帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【145話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は145をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は127話。 ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は127話。 ...

 




 

145話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【144話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は144話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 新たなクエスト

「・・・」

研究室の奥深くに、デジールは向かう。

続く壁に書かれている被験者リスト。

その被験者は、年齢ではなく体質によって分類されてた。

⾎液型、錬⾦術実験を⽣き延びた男性、さらには第1級魔法使いに到達した男性など、さまざまな特徴によって被験者がリストされている。

⽣存者はいない。

しかし、その名前の中で、2つの新しく書かれているリストが見つかる。

第3級魔法使いの10代の⼥性、無防備。

第3級魔法使いの10代の男性、無防備。

「・・・」

しばらくの間、デジールの⼼臓は激しく⿎動した。

ピュアウスを決して許すことができなかった。

廊下の終わりに到達すると、そこは大きな円形の部屋に繋がっていた。

⼈体実験の状況を追跡するモニター、さまざまな試験材料でいっぱいの冷凍庫と棺、そして部屋の真ん中に⽴っている男性の姿。

彼の唇には薄暗い笑顔が浮かんでいた。

「あはははは、素晴らしい。ここまで来るとは思いませんでした」

錬⾦術師、ピュアウス・ニフション。

「私も感銘を受けました」

デジールはしっかりした口調で応える。

「あなたのようなゴミが自信を持っていることに」

「なぜ、そのような厳しい言葉を?進歩を遂げるためには、犠牲も払わなければなりませ
ん。私は崇⾼な真実に到達したのですから!」

「これが崇高?」

「ええ。進歩には⾼貴な犠牲が必要です。犠牲から得られた実験データがなければ、私は錬⾦術に⾰命を起こすことができなかったでしょう!あなたも世界に⾰命を起こそうではありませんか!」

指をデジールに向けながら、熱⼼に話しかけた。

「もう1つだけ犠牲を払う必要があります。第3級魔法使いの犠牲で、ようやく研究を終えることができます!⼈類が⻑い間追求してきた最⼤の真実の1つが、ついに明らかになることができます!この瞬間を⽬撃したくないですか?」

「・・」

デジールは質問に答える価値があるとは感じなかった。

代わりに、彼は嫌悪感に満ちた顔で呪⽂を向ける。

ピュアウスは必死に叫んだ。

「どうして!偉⼤なる真実を追いかけてみませんか?私の素晴らしい業績を称賛してみませんか?私は真実を明らかにすることに最も近いのです!世界の誰よりも!」

「殺人者の思考に同意する気はない」

ピュアウスは激怒する。

「⼈体実験は、⽣命を探求する上で避けられない要素です!」

「⼀つだけ質問を」

デジールから殺意が漏れ出した。

「あなたの妄想に同意し、喜んで実験に参加した⼈はいますか?」

「何?」

「誰かがあなたの偉⼤な「真実」を追求するために、あなたに加わったことがありますか?はっきり⾔います。誰かが喜んで、彼らの⼈⽣を捨てたのですか?」

「あなたは哀れだ。真実を追求する上で、そのような質問は無関係です!」

「・・・」

狂ったピュアウスと会話に、デジールは後悔した。

もはや会話を通して解決できるレベルではありません。

「残念です。結局のところ、あなたもアカデミーの教授たちと変わらない」

ピュアウスが話し終えると、通知が鳴った。

[レアヒーロー、ピュアウス・ニフションの悪⾏が検出された]

[ピュアウスに対するあなたの評判は「敵対的」に落ちた]

[ピュアウスの研究は将来、⼈類の⽂明に多くの進歩をもたらすだろうが、彼の研究には多くの犠牲者が必要]

[ピュアウスは⾃分の研究のために何でもする人物。あなたは彼の研究にとって重要な実験対象です。彼は⾃分の切り札を使ってあなたを実験台にするつもりです]

[ピュアウス・ニフションを倒してください]

 



 

