帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【153話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は153をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は133話。 ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は133話。 ...

 




 

153話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【152話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は152話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • トトリーナ

「どうやって侵⼊したの?この施設の防御魔法はそれほど単純ではないはず」

部屋の反対側から、誰かの存在を感じる。

暗闇の中から現れる女性。

「別の研究グループ?それとも海外から送られたスパイ?けれど、あなたたちは若すぎるわね・・・」

髪型がボブの女性。

長い白衣を着用し、歩くたびにハイヒール音が聞こえてくる。

彼女は壊れたガラス管に目を向ける。

「あなた方が貴重なデータを殺したという事実を考えると、明らかに同業者ではないわね。それで?あなた方は誰でしょうか?」

「あなたがこの施設の責任者ですか?」

「私が先に質問をしたのだけれど?あなたは自分の立場が分かってる?」

彼女の周りのマナが変化する。

デジールは、彼女のマナの量に基づき、第5級魔導士と判断した。

(現時点で、魔法王国であっても第5級魔導師は珍しいはず)

女性がかなり高い地位にあることは明白だ。

研究所の所⻑であるトトリーナは、デジールに⼿を差し伸べる。

「今から嫌でも自分の立場を知ることになるわ」

 



 

  • 格上との戦い

彼女が呪文を呼び出す。

何百もの土の槍が地面から立ち上がり、建物全体が揺れた。

[バーストファイア]

数⼗のファイアボルトがデジールによって即座に呼び出され、地⾯に衝突する。

しかし、それで終わりではなかった。

トトリーナが再び魔法を発動する。

【鍾乳⽯の⾬】

天井に鋭い鍾乳⽯が生み出され、デジールたちに降り注ぐ。

彼女の詠唱速度は驚異的だった。

しかし、デジールも負けていなかった。

[キザードのため息]

トトリーナは、二度の攻撃を阻⽌するデジールに対して、賞賛の口笛を鳴らした。

「やるわね」

攻撃が防がれたにもかかわらず、彼女はリラックスしていた。

「じゃあ、これはどう?」

トトリーナが⼿招きすると、実験室の壁が⽣き物のようにうごめく。

建物は固い⽯とコンクリートで造られていた。

つまり、土属性の魔導士である彼女にとって最高の戦場。

このアドバンテージに、彼女は自信を持っていた。

デジールは防御魔法を展開し、プラムに指示を出す。

「プラム、道を切り開け」

その言葉を期待していたかのように、プラムはトトリーナに向かってダッシュする。

彼は驚異的な反射速度で攻撃を全てを躱す。

「しつこいわね!」

【うごめく大地の叫び】

第4級魔法。

⽯の壁や床の⼀部が鞭の形に圧縮する。

それは明らかに強⼒な魔法だった。

鞭が通過した場所はすべて破壊される。

小さな隙間に向けて、プラムはダッシュする。

「はぁ!」

向かってくる全ての鞭を切り裂くが、全てが一瞬で再生する。

[うごめく大地の叫び]は剣⼠の間では悪名⾼い呪⽂。

無限に再⽣する鞭は、敵の動きと⾏動を制限するから。

距離を縮めて戦う必要のある剣⼠にとって、この呪⽂がどれだけ驚異的であるかは明らか。

魔法王国の魔法使いのエゴに影響を与えた呪⽂。

プラムは、トレーニング中に学んだことを思い出す。

訓練から学んだ最も重要なこと。

それは、落ち着いて予期しない状況に対処する⽅法だった。

彼は鞭を恐れず、それ以上何も考えずにトトリーナに接近する。

それは彼がメンバーに対して絶大な信頼を置くからこそ出来た行為。

オーラをレイピアの先に集中させる。

オーラの強さをコントロールするためにエルセンブラン教授から学んだテクニックの1つ。

この結果、彼のレイピアは、第4級魔法をはるかに超えていた。

レイピアが輝くと、鞭が四⽅⼋⽅に⾶び散る。

道が⼀瞬だけ開いた。

「アゼスト!」

デジールが彼女の名前を呼ぶと、アゼストは地面を蹴り上げ、前方に跳躍する。

一瞬で距離を縮める彼女に対して、トトリーナに出来ることは身を守ることだけ。

彼⼥は完全に主導権を失っていた。

【踊る棘】

地⾯から棘のあるバラが⾶び出し、トトリーナを取り囲む。

アゼストの攻撃は、バラの壁によって防がれた。

しかし、攻撃を繰り返すことで壁に穴が開く。

[アイススピーカー]

