帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【144話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は144をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

144話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【143話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は143話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • side ピュアウス

ピュアウスはかび臭い地下室で誰かと熱狂的に話していた。

「⼊⼿するのが最も難しい材料を⼿に⼊れたので、⽬標を達成するのにそれほど時間はかかりません」

[これは、私たちがこの研究に費やした⻑い⻑い期間の終わりを⽰していますね]

魔法装置を通して聞こえた声は⾮常に⼤きく、歪んでいて、ほとんど識別できません。

「それはあなたが私を助けるために最善を尽くしたからでしょう。教授を務めていても、これほどの⽀援は受けれませんでした。まさか、このような実験ができるとは想像もしていませんでした」

[神の意志に反することについてどう思いますか?]

「スッキリしました」

ピュアウスは、抑えきれない喜びを笑顔で表現した。

「スッキリしました!まるで⾶んでいるかのようです!もちろん、私がこの研究に注いだ⻑年の努⼒が報われたからではありません。復讐!私はついに誇り⾼き錬⾦術協会を粉砕することが出来るのですから!」

[油断しないでください。この研究が完了するまで最善を尽くしてください、永遠の命の偉⼤な探求者、ピュアウス]

謎の声は、はっきりとその意図を伝えた。

[約束通り、あなたの研究はあなたの名前で王国全体に公開されます。あなたは⼤陸で最⾼の錬⾦術師に。世界のすべての錬⾦術師。いいえ、世界中のすべての⼈間があなたを尊敬します]

「⼤きな名誉です」

通信は終了した。

「ハハハ」

ピュアウスは笑いだした。

狂気的な笑顔を抑えることができない。

考えただけで、体は燃え上がるほど熱くなる。

永遠の命。

伝説の王や哲学者が求めていた⼊⼿不可能なもの。

永遠に続く⼈⽣。

⾃然の摂理に反する⾏為。

「もうすぐ。もうすぐです」

この研究に何年投資したのだろうか?

私の願いを叶えるのはもうすぐ。

現状で、失敗の可能性はありません。

理論的には完璧なのだから。

後ほんの少しの資料が必要です。

ほんの少し。

長く手に入れることの出来なかった素材。

魔法を持っている⼈間の発⾒は、まったく偶然の出来事。

才能のある魔法使いのほとんどは、帝国のヘブリオンアカデミー、又は、権威ある機関に出向いているのだから。

「私はとてもラッキーです。素材が向こうからやって来たのだから」

第3級魔法使い。

最初は捜査官と勘違いをした。

しかし、それはピュアウスの妄想に過ぎなかった。

彼らが疑うことなく好意を受け入れるのを見て、内心で歓声を上げた。

すぐに捕らえて研究材料にしたかったが、彼は何度も何度も自分を抑え込んだ。

この絶好の機会を台無しに出来ません。

彼らが眠りにつくのを待った後、ピュアウスは彼らを追い詰めるためにキメラを解放したのだ。

「彼らは、より⼤きな真実に近づくために名誉ある資料素材として使⽤されるのだ」

彼らも喜んでくれるでしょう。

ピュアウスは心の底からそう考えていた。

これで終わりだと思ったのに・・・。

 



 

  • 最後のカード

[キメラ1号機が破壊された]

キメラの⽣体認証に合わせたセンサーからアラームが鳴る。

「え?」

1号機はピュアウスが魂を注ぎ込んだキメラ。

最初のキメラの1つであり、最も弱いものの1つでしたが、第3級魔法使いを簡単に虐殺するのに⼗分な強さ。

このキメラを送って、男性魔法使いから貴重なサンプルを回収する予定でした。

彼はぐっすり眠っていたはずなのに?

答えは1つだけ。

「彼は警戒していたのか」

【キメラ2号機が破壊された】

⼥性の寝室に送られた2号機も破壊された。

そして間もなく、完璧なキメラである3号機も破壊されました。

「・・・」

3号機は、これまでに制作した中で最も強⼒なキメラ。

帝国騎⼠に匹敵する⼒を持ったキメラです。

ピュアウスは⾃分が置かれている状況を信じることが出来ずにいた。

[キメラ4号機が破壊された]

「馬鹿げている!」

机を叩いた。

「キメラは兵士のように使い捨てではない!」

捜査官に反撃するために、キメラたちを準備しました。

それらは無駄に消費されることは想定されていません。

「いいえ、まだ慌てる必要はありません」

客観的に状況を判断したいのなら、プライドを抑える必要があった。

ピュアウスは油断していた。

二人がこれほど強力な魔法使いとは。

嫌な予感がする。

自分は触れてはいけない何かに触れたのでは?

