帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【141話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は141をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

141話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【140話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は140話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 動揺するロマンティカ

太陽の熱は強烈だ。

⾔うまでもなく、⽇中の砂漠の暑さは極限と化している。

砂は熱く沸騰していて、呼吸するたびに乾いた空気が喉を燃やす。

さらに悪いのは気温の変動。

昼間は暑かったが、⼣⽅になると気温は氷点下まで下がる。

砂漠の気候は、単に住みにくい環境でした。

デジールとロマンティカはその砂漠を歩き続けた。

⾜が痛むと休憩し、⽔が必要な場合は魔法で作る。

砂漠を旅したすべての⼈にとって、⽔を⾒つけることが最⼤の問題点。

しかし、⽔の魔法を呼び出す⽅法を知っている魔導士がいれば、それについて⼼配する必要はありません。

ロマンティカは、デジールの背中をじっと⾒つめていた。

話そうとして何度か⼝を開けたが、毎回諦める。

すでに感謝の気持ちを表す適切な時期を逃していました。

1つの明らかな事実が彼⼥を揺さぶった。

(彼は私を救うために命を賭けた)

デジールがすぐに⾶び込んでいなかったら、彼は間に合わなかっただろう。

簡単に⾔えば、躊躇う瞬間がなかったということ。

ロマンティカはこの事実を思い出すたびに、まるで太陽の温度が上がったかのように顔が赤くなった。

その間も、デジールは次の行動について考えていた。

(今回は予想外だった)

この時点では、彼らはまだ任務を引き受けている⾶⾏船にいるはず。

他の脅威はあったかもしれないが、今回の影の世界はグランドマスターの助けを借りて簡単にクリアできたでしょう。

流石のデジールも、今回の状況は想定していなかった。

「彼らは途中で休憩すると⾔っていました」

それがおそらく⾶⾏船に戻る唯⼀のチャンス。

問題は、彼らが時間内にその都市に到着できるかどうか。

「徒歩で⾏くことは不可能だ」

⾺⾞に乗っても希望はありません。

その場合、1つの選択肢しかありませんでした。

「この辺りのどこかに都市があったはず・・・」

⾃分の⽅位を⾒つけるために地図を思い出そうとしたとき。

「デジール、あれは何?」

ロマンティカが指していたところに巨⼤な建造物が⽴っていた。

それは電柱のように見えた。

「エルメスの翼。あれは魔法の電柱です。コミュニケーション魔法の開発前に帝国によって頻繁に使⽤されました。コミュニケーション以外にも色々な⽬的で使われています。これにより、魔法のネットワークを都市間で接続できるようになりました」

「あの電柱が都市を結びつけているとは信じられないわ」

「現実的に⾔えば、⼈々が住む全ての場所を繋ぐことは不可能です。そのため、⼤都市の外でそれらを⾒るのは⾮常に稀だよ」

南砂漠には⼤都市と呼べる場所が1か所しかありません。

「デザートフラワーシティはこの辺りにあるに違いありません。電柱が繋がる場所を辿ればそこに着きます」

デジールは安堵のため息をついた。

デザートフラワーシティだったとしたら、パーティが再編成できる全ての条件が整っていることは間違いありません。

この機会を逃したなら、おそらく別の機会はないでしょう。

「ここにテレポートゲートがあるに違いない」

現代とは異なり、テレポートゲートに出くわすことはほとんど不可能でした。

しかし、デザートフラワーシティでならば、ゲートは存在するはず。

「再編成後、テレポートゲートを使⽤します」

次の⾏動⽅針を決定した後、彼らは再び猛暑の中、電柱に向かい始めた。

 



 