  • 最高傑作

ピュアウスはため息をつく。

「残念です。あなたを納得させることができるとは思っていませんでしたが、このように終わらせたくありませんでした」

彼が⾔った通りです。

これ以上の会話は必要ありません。

デジールはすぐに呪⽂を解き放ち、影の世界が警告した切り札を解き放つ前に、ピュアウスを倒そうと考えた。

【チャージボルト】

ターゲットを気絶させる魔法。

その瞬間、実験室の中央にある棺桶が開き、⽣き物が⼿を伸ばして魔法をブロックした。

「・・・ああ、これが私の最高傑作です」

⼈間の形をした「何か」

⽪膚は⻘く、全⾝は⿂の鱗で覆われているように見える。

[錬⾦術の頂点に遭遇した:ホムンクルス]

[永遠の命を求めて錬⾦術の謎を⻑い間探求した後、ピュアウス・ニフションが到達した答え]

[あなたを攻撃した敵として認識しました]

デジールは驚いた。

(彼は失敗したはず・・・)

もし研究が成功していたら、ホムンクルスは最終的に発⾒され、歴史書に記録されていただろう。

この影の世界の歴史が現実との⼤きな違いを反映しているという事実に、デジールは困惑した。

「あなたは何について話していますか?私は実験に成功したと言ったはずです。適切に仕上げるための資料を⼊⼿できなかったとしても、あなたに対処するには⼗分なはず」

ホムンクルスが地⾯を蹴り上げる。

その速度は、さっき戦ったキメラの速度よりもはるかに優れていた。

「キーイーク!」

シンプルなスイングでしたが、スピードとパワーはルーククラスを上回り、純粋なパワーという点ではビショップクラスの攻撃レベル。

【バランス調整】

【筋⼒強化】

【視⼒強化】

【加速】

なんとか4種類の強化呪⽂を発動し、敵の攻撃を回避する。

続けて、次々と第3級の防御呪⽂を配置し始めた。

【キザードのため息】

【ファイアシールド】

防御魔法とホムンクルスがぶつかるたびに激しい衝突が起こり、天井から埃が落ちた。

 



 

  • vsホムンクルス

激しい戦いが続いた。

過去に数々の⽣死の危機を乗り越えてきたデジール。

しかし、⼀⼈でこのレベルの物理的能⼒を持った敵と戦ったことは⼀度もありません。

しかし、ホムンクルスは、これまで遭遇した典型的な敵とは決定的な違いがある。

「攻撃が⾮常に単調です」

ホムンクルスは腕を振ったり噛んだりする形でのみ攻撃を続けた。

距離感も掴めていない。

どんなに強⼒な怪物であっても、それをコントロールできなければ、役に⽴たない創造物。

多くの戦場を経験したデジールにとって、この戦いは簡単だった。

行動パターンを読み、本格的に動き始める。

[キザードのため息]

バァン!

[キザードのため息]は衝撃に耐えられず、粉々に。

防御魔法によって突進の勢いが⼤幅に低下した。

弱体化した突進を受けながら、デジールはホムンクルスの頭を掴む。

【重⼒制御】

重力が増したホムンクルスの頭を地面に叩きつけた。

別の攻撃が続く。

[ファイヤーボール]

数⼗の⽕の⽟が空中で形成され、ホムンクルスの体に衝突した。

「キアアアアアア!」

ホムンクルスは、攻撃から逃れるために拳を振り回したが、デジールの防御魔法によってブロックされる。

この戦いの主導権は、間違いなくデジールにある。

ホムンクルスの攻撃に冷静に反応し、その動きを封印した。

[バインド]

[アイスクラウン]

「キアアアアアア!」

悲鳴が爆発した。

ホムンクルスは打ちのめされていた。

⾮常に多くの魔法に⾒舞われたにもかかわらず、それはまだ何とか⽣き続けていた。

(それほど⻑くは続かないでしょう)

このまま倒せるとデジールは確信していた。

 



 

ピュアウスと敵対したデジール。

彼の生み出したホムンクルスは、今のところは驚異的に見えません。

このままデジールの圧勝?

それとも別の切り札をピュアウスは隠している?

帰還者の魔法は特別です【146話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は146話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は127話。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は66話。 続きを読みた...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...