帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【146話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は146をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は127話。 ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は127話。 ...

 




 

146話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【145話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は145話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • ホムンクルスの再生能力

(これが本当に錬⾦術の頂点なのか?)

ホムンクルスは、デジールの魔法に耐えるのに⼗分優れた体を持っている。

しかし、攻撃が続くにつれて、硬い体は少しずつ破壊されていた。

弱すぎる。

それは錬⾦術の頂点とはほど遠いもの。

【バーストファイア】

ホムンクルスの⽪膚にひびが⼊り、筋⾁が破れ、⾻は折れた。

圧倒的な力の差。

デジールは終わらせることを決めた。

【ウィンドプレス】

⾵圧で敵を強引に拘束する第2級呪⽂。

ホムンクルスは、⾵圧に打ち勝つことができず、壁に埋め込まれる。

【⽕の槍】

ホムンクルスに⽕の槍が突き刺さった。

激しい悲鳴が地下室を揺さぶる。

ピュアウスに注意を向けた。

「終わりです、ピュアウス。あなたが誇りに思っていたホムンクルスは破壊されまし。」

ホムンクルスが完全に消滅したという事実にもかかわらず、ピュアウスはまだ微笑んでいる。

「降伏してください」

「ハハハ。愚かな魔法使い。勝ったと思いますか?あなたは永遠の命の意味を理解していないのですか?」

「何?」

その時、埃の中で何かが現れた。

それはホムンクルス。

戦闘開始時に棺桶から現れたときと同じように、デジールに向かってくる。

まるで戦闘に参加したことがないかのように、無傷の状態で。

「再生・・・、いいや違う」

再⽣能⼒があれば、戦闘中に元に戻る気配を⾒せていたでしょう。

「再生以上の何か。ある種の魔法を使っているに違いない」

確証はない。

しかし、デジールの直感がそう訴えていた。

ホムンクルスに攻撃を仕掛ける。

確証が持てない場合は、もう一度鎮圧しなければいけない。

どんな力か知らないが、ホムンクルスはデジールの敵ではありません。

 



 

  • 知性の表情

デジールは考えを整理し終えた後、ホムンクルスに再び呪⽂を発動し始めた。

しかし、デジールの攻撃に反応して、ホムンクルスの体は一瞬で消える。

次の瞬間、左腕に鋭い痛みが。

途⽅もない痛みを感じたにもかかわらず、デジールは呪⽂を発動した。

激しい衝撃波がホムンクルスを襲い、近くの壁に埋もれる。

驚きを隠せなかった。

ホムンクルスの速度は、前回のと⽐較して⽐類のない速さだったから。

強化魔法によって反射神経と筋⼒が改善されたにもかかわらず、完全に反応することができなかった。

ホムンクルスは壁から脱出し、デジールを見つめる。

まるで観察しているかのように、それはじっと⽴っていた。

(何かが変わった)

以前は何も考えずに⾶び回ってた⽣き物は、今では知性の表情を持っている。

次に攻撃する最善の⽅法を検討しているかのように。

デジールは別の呪⽂を発動した。

同時に、ホムンクルスが動き始める。

⾮常に速かったので残像が残り、あちこちに残像を引き起こしていた。

攻撃を全て回避し、デジールに接近するホムンクルス。

当たらない。

この結論に達したとき、デジールは避けられない攻撃に全⼒を注ぐことにした。

[アイスクラウン]

それは第2級呪文の中でトップクラスの呪⽂の1つ。

「何!?」

しかし、その瞬間、ホムンクルスはデジールに向かってダッシュする。

攻撃魔法を直接受け続けながら。

防御魔法を解き放つ機会さえありません。

本能的に、デジールは⾝を守るために腕を上げた。

とてつもない衝撃が響く。

それに伴い、ローブのマナ能⼒が⼤幅に低下した。

気づけば、ホムンクルスが頭上から降りてくる。

[キザードのため息]

幸いなことに、かろうじて防御呪⽂を放つことに成功した。

しかし、ホムンクルスの継続的な攻撃は続く。

攻撃の嵐。

シンプルでありながら強⼒な拳のスイングとキック。

さらに、デジールの右側の視界が⼤幅に減少したため、近距離戦闘は彼にとって⾮常に不利でした。

 



