帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【150話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は150をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

150話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【149話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は149話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 首都アルテア

⾶⾏船がグリンペルから魔法王国の⾸都アルテアに到着するのに二日間。

ケイはデジールのパーティを集めた。

「まもなく⾸都に到着します。この時点で契約を終了しましょう。これまでありがとうございました」

ケイは彼らの契約に署名し、任務完了と指定した。

魔法王国の傭兵ギルドに提出すると、傭兵契約は完全に終了する。

これで最初のメインクエストがクリアされる。

部屋に戻った後、プラムが声を上げた。

「このクエストは、レベル3の割に⾮常に簡単でしたね」

「クエストは完了していないので、まだリラックスしては駄目だよ、プラム」

プラムはデジールのアドバイスにうなずいた。

本来なら順調に進んでいれば、この影の世界はクリアされていただろう。

しかし、彼らは隠された2番⽬のメインクエストに⼊ることを余儀なくされた。

この先の展開はデジールでさえ知らないので、彼の表情は不安で満ちていた。

研究した歴史書にも記録されていない。

「通常ならば、最初のクエストと2番⽬のクエストは関連している傾向がある。できるだけ多くの情報を集めたかったのだけど・・・」

グランドマスターのケイ・ハズマリューンは、簡単に仲良くなれる人物ではなかった。

彼との好感度は⼗分に⾼まったものの、それでも必要以上のことは何も教えてくれなかった。

彼が気さくに笑っていたときでさえ、目は笑っていなかった。

少し深掘りした内容を聞いた瞬間、ケイは話題をすぐに切り替えた。

その結果、デジールは彼から情報を得るのを諦めた。

 



 

  • ダレン・アレフ司令官

⾶⾏船はすぐに着陸した。

アルテアは活気のあるグリンペルに⽐べて活気のない雰囲気だ。

空は⾼層ビルによって遮られている。

⼈々は暗い⾊の服を着て、とても静かだった。

⼀⾏が着陸場に降りると、誰かが⾶⾏船に向かって歩いてくる。

頬に⼤きな傷跡がある中年の男性。

彼のマナサークルを確認すると、おおよそ第5級魔導士に匹敵していた。

他国よりも⽐類のない強⼒な魔法の⼒を持っていた魔法王国でさえ、第5級魔道⼠になることは簡単な偉業ではない。

目の前の男は強かった。

兵⼠たちは、彼を⾒て⼀⻫に彼に敬礼する。

しかし、彼は不快なものを⾒ているかのように眉をひそめた。

「お疲れ様でした、ケイ・ハズマリーン少佐」

「ダレン・アレフ司令官、材料の⼊⼿に成功したので、このように私たちを訪ねる必要はありません」

「魔法を使えない体でこの任務を完了するとは見事だったな」

「・・・それは確かに簡単ではありませんでした。魔導士でも同じだったでしょう」

ダレンは笑った。

「グランドマスター、剣と魔法を同⼀視しないでください。私たち魔導士が海を割って⼭を吹き⾶ばしている間、あなたはせいぜい単なる障害物を剣で切り裂くしかできないでしょう。グランドマスターと呼ばれているあなたも例外ではありません」

彼はケイの胸に指を突きつける。

その態度は非常に失礼な対応だった。

しかし、ケイは笑って⼿を払いのけた。

「それで、あなたは何のために訪ねたのですか?それを⾔うためだけにここまで来たとは思えません」

「私はすべての材料が無事に到着したかどうかを確認するためにここにいます。実験を始める前に問題が発⽣するのは⾮常に⾯倒ですから。・・・彼らは?」

横に⽴っているデジールたちを⾝振りで⽰した。

「彼らは⾶⾏船を守るために雇った傭兵です」

⾶⾏船の警備。

その言葉を見逃さなかった。

(私たちはアルディンを守るために雇われた)

ケイがアルディン・セピウスの存在を隠していることに気づく。

「珍しいですね。あなたが傭兵を雇うとは思いませんでした」

「それは、私たちが王の命令を実⾏するためにあまりにも多くの部下を失ったからです」

「ある意味で、それは仕方がないことでしょう。なぜこの時代に武器を持った兵⼠を雇うのでしか?そんな事をするのは、あなたくらいですよ」

ダレンは兵⼠たちを⾒回し、笑顔で話し続けた。

「まあ、武器を持った兵⼠を⼿に⼊れるのはとても簡単ですからね」

「司令官、部下が消耗品であるかのように話すのを避けていただければ幸いです」

「なぜ?あなたは怒っているのですか?」

長い沈黙が生まれる。

ケイは静かにダレンを⾒つめた。

「とにかく、材料を⾒たいですね」

「・・・こちらです」

ケイはデジールのパーティをちらっと⾒て、兵士の1⼈に⾝振りで⽰した。

「ペネン将校、彼らをギルドに連れて⾏ってください。彼らはこの辺りの道を知らないでしょうから」

「かしこまりました」

 



