎の男は、すでにこの王国の権⼒の核⼼に達していた。

残念ながら、彼はすでに魔法王国を完全に⽀配しており、影からそれを⽀配しているようだ。

しかし、⻑い間デジールを悩ませてきた1つの質問が残っている。

(こんなに重要な⼈物が世界に知られていないのはどうして?)

前世でそのような人物のことを聞いたことがなかった。

「その男について知っていることをすべて教えてください」

「預⾔者。彼は自分のことをそう呼ばせました。そして彼は大⾦持ちです。彼は人前に出ることが好きではありません。それ以外の情報は知りません」

トトリーナはホムンクルスについて他に重要なことは何も知らなかった。

「ホムンクルスはどのようにして因果関係を無視する⼒を得たのですか?」

彼女は⽬を⼤きく開いた。

「・・・なぜそれを知っているのですか?」

「私の質問に答えてください」

「正確な理由はわかりません。ホムンクルスを作るには、錬⾦術師と魔法使いの協⼒が必要です。因果関係を無視する⼒は錬⾦術の側⾯から⽣じましたから」

可能性を⼀つ⼀つ排除していくと、突然の思いがデジールの頭に浮かび上がった。

「ケイ・ハズマリュンはホムンクルスの製造と何か関係がありますか?」

「ケイ・ハズマリュン?なぜ彼に興味があるのですか?」

「・・・」

「待って!私の背中に⼿を置かないでください!教えます!教えますから!」

彼女は震えながら叫ぶ。

「ケイ・ハズマリュンは私たちに材料を届ける宅配便です。彼らは王の指揮下で珍しい材料を⾒つけるために遠征に出発します。彼は⾃分が何を探しているのかさえ知りません」

「何を探すべきか分からないまま材料を探している・・・」

アルテアに着陸したときに聞いた会話を思い出す・・・。

 



 

  • 更なる追求

『ダレン・アレフ司令官、私たちは材料の⼊⼿に成功したので、このように私たちを訪ねる必要はありません』

『マナを⽋いている体でよくやった』

あの時の会話が何を意味するかを理解した。

デジールは安⼼した。

もしケイが敵だったら、彼は最悪で最強の敵だったでしょう。

少しの間彼の考えを整理していると、トトリーナが再び話しかけてきた。

「私は知っている限りのことをあなたに話しました。これ以上は許してください」

「いいえ、もう1つ質問があります」

聞いたすべての情報を整理した後、もう⼀度彼女に話しかける。

「これまで共有してきた情報を、最初からもう⼀度教えてください」

以前の回答と⼀致していることを確認することにより、情報の真実を判断するため。

その結果、トトリーナの以前の回答の⼀部にわずかな違いが生じた。

「あなたはは嘘を吐いたのですね」

「いいえ、待ってください!それは・・・!それだけは・・・!」

現在の答えと最初の答えの間に⽭盾が現れるたびに、デジールは彼⼥を再び拷問した。

 



 

デジールを敵には回したくないですね・・・。

普段は温厚なイメージがありますが、目的のためには手段を選びませんから。

帰還者の魔法は特別です【155話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は155話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...