彼らはどんどん研究室に近づいている。

状況は完全に覆され、ピュアウスは狩る側ではなく、狩られる側の⽴場
になった。

「不味い。本当に不味い」

ため息をついた。

あれは不完全だが、この状況ではそんな事を言ってられません。

彼は最後のカードを出すことにした。

 



 

  • 人体実験

研究室を守っている2匹のキメラを殺したデジールとロマンティカ。

研究室は寒くて暗かった。

[ライト]

魔法の光が周囲を照らす。

ピュアウスの気配はありません。

「秘密の通路があるに違いありません。ロマンティカ、魔法を使って空気の流れのある隙間を探しましょう」

突⾵が実験室を吹き抜け、ロマンティカはクローゼットを指さした。

「こっちよ」

クローゼットを押すと、暗闇の奥から階段が現れる。

常に警戒心を持って階段を降りると、信じられないほど広々とした部屋にたどり着いた。

「邸宅の地下にこれほど多くのスペースがあるなんて」

さらに驚いたのは、この地下施設は、100年前に建てられた実験室とは考えられないほど優れた品質であったこと。

近代的な施設に遅れをとっていません。

どこかから声が聞こえる。

「・・・だ、誰か・・・?」

男の震える声には恐怖が⼊り混じっていた。

「私たちは錬⾦術師を殺すために来た魔法使いです」

「あなたはクソ錬⾦術師を殺すために来たのですか!?」

デジールの動機を聞いて、男は必死に叫んだ。

「私を救ってください!私はここにいます!」

廊下の両側に並ぶ⿊いガラスの壁の内側から声が聞こえた。

「あなたはガラスの中にいるのですか?」

「壁にボタンがあります」

ボタンを押した後、ガラスのドアが開いた。

現れたのは、針金で縛られた男の姿が。

「・・・!」

ロマンティカはショックから⼩さな悲鳴を上げた。

彼の腕は⽯炭のように⿊くなり、顔の半分はひどいしわで覆われていたから。

男はかろうじて⽣きていた。

【アイスカッター】

氷でできた刃が鉄の棒を折って、男の⼿⾜を縛っている束縛を切り落とした。

「ありがとうございました。私は死ぬだろうと思っていた」

男の⽬から涙が流れた。

「もう⼤丈夫です」

彼の体のあちこちに注射器で刺された傷跡が残っている。

「ここで⼈体実験が⾏われたのですか?」

デジールは重い声で尋ねた。

男の体の状態と精神状態から判断すると、彼は明らかに⾝体的虐待を受けていた。

「はい、私は主に会うために邸宅に⾏きました。しかし、⽬を開けるとここに・・・。その⽇以来、私は地獄のような⼈⽣を送ってきました」

男は震え、何が起こったのかを思い出した。

「錬⾦術師は私たちに薬を注射し、私たちを観察しました。彼は悪魔の化⾝です」

「私たち?」

ロマンティカの顔は⻘ざめた。

「ここにはもっと⼈がいるって⾔ってるの?」

「何⼈いるのか分かりませんが、叫び声が聞こえてきたので、かなりの数の⼈が捕
らえられたに違いありません」

「・・・」

「ロマンティカ、彼と残りの⽣存者をここから連れ出してください。その間に、私は錬⾦術師に対処します」

「デジール!」

ロマンティカは彼を⽌めようとした。

「私たちは役割を分担する必要があります」

「⼀緒に・・・」

「ピュアウスが何をするかはまだ分かりません。私が彼を⽌めますので、できるだけ早くキメラを殺し、私を助けに来てください」

「・・・分かったわ」

ロマンティカは男性を⽀援し、残りの⽣存者を⾒つけるために去った。

廊下を歩き、ガラスの壁にある⼿書きの⽂章を発見する。

40代の⼥性。

40代の男性。✖️

50代の女性。

50代の男性。✖️

✖️記号の意味。

それは死の証でした。

 



 

ピュアウスはデジールたちを実験材料に狙っていたのですね。

彼と通信をしていた人物は誰なのでしょうか?

そして、ピュアウスの実験は非道でしたね・・・。

これ以上の犠牲を出さないためにも、速やかに彼を倒して欲しいです!

帰還者の魔法は特別です【145話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は145話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...