帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【143話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は143をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

143話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【142話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は142話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 永遠の命の真実

【未知の条件が満たされました】

【メインクエスト「永遠の命の真実」が始まります】

【デザートフラワーに住む錬⾦術師ピュリアス・ニフションが何かを隠しています。彼は、不明な理由であなたの⽴場を確保しようとしています。彼の攻撃を阻⽌し、撃退してください]

ロマンティカは、表示された警告に慌てた。

受注する予定のないクエストが、自動的に進行していたから。

彼女は驚きの声でデジールに尋ねる。

「これはどういうこと?」

「世界に影響を与えているのは私たちだけではない。影の世界のキャラクターの行動によって、クエストが⾃動的に進⾏する場合があるんだ」

デジールは苦笑いを浮かべていた。

2番⽬のメインクエストを発動にするということ。

それは、この影の世界をクリアするための条件が少なくとももう1つあることを意味した。

すでに始まっているメインクエストをキャンセルする⽅法は存在しない。

唯⼀の選択は、この2番⽬のメインクエストを続⾏すること。

「ピュリアスは無意識のうちに、私たちをこのクエストに追いやったので、プラムとアゼストと再会する前にクリアする必要があります」

「そうね」

地⾯を⾒下ろす。

⽉明かりに照らされたモンスターは⾮常に恐ろしい形をしていた。

様々な異なる⽣き物の体の部分のハイブリッド。

キメラ。

様々な⽣命体を組み合わせて作られた⽣きる兵器。

「もしキメラが私たちに忍び寄っていたら、私たちは死んでいたでしょう」

キメラは彼らが眠っている間に攻撃する機会を探していたのだ。

幸いなことに、デジールは[検出]呪文を通してキメラの接近を検出できた。

ロマンティカの部屋に向かって⾛り、彼⼥を標的にしていた全てのキメラに対処した。

キメラの⾏動理由を知りませんでしたが、キメラの標的が彼らの命であることは明らか。

「考えるのは後にしましょう。最初にここから出たほうがいい」

戦略的な場所に設置されていたデジールの防御呪⽂は、キメラを検出し、強⼒な信号を送信している。

彼らには、おしゃべりする余裕はない。

その上、彼らはこのクエストを終わらせるためにピュアウスと戦わなければなりません。

 



 

  • vsキメラ

ロマンティカとデジールは⽉明かりの助けを借りて廊下に沿って動き始めた。

住居は迷路のように複雑で、正しい道を⾒つけるのは簡単なことではありません。

「ロマンティカ、戦いの準備を」

行動を開始して間もなく、別のキメラが出現する。

3階の部屋から何かが這い出た。

半分壊れたドアの隙間に、誰かの⼿と⾜のように⾒えるものが。

(・・・彼らは使用人の命を気にしないようです)

このモンスターは、これまでに遭遇したキメラとは異なる形をしていた。

キメラは無敵に⾒えるかもしれませんが、実際には、ほとんどのキメラは、バランスを維持するのに苦労していた。

組み合わされた体の部分は簡単に崩壊する可能性があるため、キメラを作成することは簡単な作業ではありません。

しかし、ピュアウスによって作成されたキメラの体は⾮常にバランスが取れていたのだ。

デジールが呪文を発動する。

【エレクトリックボルト】

第2級呪⽂。

電撃が発生する。

しかし、キメラには効果のないように見えた。

頭を下げて刃を回避する。

キメラはすごいスピードで壁を登った。

「キーイェク!」

刃の速度と、キメラの反応速度は目を見張るものだった。

「どうしてこんなに速いの!?」

幸いなことに、ロマンティカは防護服を着ていた。

そうでなければ、その強⼒な攻撃は彼⼥の腕を引き裂いていたでしょう。

「強い!」

デジールは眉をひそめた。

「厄介な敵だな」

⽐類のないスピードに依存したボディ構造。

信じられないほど素早い動きを可能にするフレームと、⼀瞬で⼤きなパワーを可能にする機械的なサポート機器を備えていたため、簡単に対処できるキメラではありません。

罪のない⼈々がまだ住居の中にいる可能性が⾼い。

⽕の呪⽂を使⽤したり、他の強⼒な呪⽂を解き放つと、住居が崩壊した場合に⼤きな
巻き添え被害を引き起こす可能性があります。

「それなら・・・」

デジールは様々な呪⽂を配置し始めた。

「別の⽅法を使⽤する」

[ウォーターウォール]