 

  • アルテアの実情

ペネン将校はとても⾯⽩い人物だった。

馬車に乗ったデジールは⾶⾏船を振り返った。

「あの男・・・ランクがどんなに⾼くても、彼の態度はあまりにも失礼です」

ペネンは⾸を左右に振った。

「まあ、仕方がない事です。魔法スキルは、魔法王国のすべての標準ですから」

彼が⾔ったように、すべては魔法のスキルによって決定される。

最も優秀な魔術師が王になるくらいなのだから。

「あなたが直接⾒たように、誰もケイ少佐の剣のスキルに到達することはできませんが、魔法王国の⼈々は彼らの優れた魔法のスキルを過度に誇りに思っています。彼らは武器を振るう兵⼠を嫌悪し、恥じています。ケイ少佐が少佐に昇進したのは奇跡だと思えるくらいです」

剣聖の称号は、彼に完全に合っていた。

しかし、彼の称号はメジャーにすぎません。

この時代の最も強⼒な剣⼠。

彼がこのように扱われることは考えられなかった。

「人々はケイをもっと敬わなければいけません」

「その通りです。少佐は、魔法の才能がない私のような⼈々の世話をし、訓練しました。彼は私たちの⽣活を住みやすくした恩人です。私は彼のために何でもします」

ペネンの声は威厳があり、誇りに満ちていた。

「陛下の好意により、これまで少佐の前であのような失礼な態度をする⼈はほとんどいませんでした。しかし、陛下が外国からのある魔術師を⽀持し始めて以来、あのようなことが⼀般的になりました」

ペネンはため息をつく。

会話をしながら傭兵ギルドに到着した。

「お疲れ様でした」

ペネンは馬車のドアを閉めて⽴ち去る。

後で役⽴つかもしれないいくつかの⼩さな詳細を⼿に⼊れた。

デジールたちは、傭兵ギルドに剣聖からの傭兵契約を受付係に⼿渡した。

予想通り、彼らはシステムメッセージを受け取る。

[クエストが完了しました]

[進⾏中のメインクエストが残っています]

[残りのクエストを完了して完全なクリアを目指してください]

[残りのクエストをクリアした後に報酬が加算されます]

「最後のクエストが1つあります」

残りのクエストは、ピュアウスの支持者の排除。

⼿がかりは、錬⾦術師を殺した後に得たマナサーキットの断⽚。

裏側にはシリアルナンバーが。

3-BYET_

シリアル番号の最後の⽂字が判読できない。

「マナサーキットは魔法王国でのみ製造されました。技術の漏洩を防ぐため、⾮常に安全に管理されています」

⼈々は厳格な⾝元調査の後にのみ、それらを購⼊することを許可された。

ロマンティカが口を開く。

「マナサーキットは徹底的に管理されているので、それらを購⼊した⼈々の記録があるはず。それらをチェックして、このシリアル番号に⼀致するマナサーキットを誰が購⼊したかを⾒つける必要があるわね。」

「しかし、彼らが私たちのような部外者にそのような記録を⽰す⽅法はありませんよね?」

プラムの言葉は正しかった。

彼らのような部外者が、そのような機密性の⾼い内部記録を⾒ることができる⽅法はありません。

「ええ、その通りだと思います。しかし、彼らが私たちに⾒せたがらないからといって、私たちが⾒ることができないという意味ではありません」

「デジールさん、それはどういう・・・?」

「必ずしも紳⼠的な⼿段を使⽤する必要はないって事」

 



 

ケイはグランドマスターですが、魔法主義のアルテアでの立場は弱そうですね・・・。

ダレン司令官がどの程度の強さかは分かりませんが、見るからに怪しい人物ですので今回の事件の首謀者の可能性も否めません。

デジールたちはどうやって情報を入手するつもりなのでしょうか?

帰還者の魔法は特別です【151話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は151話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...