帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【149話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は149をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は127話。 ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は127話。 ...

 




 

149話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【148話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は148話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • グリンペルの街

アゼストとプラムは6⽇間順調に旅した。

⾶⾏船は、魔法の王国とヘブリオン帝国の国境に近いグリンペルの街に。

⾶⾏船はそっと降下した。

グリンペルは、両国間の貿易の中⼼地であったため、かなり忙しい街。

アゼストが甲板に出たとき、プラムが⾶⾏船の⼿すりに寄りかかっている光景を⾒た。

彼の反応に違和感を感じる。

いつもの彼なら、新しい街の⾵景に驚き、⾄る所で跳ね回っていた。

しかし、今⽇の彼は落ち着いていた。

「デジールさんも一緒だったら、どんなに素晴らしかったでしょう・・・」

プラムは⻑い間、デジールにとても忠実だった。

アカデミーに⼊学して以来、彼らはお互いの側を離れることはなかった。

むしろ、今まで表情の変化が⾒られなかったことに驚いた。

「デジールが恋しいのか?」

その質問にプラムがビクッと反応した。

「・・・ええと、アゼストさんはどれくらいそこにいましたか?」

「さっきから」

彼は顔を⼿すりに埋め、顔は真っ赤に変化していた。

「恥ずかしい・・・」

⼿すりに向かって歩き、プラムの隣に⽴つ。

「この影の世界のクリアが完了すると、参加したすべての⼈が元の世界に戻ります。この世界をすぐにクリアすれば、すぐにデジールに会えるでしょう」

「確かにそうですが」

「つまり、私が⾔いたいのは、それほど悲観的である必要はないということです」

「え?」

プラムは驚きの表情でアゼストを見つめた。

少し時間をとった後、彼は微笑んだ。

「そうですね、アゼストさん」

⾶⾏船は、管制塔からの許可を受けた後、⾶⾏場に着陸する。

ここには、魔法の王国と交流した商⼈がたくさんいた。

両国を分ける巨⼤な川も存在し、モンスターの襲撃を防ぐ役割を果たしていた。

主に商船だが、ヘブリオン帝国からの軍艦も目撃する。

現代では、そのような光景はめったに⾒られない。

テレポートゲートは広く配備され、⾶⾏船の使⽤は少しずつ廃⽌された。

ケイが必要な⼿続きを完了させる。

その後、彼はすべての部下を集め、街を楽しむように命じた。

審査⼿続きには約3⽇かかる。

⻑い航海の後、3⽇間の休憩は素晴らしい期間でしょう。

船員たちが興奮するのも当然の結果でした。

「あなたも降りましょう」

ケイはブツブツ呟くアルディンを保護する。

最後に船を降りるアゼストとプラム。

誰もいないと思っていた場所に、予想外の人物が。

「どうして?」

まるで幽霊を見たかのような反応。

「ようやく到着したのね。待ちくたびれたわ」

彼らが影の世界をクリアするまで会えないと思っていた二人がいた。

 



 

  • グリンペルでの護衛

「・・・それで私は領主からの好意で、テレポートゲートを使うことができました」

デジールと彼のパーティーは、ケイとアルディンと⼀緒に、居⼼地の良い宿にいた。

ケイ、プラム、アゼストにこれまでの旅の内容を説明する。

もちろん、物語のいくつかの重要な部分は省略しているが。

話を聞いた後、ケイが声を上げた。

「大変だった旅に違いありませんね。あなたの雇⽤主として⾔うべきではありませんが、戻ってこない選択肢もあったのではないでしょうか?その場合でも、任務完了とみなされるでしょう」

「私たちに仲間がここにいましたから。それに報酬を頂いているので、私たちはできる限りのことをしなければいけません。それが傭兵にとって正しい態度だと思いますから」

「立派ですね・・・」

「褒め⾔葉に値するとは思わないです」

「あなたは私が知っている傭兵とは⼤きく異なりますね。この任務が終わった後も会えることを願っています」

「私たちもそう願っています。雇い主を増やすことは悪いことではありませんから」

通知が表示される。

[ケイ・ハジュマリュンはあなたが役に⽴つと思っています]

