帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【140話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は140をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は127話。 ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は127話。 ...

 




 

140話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【139話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は139話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 飛行船上の戦い

仲間の死を⽬撃した兵⼠たちは、緊張の表情を浮かべる。

彼らができる唯⼀のことは、槍と剣を使ってワイバーンが⾶⾏船に損害を与えるのを阻⽌しようとすることだけ。。

しかし、彼らの武器は、機敏なワイバーンの攻撃を阻⽌するのに⼗分ではありません。

⾶⾏船の甲板上の戦場はすぐに混沌と化す。

再び、別の兵⼠がワイバーンに奪われた。

ワイバーンが空に⾶び上がろうとした瞬間、プラムが⾜を切り落とす。

甲板に倒れた兵⼠は、呆然とした顔をしていた。

「ああ・・・」

「惚けていないで、陣形を保ってください!」

プラムはそう叫んだ直後に、兵⼠に急降下したワイバーンを攻撃することに焦点を合わせた。

彼のレイピアは、容赦なくワイバーンの翼と脚を貫く。

ワイバーンたちの目標がプラムに集中した。

彼らは、プラムが危険な敵であると判断したのでしょう。

[凍った囁き]

アゼストは凍てつく呪⽂でワイバーンを驚かせた。

ワイバーンはもはや兵⼠に近づくことができません。

[サモンライトニング]

「キャアック!」

感電したワイバーンが空中から転落し、デジールの⾜元に落ちた。

痛みがあっても、ワイバーンは尻尾を彼に向けた。

攻撃を簡単に回避した後、デジールは呪⽂を発動し、すぐに殺した。

ほぼすべてのワイバーンを殲滅するまで、それほど時間はかかりませんでした。

死傷者は2⼈いたが、状況がどれだけ危険であったかを考えると、彼らができる最善の仕事でしょう。

状況が終わりに近づいたように⾒えたとき、奇妙な⾳が鳴り響く。

デジールは曇り空を⾒上げた。

【フクロウの幻視】

魔法を使って空を観察していると、違和感に気づく。

「ユニークモンスター」

デジールの呟きを聞いて、兵⼠たちはパニックになる。

ユニークモンスター。

これらの⽣き物は、物理的にも知的にも、通常の同等モンスターよりもはるかに優れた存在に成⻑する。

この状況がどれほど危険になったかを完全に理解して、兵⼠たちの顔は一瞬で⻘ざめた。

「上から船に近づいています!」

魔導士は急いで魔法を唱えるが、ワイバーンは魔法を無視して⾶⾏船に向かって⼝を開く。

「不味い」

⾒た⽬から判断すると、かなり強⼒なブレスでした。

⾶⾏船に直撃した場合、墜落は避けられません。

「選択の余地はないな」

デジールがしぶしぶ呪⽂を唱え始めると・・・。

「みなさん下がってください」

⾮常に穏やかな声。

ずっと⾒守っていたケイは、すでに剣を抜いていた。

剣を包むオーラは燃え上がり、すぐにそのエネルギー⾃体を圧縮した。

完璧なオーラブレード。

ケイが剣を振ったと同時に、ワイバーンがブレスを吐く。

ブレスは真っ二つに割れ、ワイバーンはオーラによって引き裂かれた。

彼は強かった。

なぜ彼がグランドマスターの称号を授けられたのかについて⼗分な証拠。

「今は彼を称賛する時ではない」

デジールは状況を調べた時、彼は驚いて叫ぶ。

「ロマンティカ、後ろ!」

彼⼥のすぐ後ろにワイバーンが。

 



 

  • 落下

ロマンティカは振り返ったが、すでに⼿遅れだった。

ワイバーンは彼⼥を掴み、⾶び上がる。

八つ裂きにされた兵士の光景を思い出す。

彼女の顔が青ざめた。

[ウィンドカッター]