  • デザートフラワーシティ

デザートフラワーシティに到着し、警備兵による検査が必要でした。

しかし、デジールとロマンティカ事前に主要な期間毎にIDカードを作成していました。

市内のほとんどの建物は、岩を削ったり砂を固めたりして建てられている。

「デジール。皆が私たちを⾒つめ続けてる」

二人は⿊い制服を着ていたので、それは予想されていた。

服装も⾊も砂漠の環境には不向きだったから。

着替えるために服屋に立ち寄るが、商⼈は明らかに部外者に対する敵意を浮かべていた。

彼は地元の⼈々の2倍のお⾦を払うよう要求する。

ここで事件を引き起こす結果を検討した後、全額を⽀払うことを決めた。

少し溶け込んだ後、二人は近くのレストランに⽴ち寄って⾷事をした。

何かがおかしい。

レストランには多くの席がありましたが、誰も近くに座っていません。

デジールは従業員を呼びました。

「なぜここにいるみんなが部外者をとても警戒しているのですか?」

「あなたのような部外者の前で喋ることはできません」

「もう⼀度考えてみることをお勧めしますよ」

彼に10シルバーを投げる。

従業員はすぐにそれを取り、誰もが気付く前にそれを隠した。

「最近、不思議な失踪が増えているからです。毎晩、一つずつ消えていきます。⾒知らぬ⼈には⽤⼼せざるを得ません」

「そうですか」

それが事実なら、彼らの敵意は当然の事でしょう。

できるだけ早く、この場所を去る必要があると判断した。

「主の城に⾏きたいのですが?」

「北の市場を通り抜けて右に曲がってください。しかし、主に会う前に、賢者に会わなければなりません。私たちのような平民は、賢者の承認を得ない限り、彼に会うことはできません」

「賢者?」

「鉛を⾦に変える素晴らしい賢者です。魔導士でさえそれを⾏うことはできません」

その後、デジールはさらに情報を得ることができました。

従業員が⽴ち去ると、ロマンティカが囁く。

「その賢者は間違いなく錬⾦術師よ」

錬⾦術師。

錬⾦術が魔法に取って代わられたので、そのような職業の⼈々はほとんど姿を消した。

錬⾦術の基礎は魔法にも適⽤できるので、錬⾦術のアイデアは今も⽣き続けています。

しかし、現代におけるその⽤途は限られていた。

相⼿が誰であるかに関係なく、二人には選択の余地がありません。

テレポートゲートを使⽤するために主から承認を得るのが通例なのだから。

彼らはこの賢者に会うしかないようだ。

 



 

  • 賢者の家

デジールとロマンティカは最初に賢者の住居に向かった。

賢者の家は⾮常に広⼤でした。

それは主の城の真正⾯にあり、それを通り抜けずに主に会うことは構造的に不可能。

彼らの前には⻑い列があり、それを⾒ただけでため息をつく。

約1時間経ち、正⾨を通過しようとすると。

マナ検出器がゲートに設置されていることを確認できた。

(彼らは魔術師が現れるのを待っていたのだろう)

案の定、使⽤⼈の1⼈が近づいてきた。

「お⼆⼈はこちらへどうぞ」

二人は列を脱出し、住居の裏⼝を通り抜け、⼤きな部屋に到着した。

そこで、使用人は頭を下げた。

「私の主⼈があなた方を待っています」

部屋に⼊った瞬間、⽕薬の匂いが漂った。

部屋は様々な溶液と⾦属で満たされている。

研究室のように⾒える部屋から、男が挨拶した。

「すべての商品の創造物があなたと共にありますように」

「・・・?」

「これは錬⾦術師の挨拶です」

「そうですか」

二人も彼に挨拶するために頭を下げた。

「誰もが主に会う前に錬⾦術師から承認を得なければならないので、主はあなたに多くの信仰を置かなければなりませんね」

「その通りです。私がいるので、街はスムーズに稼働しているのですから」

「あなたが⾦を作ると聞きました。私の理解では、⾦を作ることは⾮常に⾼度な錬⾦術の形のようです」

錬⾦術師は笑った。

「すべては合法的な調査を通じて実施されています。これらは研究中に使⽤された資料です。お気軽にご覧ください」

彼に提⽰された⽂書をぼんやりと⾒つめる。

「私にこれをすべて⾒せている理由は何ですか?」

「え?」

男の顔は⼀瞬固くなった。

それから彼は爆笑し、デジールに提⽰した書類を⽚付けた。

「ははは、あなたが好奇⼼をそそられると思いましたから。彼らはそれを魔術師の知識への渇望と呼んでいませんか?」

知識への渇望?

それは馬鹿げた⾔い訳。

男の⾏動が何を意味するのかをすぐに理解した。

(彼は私たちを捜査官と間違えたのだろう。彼が罪を犯していることがあるに違いない)

ちょうどその時、アラームが鳴った。

[2番⽬のメインクエストが検出されました]

[今のところ、それはただの予感です。より詳細な情報を収集することで、新しいメインクエストを開始することができます]

 



 

動揺するロマンティカは可愛いですね♪

二人は無事に合流できるのでしょうか?

しかし、その前に第2のメインクエストが発生しました。

このクエストは彼ら二人でクリアするのでしょうか?

帰還者の魔法は特別です【142話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は142話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...