第2級呪文。

⽔の壁が噴出した。

超⾼速で移動するキメラは、真っ先に⽔の壁に激突する。

しかし、ダメージは受けていません。

キメラがその壁を突破することはそれほど難しいことではないでしょう。

その巨⼤な姿が再び⽔の壁に激突したとき、⽔は四⽅⼋⽅に⾶び散った。

「ロマンティカ!」

【冬の寒さ】

⽔の壁が⼀瞬で凍り、それを通り抜けようとしていたキメラが閉じ込められる。

彼らはこの瞬間を待っていた。

ロマンティカは躊躇うことなくライフルをキメラに向ける。

バァン!

キメラは強くて丈夫だったが、⾄近距離でのショットには耐えられなかった。

キメラの頭が爆発する。

短い時間だったが、彼らはそれに見合わず苦戦した。

「お疲れ、デジール。住居の外に出てみない?」

ロマンティカは窓を指差しながら提案する。

「⼒をコントロールしながら戦うのは大変よ」

間違いなく、この邸宅は彼らにとって不利な戦場でした。

彼らが⼼に留めておかなければならないことが多すぎる。

「邸宅の外でどのように対処する?」

「もちろん、強⼒な呪⽂を使ってそれらすべてを⼀度に処理するわ」

「じゃあ、その後どうする?」

「その後?」

「私たちは、敵があと何⼈いるか分からない状況にあります。しかし、ロマンティカはすべてのマナを使い、切り札を公開するべきだと思っているの?次に何が起こるかをどうやって知るのですか?」

「それは・・・」

彼⼥はそんなに先のことを考えていなかった。

「ロマンティカ、敵の正確な強さを理解していないときは、最悪のシナリオを考えて、⼒を節約し、隠れることをお勧めします」

「分かったわよ」

 



 

  • ピュアウスの研究室へ

この後、同様の状況が繰り返された。

デジールとロマンティカは、防御呪⽂を使⽤することにより、多くのキメラが存在するエリアを巧みに回避した。

どんなに強くても、キメラたちはチームワークを圧倒することはありません。

「ピュアウスはまだ私たちを捜査官と間違えている可能性があります」

デジールは、3番⽬のキメラを倒した後にそう推測した。

「彼がまだ私たちが捜査官だと思っているのなら、キメラを作っているという事実を隠そうとしていると思いませんか?」

ロマンティカの言葉は正しい。

しかし、デジールは⾸を横に振って、彼⼥の憶測を否定した。

「いいえ。彼が私たちが捜査官だと思っていたとしても、このように⾏動している理由ではありません。彼は私たちがこの場所を離れることを切望していることを知っています、そして、彼は私たちをこの場所に留まらせた人物でもあります」

彼が⾔った通りです。

ピュアウスは、二人の⽬標ができるだけ早く街を離れようとすることを知っていた。

もし危険だと感じたら、彼はテレポートゲートの承認を得て、すでに彼らを送り出したでしょう。

最初からデジールとロマンティカをターゲットにしていたという仮定にさらに信頼性を追加した。

「・・・彼に直接会えば、その理由が分かるはず」

探索は続いた。

すでに研究室へ向かっていたので、先に進むことは難しくありません。

ついに研究室に到着したとき、2匹のキメラが待っていた。

これは正しい道である可能性が⾮常に⾼いようです。

キメラが守っていたのは、ピュアウスが実験室にいることを明らかにしていた。

 



 

突然の襲撃。

そして、キメラの登場。

これらはピュアウスの仕業なのでしょうか?

キメラに対しては、デジールとロマンティカの連携で難なく撃破していますね♪

帰還者の魔法は特別です【144話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は144話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...