信じられないほどのスピードで呼び出されたロマンティカの魔法は、ワイバーンの⾜を切り落とした。

拘束を逃れて⾃由を取り戻したとき、彼女は喜んで微笑む。

しかし、その笑顔はすぐに消えた。

ロマンティカは落下していた、地上数万フィートから。

「きゃああああああ!」

砂漠の風景が急速に拡大していく。

失神しそうになる自分を何とか震え立たせる。

「諦められない。ここで意識を⼿放すと死んじゃう」

どうにかして解決策を考え出さなければなりません。

「浮揚呪⽂・・・」

名前のとおり、物体を地⾯から持ち上げる魔法。

しかし、⾼⾼度から落下する不安定な物体を浮揚させようとすることは、ロマンティカのスキルでは困難でした。

「でも、最終結果が同じになるのなら・・・」

墜落するまでの時間はあまりない。

ロマンティカは深呼吸をして決意する。

「やるしかない!」

呪文が完了すると、彼⼥の体は浮き始めた。

左から右へ、上下へ、彼⼥の体は狂ったように振り回される。

⼀瞬にして、空と地⾯がひっくり返った。

ほとんど集中出来ない。

⽅向性がさらに混乱し続けると、彼⼥はすぐに混乱に陥りました。

浮揚呪⽂はやがて崩壊した。

何度試しても同じだろう。

ロマンティカは浮揚魔法以外のアイディアは思い浮かばなかった。

「・・・!」

状況は絶望的。

ロマンティカは自分の死が近づいているのを感じる。

影の世界での死のほとんどが不注意によって引き起こされていることを知っていたが、自分が死ぬとは思っていなかった。

「1つの誤解が死に繋がる」

ロマンティカは⽬を閉じて諦めた。

 



 

  • 救出作業

「ロマンティカァアアアアアアアアアア!」

その時、デジールの声が響き渡る。

「デ、デジール!?」

ロマンティカが驚いて⽬を開けたとき、デジールは彼⼥のすぐ隣にいた。

夢を見ているのだろうか?

ほんの少し前に⾶⾏船に乗っていたデジールが、なぜ自分と⼀緒に落ちているのでしょうか?

「浮揚魔法を再開してください!」

ロマンティカは、空気の流れが不安定すぎると本能的に主張しようとした。

(でも、デジールなら)

彼⼥は不安を押し込めた。

そして、彼の要求に従って、再び魔法を展開する。

[⾶ぶ]

浮揚魔法が発動した。

2回⽬の試みでした。

ロマンティカの魔法に続いて、デジールは彼⾃⾝の魔法を呼び出した。

【迅風】

⼤気中に存在する空気を最⼩限に抑える。

まるで嘘のように、ロマンティカを苦しめた荒れ狂う⾵がすぐに治まった。

ロマンティカは空⾶ぶ魔法を呼び起こし、デジールは安定した気流を維持した。

デジールはロマンティカに向かって叫んだ。

「あなたの魔法の⼒をすべて使い、それを下に向けてください!」

[アバロッサの嵐]

[ウインドトワイライト]

[千の翼の槍]

それは膨⼤な数の呪⽂。

彼⼥が持っていた魔法をすべて注ぎ出す。

砂漠に魔法をかけ続けると、彼⼥の魔法の⼒はすぐに枯渇し始めた。

「しっかり掴まって」

デジールは彼⼥を腕の中に引き寄せた。

そして、地⾯に向かって魔法を発動する。

それは新しい魔法システム。

【パリア・アルンデ】

第3級の⾵属性魔法。

魔法が地⾯に当たると、砂が爆発し、巨⼤なクレーターが生まれた。

彼らは地⾯にぶつかり、砂の上を数回転がる。

「ゴホッゴホッ」

ロマンティカは乾いた咳を数回吐き出す。

痛みを感じなかった場所は1つもありません。

彼⼥はほとんど起き上がれなかった。

しばらくすると、砂の埃が収まり、⾶⾏船は遠くに⼩さな点のように⾒えた。

「まだ⾶んでいるようです」

デジールの声が響き渡る。

彼はロマンティカの隣で横になっていた。

⼆⼈はしばらくじっと横たわっていた。

ロマンティカに声をかける時、デジールの声は柔らかかった。

「怪我がないか確認してください」

「うーん、多分大丈夫」

「安⼼した」

デジールは⼩さな笑顔を⾒せた。

 



 

ケイの強さは圧倒的ですね!

彼を味方にすれば、クエストは簡単にクリア出来そうです♪

しかし、ここでトラブル発生。

無事にロマンティカを救出したデジール。

しばらくは二人旅になりそうですね(^ ^)

帰還者の魔法は特別です【141話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は141話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は127話。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は66話。 続きを読みた...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...