帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【148話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は148をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は127話。 ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は127話。 ...

 




 

148話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【147話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は147話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • ピュアウスの最後

「見つけた」

デジールは、ホムンクルスを⾒たときからずっと感じていた不快感の原因に気づく。

ホムンクルスの体にはマナサークルが埋め込まれていた。

複数のマナサークルが。

これらのマナサークルを利⽤することで、神に挑む能⼒を活⽤し、通常の攻撃⼒を強化することができる。

しかし、それらは低級呪文に対してだけ。

より高いレベルの呪文に対抗する方法はなかった。

「あれはもう回復できないの?」

「限界に達したのでしょう」

激しく呼吸しながらロマンティカの質問に答えた。

最後の攻撃でマナのほとんどを使い果たしていた。

これ以上、呪文を唱えるのは難しいだろう。

しかし、現状の光景を見れば、デジールが呪文を使う必要はないはず。

かつて恐ろしかったホムンクルスは、ロマンティカ一人で簡単に倒せるでしょう。

ピュアウスを狙ったロマンティカ。

「最初に錬⾦術師を殺すべき?」

「いいえ、彼に質問することがあります。ホムンクルスだけを攻撃してください」

ロマンティカはうなずき、ホムンクルスを狙った。

バァン!

ホムンクルスの脚が狙撃され、爆発した。

「Kiaaaaaaaak︕」

バン!

ホムンクルスの額に⾵の弾丸が突き刺さる。

「ふぅ・・・」

彼女はライフルを下げ、⻑いため息をついた。

冷たい汗を拭き取った後、ロマンティカはピュアウスを指さす。

「彼はまだ⽣きていると思うわ」

古い実験室の真ん中に錬⾦術師が仰向けになっていた。

「はぁ・・・、もし私が実験を完了できたなら、私を倒すのはこれほど簡単ではなかっただろう。私の最も深い後悔は・・・、実験を完了することができずに死ぬことです」

ピュアウスはデジールの魔法によってひどく焼かれ、⽚⽅の⾜を失っていた。

重傷でした。

彼がこれほど⻑く⽣き残ることができたのは奇跡でしょう。

「このような⾮⼈道的な⽅法で作成された実験は、錬⾦術師協会から承認を受けることは決してありません」

「あなたには・・・、決して理解できないでしょう」

「知りたいことが1つあります。どれほど錬⾦術師が貴重な存在であっても、このような実験を一人で⾏うことは不可能です。誰があなたを助けましたか?」

「私が・・・、答えるとでも・・・?」

「あなたの⼈⽣をできるだけ痛みを伴わずに終わらせたいのですが」

ピュアウスの残りの⾜を踏みつけた。

「がぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!」

彼は痛みで叫びながら、激しくデジールを睨みつけた。

「私は・・・、死にかけています。恩⼈の名前を教えることはできません:

「ということは、あなたの後ろには誰かがいるのですね」

「・・・!」

ピュアウスは、⾃分がデジールに惑わされていたことに気づく。

彼の⽬は大きく開いて、その後、息はすぐに⽌まった。

通知が鳴る。

[レアヒーロー、ピュアウス・ニフションは死んだ]

[クエスト「永遠の命の真実」を完了した]

[邪悪な錬⾦術師の野望から街を解放したので、街の領主は1つの要求を受け入れます]

[あなたは⾒事に脅威に対処しました。しかし、あなたへの危険はまだ鎮静化していない]

[ピュアウス・ニフションは処刑されたが、彼の背後には未知の存在がいます]

[彼らを絶滅させて、彼らの卑劣な陰謀を阻⽌しましょう]

 



 

  • 魔法の王国へ

邸宅の崩壊を⽬撃し、領地の兵⼠が突入した。

ピュアウスと他の⼀⼈の倒れた死体を特定し、彼らはデジールとロマンティカを逮捕した。

彼らにとって、ピュアウスは賢⼈と呼ばれる救世主。

しかし、実験の⽣存者はすぐにピュアウスの悪⾏を暴露した。

その後、戦いの痕跡はオーロラシステムがなければ、街全体が吹き⾶ばされたであろうことを明らかにする。

デジールとロマンティカは街を代表して戦った英雄として扱われ、デザートフラワーの領主は感謝の気持ちを込めて彼らを城に招待した。

「魔法使い、街を救ってくれてありがとう。街を代表してお礼を言わせてください。報酬として、どんな要求にも答えるために最善を尽くします。何か欲しいものはありますか?」