アゼストによって⼤量の魔法攻撃が生み出された。

トトリーナの魔法とアゼストの剣が激しく衝突する。

この短い時間で、状況はデジールたちに有利であることは明らかだった。

トトリーナは自分が自分が押されている事に気づく。

「彼らは一体誰?」

彼⼥は自身のスキルで、研究施設に⼤きなダメージを与えることなく、敵を素早く征服できると考えてた。

しかし、それは彼女の誤った判断。

彼らは、力を抑えて勝てるレベルではない。

そう判断したトトリーナは、抑制していたマナを解き放つ。

[ストーンブレイク]

アゼストがこの魔法に対応している間に、彼女は別の呪文を呼び出すために距離を広げた。

【ヴィンデルアース】

第四級防御魔法。

部屋の周りにある⽯と⽡礫が持ち上げられ、トトリーナの周りで圧縮される。

すぐに⽴⽅体の壁が形成された。

オーラで満たされた刃がどんなに強くても、この魔法を突破するのは簡単ではないでしょう。

トトリーナが安堵の深呼吸をして、第5級呪⽂を唱えようとするとき、彼らは壁を突き破る。

⼤きな衝突が鳴り響き、⽴⽅体の壁に⻲裂が生まれた。

以前、ロマンティカは魔塔を攻撃していたアウターのリーダーと戦ったときに、この魔法に遭遇していた。

過去の彼女にとって、それを壊すという発想はなかった。

しかし、今の彼女は違う。

ロマンティカは今や第4級防御魔法さえも貫通する能⼒を持っていた。

 



 

  • 実践経験の差

壁が崩壊し始めているのを⾒たトトリーナは、慌てて叫んだ。

「ま、待って!」

「そのような下⼿な言葉で時間を稼ごうとしているのか?」

アゼストがトトリーナに近づいた。

デジールのメンバーは、過去1年間、彼によって厳しく訓練され、その結果、あらゆる種類の経験を積んだ。

今では、1⼈の第5級魔法使いに対して容易に勝てるくらいに。

トトリーナは恐怖で後退する。

先程までのリラックスした表情は見えなかった。

「ふざけるな!」

彼女は絶望から魔法を呼び出そうとするが、魔法の配列は即座に離散する。

それが逆算に気づくまで、それほど時間はかからなかった。

それでも彼女は目の前の光景を信じることが出来ていない。

自分よりも高い階級の魔法使いはこの場にいなかった。

これは非現実的だった。

逆算した人物がデジールと気づく。

「お前如きが・・・!」

トトリーナは叫んだ。

しかし、彼⼥の意識は一瞬で刈り取られる。

「黙れ」

アゼストが彼女の腹を殴ったから。

「・・・!」

第5級魔法使いがどんなに強くても、彼らの体は普通の⼈と変わらない。

アゼストは倒れたトトリーナを侮辱して⾒下ろした。

第5級魔導士を制圧するのに5分もかからなかった。

しかし、誰もこの結果に満足していない。

この戦いで騒ぎを引き起こした後、⼈々がこの場所に群がることは明らかでしょう。

デジールは、さまざまな呪文を呼び出して研究室を破壊し始めた。

 



 

4人がかりとはいえ、第5級魔術師を圧勝するとは驚きですね!

デジールたちの連携も優れていますが、一人一人の力も成長しているのでしょう。

トトリーナから情報を引き出すことは出来るのでしょうか?

帰還者の魔法は特別です【154話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は154話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は133話。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は71話。 続きを読みた...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...