帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【142話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は142をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は127話。 ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は127話。 ...

 




 

142話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【141話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は141話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 2番目のメインクエスト

2番⽬のメインクエスト。

つまり、影の世界をクリアする別の⽅法があったということ。

しかし、デジールは2番⽬のメインクエストを進めたくなかった。

それに伴う問題が多すぎたから。

レベル3の影の世界をクリアするのは簡単ではない。

現状はプラム、アゼストの二人と合流する方が優先。

1番目のクエストをクリアする⽅が良いと判断して、デジールは急いで話題を変更した。

「主に会うためにはあなたの承認を得る必要があると聞きました」

「そうでしたか。なぜこの街に?」

「テレポートゲートを使用したいのです」

「ゲートを?」

「はい。私たちは砂漠を旅していた傭兵ですが、モンスターの攻撃でパーティから離れてしまったのです。合流するにはテレポートゲートを使う必要があります」

デジールの目的は隠すものではないので、彼は正直に説明した。

錬⾦術師はうなずく。

「ご存知かもしれませんが、そのような個⼈的な理由でゲートを使⽤するための承認を得るのは難しいでしょう」

それは正しかった。

テレポートゲートは誰もが使⽤できるものではありません。

本来なら主の許可を得ずにゲートを通る必要がある。

王室のバッジ。

皇帝がテレポートゲートへのアクセスを許可したという証拠。

しかし、それは記録を残すでしょう。

それ以上の調査は、最終的に疑惑を引き起こすはず。

デジールはリスクを最⼩限に抑えたいと考えている。

「しかし、あなた方は悲惨な状況にあるようです。私から主に交渉しましょう。あなたの仕事が私に関係していると言えば、きっと彼は理解するでしょう」

錬⾦術師の申し出に⾮常に感謝した。

「安心したわね、デジール」

ロマンティカはデジールの背中を叩いた。

錬⾦術師の⽅を向く。

「とても感謝しています」

「⼀緒に真実を求める⼈々として、私たちは困っているときに互いに助け合う必要がありますから」

錬⾦術師は話を続ける。

「主を説得して⼿続きをするのに約1⽇かかります」

錬⾦術師は⾃⼰紹介する前に頭を下げた。

「私の名前はピュアウス・ニフションです」

頭の中で警報が鳴る。

[レアヒーロー、ピュアウス・ニフションに出会った]

[彼は新しいメインクエストの重要⼈物です。彼についてもっと学んだ後、メインクエストに⼊ると、彼の研究資料がクエストの進⾏の重要な要素になります]

[あなたに対するピュアウスの親和性は現在「通常」]

 



 

  • ピュアウス・ニフション

「ピュアウス?」

それを聞いて、ロマンティカは驚いて叫んだ。

デジールも同様に。

ピュアウス・ニフション。

彼は歴史書に残るほど有名な錬⾦術師。

100年前に活躍した錬⾦術師であり、彼は⼀⽣を永遠の秘密の研究に捧げてきた。

研究は最終的に失敗したが、彼の発⾒は医学の発展に⼤きく貢献した。

さらに、魔法を錬⾦術に取り⼊れようとした彼の研究は、魔法⼯学に⼤きな影響を与えたのだ。

錬⾦術で成果を残すことはできませんでしたが、彼はすべての分野で技術開発に⼤きく貢献した⼈物としての地位を残す。

(彼が本物なら、なぜ⼀⼈の錬⾦術師が多くの権限を与えられているのかは理解できる)

彼は錬⾦術で⼤きな成果を上げていませんでしたが、傑出した⼈物であったという事実は否定できません。

「私はディー・ネブシロンです。ディーと呼んでください」

「そちらの令嬢は?」

「私はリン・ミアートです」

「ご存知のように、デザートフラワーシティの状況は、部外者としてここに滞在するのは簡単ではありません。主の許可を得るので、その間はお気軽に私の住居に滞在してくだい」

断る理由もない。

すぐに、ピュアウスは使用人に二人のための部屋を準備するように命じた。

それほど⼤きな邸宅ではありませんでしたが、かなり複雑な構造です。

使用人がいなければ、彼らは簡単に迷⼦になっていたでしょう。

ロマンティカは3階の部屋、デジールは2階の部屋を割り当てられる。

短い休息を楽しんだ後、使⽤⼈は彼らを⾷堂に導く。

食事は複数の豪華なコース料理。

街で味わったものとは異なり、⾷べ物はかなりエキゾチックでした。

砂漠でできるだけ⻑く⾷べ物を保存するために、さまざまなスパイスで調理されたと説明される。

会話を主導したのは主にピュアウス。

使⽤したスパイスの説明から始めて、彼は多くの興味深い話を語りました。

⼣⾷が終わる頃には、外は夜でした。

ロマンティカは⾮常に幸運だったかのように話した。

「彼がテレポートゲートを使うのを⼿伝ってくれているだけでなく、滞在する場所も与えてくれているとは信じられない」

「本当だな」

ピュアウスがいなかったら、彼らは快適に街に滞在することができなかっただろう。

混沌とした時代に部屋を確保できることさえ保証できません。

「しかし、私を悩ませていることが1つあります。・・・システムは、新しいメインクエストに⼊る可能性があると⾔っていました・・・。デジールはどう思う?」

「おそらく錬⾦術師と関係があるのでしょう」

デジールも興味はあった。

2番⽬のメインクエストは⼀般的ではなく、クエストを通じて、彼らは世界に明らかにされていない歴史的事実を発⾒する機会があるのだから。

学問に投資した⼈にとって、それは⾮常に興味をそそる機会。

しかし、デジールは自分の好奇⼼を満たすために命を危険にさらすほど愚かではありません。

「2⼈で新しいクエストをクリアしようとするのは危険すぎます。今は2番⽬のメインクエストを忘れて、プラムとアゼストを⾒つけることに集中しよう」

「あなたがそう望むなら、仕方ないわね」

彼らは2番⽬のメインクエストを忘れることに同意し、それぞれの部屋に戻った。

 



 

  • 警報

「・・・起きて」

何かが彼⼥の頬を少しずつ動かすのを感じて、ロマンティカは⾝をよじる。

もっと眠りたいのに、何かが邪魔をする。

目を覚ますことを拒否すると、何かが激しく彼女を揺さぶった。

「ロマンティカ、起きてください」

それがデジールの声であることに気づいた瞬間、ロマンティカは一瞬で⽬が覚めた。

「ま、真夜中に何の用?」

「慌てる時間はありません。急いで、ローブを着てください」

どれほど深刻であるかを判断した後、彼⼥はうなずく。

ロマンティカの準備ができていることを確認した後、デジールは彼⼥に話しかけた。

「事前に警告しますが、それほど驚かないでください」

ドアを開けた瞬間、ロマンティカが恐怖で凍りついた。

彼の警告は無意味だった。

そこにはグロテスクな怪物が置かれている。

何かが怪物の胸に突き刺さっていた。

それはデジールによって殺害されたことは明⽩。

光が当たってその形を明らかにした瞬間、警報が鳴った。

[あなたは2番⽬のメインクエストに⼊りました]

 



 

二人目のレアヒーローが登場しました。

ヒーローと言うことは、ピュアウスはデジールたちの味方なのでしょうか?

現在の状況では不明ですね・・・。

そして、何故か強制的?に入ったメインクエスト。

一体何が起きているのでしょうか?

帰還者の魔法は特別です【143話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は143話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は127話。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は66話。 続きを読みた...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...