 

  • 真の頂点

「このスピードに対応するためには・・・」

呪⽂が彼の前に配置される。

【⽔壁】

円筒形の⽔の壁を召喚し、四⽅をホムンクルスから遮断した。

【冬の氷】

周囲の⽔が凍る。

「Kiaaaaah︕」

ホムンクルスの体が、氷の壁に閉じ込められた。

【サモンライトニング】

第3級呪⽂。

激しい雷⾬がホムンクルスを⼀時的に閉じ込めていた氷の壁を襲う。

⼀瞬のうちに、激しい電流がホムンクルスの体に浸透した。

その威力は絶大。

デジールが予想したように、ホムンクルスの顔は⿊く焼けた。

「Khaaaaaak!」

それは痛みで叫んだ。

同時に、拘束していた氷の壁が壊れ、何千もの氷の破⽚が⾶び出す。

⻘い⼿が氷の破⽚を通り抜け、デジールに向かってくる。

(この能力は一体?)

理解できなかった。

ホムンクルスの回復力は、デジールの理解をはるかに超えており、彼の経験の範囲外でした。

再⽣や幻想ではない。

(⼀瞬のうちに、元の形に戻った)

まるで⾃然な状態のように。

デジールのマナだけが消費されていく。

【石壁】

⽯が地⾯から舞い上がり、道を塞ぐ。

ホムンクルスは気にせず、壁に向かって突進した。

頑丈な⽯の壁は、⼀枚の紙のように引き裂かれた。

「・・・!」

しかし、ホムンクルスが壁を突き破ったとき、デジールはそこにいなかった。

本能的に、頭上を⾒上げる。

デジールは崩壊する壁の上に⽴っていて、呪⽂の配置を終えたところだった。

[バーストファイア]

それぞれ異なる道を描いた数⼗の⽕の⽟。

ホムンクルスは⽕の⽟の弾道を読みながら後⽅に跳躍し、機敏に逃げる。

仮にダメージを与えたとしても、ホムンクルスは再⽣するでしょう。

事実上、デジールの攻撃は無意味。

[警告:ローブの残りのマナは20%未満です。防御能⼒は⼤幅に低下しました]

戦闘が⻑く続くほど悪化するだけ。

戦いの間、ホムンクルスはより⾼いレベルに成長し続けている。

このクリーチャーの攻撃と防御は⾮常に強力になった。

継続的に進化していることは明らかです。

戦えば戦うほど不利な状況。

デジールのマナは半分未満。

「このまま続けるとかなり危険です」

ホムンクルスの能⼒の本質が再生力であるならば、圧倒的な⼒で対処することが可能です。

残りのマナをすべて使い切った場合、完全に終わらせることができるかもしれません。

しかし、ホムンクルスの能⼒が再⽣であるとは確信できていない。

デジールの表情はゆっくりと歪んだ。

「なんて哀れなのだろうか」

ピュアウスは微笑んで、デジールの表情を楽しんでいた。

「この偉⼤な知恵さえ理解できないのはとても悲しいことです。少なくとも、この戦いであなたを圧倒している真実を知ってもらいたいのですが」

ピュアウスは恍惚とした⽬でホムンクルスを⾒つめていた。

「私がこの⽣き物に具体化した真実は、永遠の命だけではありません。これが錬⾦術の真の頂点です。その⼒は・・・!」

バァン!

爆発が部屋を揺さぶった。

第3級呪⽂を使って腕全体をホムンクルスから吹き⾶ばすことに成功した。

しかし、床に散らばっていた腕の破⽚はすぐに腕の切り口に付着し、腕を再形成する。

自分の⽬を疑った。

それは再⽣能⼒のようなものではありません。

時間を逆転させ、元の状態に戻す能⼒のように感じたから。

「あれは因果関係を制御している」



 

因果関係を操るとしたら、このホムンクルスには勝てないのでは?

倒れるたびに学習し強くなっていく特性。

何度攻撃してもすぐに再生する能力。

デジール一人で勝てるのでしょうか?

帰還者の魔法は特別です【147話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は147話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は127話。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は66話。 続きを読みた...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...