[ケイのあなたへの好感度は「条件付きの信頼」に変化した]

それは予想外の収⼊。

条件付きの信頼は、彼の好感度がある程度信頼できるレベルまで上昇したことを意味する。

ケイの好意を得ることは、将来役⽴つかもしれない。

ケイとアルディンは部屋を共有し、デジールと彼のパーティは別の部屋に滞在した。

「ああ、私は3⽇間不在になります。その間、アルディンを守ってほしい」

【メインクエスト 『グリンペルでの護衛』が始まりました】

【ケイは、3⽇間重要な任務を遂⾏します。彼の防御範囲は⼤幅に弱まる]

[強敵がアルディンを探しています。絶対に彼を守ってください]

[アルディンが死んだら、このクエストは失敗します]

デジールはパーティを集め、これまでに何が起こったのかを簡単に説明した。

2番⽬のメインクエストの詳細を。

「つまり、これはホムンクルスの背後にある⼒を取り除く必要があることを意味します」

アゼストが口を開く。

「しかし、その未知の集団を⾒つけるには範囲が広すぎます。デジール、⼿がかりはありますか?」

「1つしかありませんが、重要な手がかりだと思います。これは研究室から取ったマナ回路す」

ポケットに収納したマナサーキットを取り出す。

「それらは魔法の王国で作られることになっていないのですか?」

「その通り。魔法の王国の誰かがピュアウスの違法な研究のためにマナサーキットを提供しました」

「すべてのマナサーキットには固有のシリアル番号があります。これに基づいて製造した⼯場まで遡ることができるはず」

「そして、⼯場は誰がそれを購⼊したかの記録を持っている必要があります」

ロマンティカが⾔った。

「ええ。これで未知の⽀援者を追跡できるわね」

アゼストが結論を下した。

「それを⾏うには、3⽇間はアルディンをしっかりと守る必要があります」

 



 

  • 地獄のような3日間

彼らのクエスト「グリンペルでの護衛」は終了した。

「疲れた・・・」

それは、⾶⾏船に再搭乗した後のデジールの最初の⾔葉。

「ええ」

「彼ほど不運な⼈を⾒たことがないわ」

アゼストとロマンティカは彼の言葉に強く同意した。

まるで地獄のような3⽇間。

クエストは狂った⽼⼈を3⽇間保護することだけを含んでいた。

彼を保護するのは簡単だった。

しかし、彼らがアルディンを守っていた3⽇間、多くの不幸が起きた。

それはまるで旅の不幸がすべて集まったかのように。

街灯が倒れ、サーカスから逃げ出した獣、看板が頭に落ち、事件の数は本当に数え切れないほど多かった。

世界のすべての要素がデジールたちを排除しようとしているように思えるくらいに。

豊富な経験を持つデジールでさえ、二度と受けたくないと思えるくらいだ。

「考えてみると、⾶⾏船のエンジン音を聞くと眠くなりますね」

プラムの目が沈む。

ロマンティカは眠そうな⽬をこすり、欠伸をした。

アルディンを保護することに全⼒を注ぐことで、睡眠時間があまりなかった。

⾶⾏船にはケイがいた。

その間、最初のメインクエストの最後のクエストが始まった。

[クエスト「ラストフラ」が始まりました]

[あなたはアルディン・セピウスを不幸な災害からうまく保護しました。最後まで彼を守るために最善を尽くしてください]

[あなたは現在、隠されたクエストの真っ最中です。アルディンの⽣死はそのクエストに⼤きく影響します]

 



 

プラムもケイに稽古をつけてもらってスキルアップに成功。

無事に合流したデジールたち。

彼らが護衛するアルディンの正体はまだ不明ですね。

3日間の不幸も、彼が関係しているのでしょうか?

帰還者の魔法は特別です【150話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は150話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は127話。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は66話。 続きを読みた...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...