「テレポートゲートの使⽤を許可してください。」

躊躇うことなく領主の質問に答えた。

「そんな簡単な要求?すぐに使⽤できるように準備します」

作業は迅速に⾏われた。

テレポートゲートを待っている間、二人は⾐装を変え、損傷したローブを⽚付けた。

ロマンティカは懸念を話す。

「デジール、この影の世界の話が実際の歴史と異なるのは不思議じゃないかしら?」

その通りだった。

現実の世界では、ピュアウスの永遠の命の研究は⽇の⽬を⾒ることはなかった。

誤った過去を⽰した影の世界は、これまでに見たことがなかった。

別の過去を明らかにする影の世界の前例はありません。

「この影の世界で私たちが受けたクエストは、ホムンクルスを倒すこと。これは、ホムンクルスが排除された後にクエストがクリアされることを意味するはずです。しかし、続くクエストには、誰かがこの研究を現実の世界に隠したことを⽰しています」

「それは何故?」

「理由は分かりませんが、⽬的のために隠されていたとは⾔えないでしょう」

因果関係を操作するホムンクルスの⼒は、神の領域だった。

⼈の⼒では届かない段階。

もしホムンクルスがより⾼いレベルのマナサークルを持っていたら、想像を絶するほど強くなるでしょう。

「変数の数を減らす必要がある」

デジールは、予期せぬ場所から⽣じた別の問題に悩まされていた。

「しかし、今回の陰気な⽀持者を⾒つけることは・・・、どこから始めればよいのかさえ分からないわ」

「⼿がかりがあります」

それは壊れた⽔晶の欠片。

「それは?」

「マナ回路の初期形態。過去にマナを保存するためのツールとして使⽤されていた。ピュアウスはこれを実験に使ったと確信しています」

「そうなの?」

「現時点では、マナサーキットを作ることができる国は世界で1つだけ。その国は彼らの技術が漏れるのを防ぐためにマナサーキットの輸出を厳しく禁じました。その国は魔法の王国」

「つまり、マジックキングダムね・・・!」

メインクエストの最初の⽬的地もマジックキングダム!

「最初のメインクエストを進めれば、いくつかの⼿がかりが得られるかもしれません」

考えを整理した後、彼らはテレポートゲートに向かった。

 



 

  • 影の世界での5日目

デジールたちが影の世界に⼊ってから5⽇が経過した。

素晴らしい⽇差しに満ちた午後。

「メンテナンスを疎かにしないでください!」

「エンジン4はまだ不安定ですか?」

「私は間違いなくそれを検査し終えました。問題ありません」

兵⼠たちは皆素晴らしく、彼らのおかげで旅はスムーズに続いた。

アゼストは空いている椅⼦を⾒た。

それはデジールが以前座っていた場所。

彼がロマンティカを追うために⾶⾏船から⾶び降りたとき、最初は⼼配していたが、特別な通知がなかったので二人が安全であることを知っていた。

しかし、時間が経つにつれて、アゼストは再び⼼配し始めた。

二人はおそらく砂漠の真ん中に着陸したはず。

彼らが自力で飛行船に戻ってくるのは不可能でしょう。

これは、クエストがアゼストとプラムだけでクリアしなければいけないことを意味した。

すでに困難だったレベル3の影の世界は、さらに難易度を上昇した。

しかし、アゼストの心配事はそれではなかった。

問題は、クエストが完了するまで、デジールとロマンティカが安全を保つことができたかどうか。

限られた選択肢で、彼女ができる唯⼀のことは、彼らの脱出を容易にするために、このクエストをできるだけ早くクリアすることに集中することだった。

護衛任務を完了するという決意を固めた。

デジールを完全に信頼しているプラムは、世の中を気にせずに剣のスキルを磨くことに集中した。

ケイは、プラムが剣のスキルを磨くのを手伝ってくれた。

「ありがとう、ケイさん」

「問題ない。これは私にとっても有益ですから」

当然のことながら、剣のグランドマスターであるケイと⼀緒に練習することで、短期間でプラムの能⼒は⾶躍的に向上した。

 



 

無事にピュアウスを撃破したデジールたち。

けれど、彼の裏に潜む人物は分からないまま。

テレポートゲートも使用できるので、4人が揃うのも近づいているでしょう♪

帰還者の魔法は特別です【149話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は149話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は127話。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は66話。 続きを読みた...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...