帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【139話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は139をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

139話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【138話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は138話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • クエスト開始

彼らに敬礼した後、デジールとロマンティカを護衛した将官は部屋を出た。

その後、ケイはみんなに座るように勧める。

「皆さんをお呼びしたのは、契約書に記載されていない変更が加えられたためです」

彼は机の上に広げられた地図上の都市を指さす。

「現在、ヘブリオン帝国は、帝国を経由して⾶⾏するために、尋問がこの場所で⾏われるべきであると要求しました。到着に予想よりも時間がかかる場合があります。もちろん、時間の経過に応じて追加料⾦をお⽀払いしますので」

(彼は礼儀正しい方のようです)

デジールはうなずいた。

「問題ありません、私たちはあまり気にしませんので」

何が起こっているのか正確には把握出来ていないが、このような状況では、会話を続
けることが重要です。

「良かった。でしたら、新しい契約を行いましょう」

契約書には、割り当ての詳細、注意事項、報酬などが注意深く書かれている。

簡単に⾔えば、⽬的地に安全に到着できるように個⼈を保護することが課題。

⾔い換えれば、それは護衛任務でした。

(護衛する相手は・・・)

契約の内容を読むと、護衛者が重要人物であることは明白。

デジールの前に⽴っていた男は、システムによるとユニークヒーローとして登録されている。

グランドマスターの称号を持っていたことを考えると、彼の能力は保証されているでしょう。

彼がいるにもかかわらず、傭兵を雇わなければならなかったという事実は、彼らが護衛する人物が普通の⼈ではなかったことを意味しました。

注意事項が記載されている契約の部分に注意を向ける。

予防措置は、対象人物が簡単に接触したり移動したりすることが出来ないように、特別な注意を払って護衛しなければならないと述べてあります。

その時点まで情報を読んだ後、護衛対象がハンモックに座っている⽼⼈であると疑った。

その⽼⼈はほとんど正気とは⾔えなかったから。

理解できない⾔葉を呟きながら、天井をじっと⾒つめている。

その存在は⾮常に場違いに⾒えたが、彼が本当に護衛対象であれば、ここに留めておくことは不思議ではありません。

デジールたちが書類に署名し終える。

これは明らかにメインシナリオに⼊る条件でしょう。

[あなたはメインシナリオに⼊りました]

[ケイ・ハジュマリュンは⾮常に絶望的な⽬標を持っています]

[ケイ・ハジュマリュンに雇われた傭兵として、あなたはアルディン・セピウスを護衛しなければなりません]

[アルディン・セピウスはケイ・ハジュマリュンの⽬標を達成する上で⼤きな⼿がかりを持っています。アルディンの⼈⽣は、クエストの進⾏に重⼤な影響を及ぼします]

 



 

  • ケイ・ハジュマリュン

予期せぬ乱気流のため、⾶⾏船が揺れ始めた。

ケイが部屋から⾶び出した後、デジールたちと⽼⼈だけが部屋に残る。

ロマンティカとプラムは、これまで⾶⾏船に乗ったことはなく、予期せぬ混乱に巻き込まれるという斬新な体験を楽しんでいるようでした。

「南の砂漠は本当に巨⼤ですね。これらは、帝国でさえすべてを管理できるわけではないと聞きます」

エテナ地域にあるヘブリオン帝国のパドゥン砂漠は、おそらく⼤陸のどこにでも⾒られる唯⼀最⼤の⼟地。

「しかし、住むのに適した環境ではないので、砂漠の街を除いて、⾸都に接続されている都市はありません。おそらく市⺠よりも遊牧⺠の⽅が多いでしょう」

二人が会話をしている間、アゼストは部屋の本棚から数冊の本を読んで楽しんでいた。

現代では⾶⾏船の使⽤が⼤幅に減少していたため、それに関連する本を⾒つけるのは困難だった。

しかし、ここにはそれらの多くがあるように⾒えます。

テーブルの向こう側に置かれた地図に視線を移す前に、デジールは微笑んだ。

(ここまでは順調だな)

空中にいる間は多くの潜在的な脅威がありましたが、それらは⾶⾏船に乗っているすべての⼈によって簡単に解決できました。

(私たちはケイを適切に⽀援する必要がある)

ケイ・ハジュマリュン、グランドマスター。

この時期のグランドマスターの称号は、最⾼の剣⼠にのみ与えられました。

シャドウラビリンスの最後の6⼈の1⼈、ラファエロ・チェリガーもその称号を保持していた。

(ケイのスキルがそのレベルであれば、レベル3の影の世界は問題にならないだろう)

影の世界のクリアを成功する可能性に⾃信を持って、デジールはその後何が起こるかを考え始めた。

その時、後ろから低く暗い声を聞く。

「セーガン」

地図から⽬を離し、ハンモックに座っている⽼⼈を⾒る。

さっきまでのぼんやりとした表情とは異なり、彼は今、不快な笑みを浮かべていた。

「ああ、あなたはセーガンでしたか」

「セーガン?」

デジールは疑問を呈したが、⽼⼈は彼を無視して話し続ける。

「私は彼に会った。⾒ただけです。何もしなかった。馴染みのある匂いがします。セーガン。ああ、それが理由だった・・・?」

突然、彼は笑い声を上げた。

「ティーヒヒヒ。仕⽅がない。それは無意味です。何も関係ない」

彼のヒステリックな笑い声は、全員の背⾻に悪寒をもたらした。

⽼⼈は独り言を呟く

「ロッティエ、アナス、キリーブレン」

ちょうどその時、ドアが開いた。

ケイでした。

彼は緊急の声でスターリングパーティーに話しかけた。

「仕事です」

「何が起きたのですか?」

ケイは⾮常に真剣な⼝調で応えた。

「ワイバーンの群れが現れました」

[サブクエスト、ワイバーンが攻撃を開始しました]

[ワイバーンが⾶⾏船を攻撃しています]

[アルディン・セピウスを保護するためにワイバーンを倒す必要があります]

しばらくすると、別の警報が頭に鳴りました。

[ハジュマリュンはまだあなたの能⼒を知りません。彼はこの機会を利⽤してあなたの⼒を確認したいと思っています]

[あなたが熟練していることを証明してください。このクエストの結果は、ケイ・ハジュマリュンのあなたへの親和性に影響を与えます]

 



 

  • ワイバーンの襲撃

⾶⾏船は不規則な間隔で激しく揺れていた。

「ワイバーンの群れが後ろから近づいています!」

空を滑るモンスター、ワイバーン。

群れで移動する傾向があるため、狩りをするのが難しいモンスター。

少なくとも30体はいるようでした。

「マナ大砲を準備してください!」

ケイの命令で、兵⼠たちは⼀⻫に動いた。

「発射する準備ができました!」

「発射!」

最終的に発射されたマナ⼤砲は、ワイバーンを攻撃したときに空気に波紋を生み出した。

当たったワイバーンの痕跡は1つも残っていません。

しかし、まだ少なくとも20体が残っていました。

マナ大砲は強⼒でしたが、リロードするのに時間がかかりすぎます。

残りのモンスターは、正⾯から戦うしかない。

「デッキに⾏きましょう」

デジールの⾔葉で、メンバーはうなずいて急いでデッキに向かった。

夜に砂漠から吹く⾵は氷のように冷たい。

「ロマンティカ、ワイバーンの数をできるだけ減らしてください」

ロマンティカが⾏動を起こす時が来ました。

彼⼥はライフルを構えて呪⽂を発動した。

[アバロッサの嵐]

激しい嵐がワイバーンを襲う。

第4級の⼒にほぼ達した魔法は、多くのワイバーンを細かく引き裂いた。

ロマンティカのショットは⾮常に強⼒でしたが、最も驚異的なのは威力ではなく、ショットの間に遅延がなかったという事実。

第2弾、第3弾。

彼⼥のショットはすべて瞬時に発射された。

ワイバーンの数は減少し続けました。

しかし、それでも限界があります。

ワイバーンが接近し続けると、強⼒な魔法を呼び出すことが出来ません。

ワイバーンの⽖は⾮常に鋭く、動きは軽快。

よく訓練された兵⼠でさえ、対処するのに苦労するでしょう。

一体のワイバーンが、わずかに隊形を崩した兵⼠を捕まえる。

空に引きずり込まれた兵⼠は、八つ裂きに引き裂かれ、肉片がデッキに降り注ぐ。

⼀瞬の綻びが、残忍な絶滅に繋がる可能性があります。

 



 

グランドマスター、ケイ・ハジュマリュン。

彼は味方なのでしょうか?

それは、今後のデジールたちの行動に左右されます。

ワイバーンの襲撃も、今のデジールたちであれば、余裕でクリア出来そうですね♪

帰還者の魔法は特別です【140話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は140話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...