帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【138話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は138をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

138話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【137話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は137話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • レベル3をクリアした未来

スターリングパーティーがたった4⼈でレベル3の影の世界をクリアすることを計画していたという事実は、多くの⼈々に衝撃を与えた。

「1年以内に設⽴されたパーティがレベル3に直⾯しようとしているとは信じられません」

「それに、4⼈しかいません。難しすぎませんか?」

レベル3を5人以下でクリアした場合、彼らは帝国によって公式に認められ、帝国の騎⼠と同じ権限を与えられます。

これは、ヘブリオン帝国の市⺠の間で常識でした。

追加のボーナスは、この資格を取得したパーティは、学校教育を完了する必要がなく、アカデミー外で仕事を受け⼊れることが出来るということ。

現在、この特権を持っていた唯⼀のパーティはブルームーンパーティでした。

デジールはこの権威を⾼く評価している。

「未来は常に変化しています。独⽴する⼒は重要な鍵になるでしょう」

今回、レベル3を無事にクリアし、制限なく働く機会を得ることが出来れば、彼が念入りに計画したいくつかのプロジェクトを進めることができるでしょう。

これが、今年のやることリストで最優先事項だった理由。

今回の影の世界は、エテナ地域での歴史的な出来事を扱ったもの。

前世の記憶に基づいて、この影の世界に関する基本的な情報をすでにまとめていた。

すべての詳細を覚えていませんが、昨年とは異なり、今年はより単純で基本的なものになるでしょう。

デジールは⾃分のパーティが、現在のレベルでクリアする⼒を持っていると確信していた。

「この影の世界に、アーティファクトが1つか2つあればもっと良かったけど・・・」

ここからの世界でドロップするアーティファクトは一つ。

それは都市と同じくらい広い地域に、精神的な魔法を適⽤する能⼒。

戦術レベルの魔法と同等の力を持っていたため、将来のレイドにおける主要な力の1つ。

過去と同様に進んでいる場合、ケルトがそれを入手するはず。

デジールが自分の考えに夢中になっている間、ロマンティカは到着したゲート1を緊張した表情で⾒つめる。

ゲート1は、レベル3の影の世界をターゲットにしている⼈だけが使⽤している。

⾔い換えれば、このゲートを使⽤した⼈々は、発⽣する難易度が最も⾼い影の世界に対抗しているということ。

そのため、ロマンティカの反応は当然であり、プラムも緊張していた。

「デジール・アルマン、プラム・シュナイダー、ロマンティカ・エル、アゼスト・キングクラウン。これらが、エテナ地域で開かれたレベル3の影の世界をクリアしようとするメンバーです。間違い無いでしょうか?」

「はい」

「影の世界の参加に関連するすべての条項に同意しますか?」

「はい」

「それでは、影の扉を開きます。接続先はエテナ地域。テレポーテーション後に瞬間的な目眩が発⽣する可能性があることに注意してください」

ゲートが開く。

そして、眩いばかりの光が彼らを包み込んだ。

 



 

  • 飛行船

[あなたは影の世界に⼊りました]

デジールが⽬を開けたとき、彼は船の甲板に⽴っていた。

周りを⾒回すと、両側に魔法⽯を動⼒源とする昔ながらのエンジンが。

最初は船だと思っていたが、それはデジールの勘違いでした。

手すりに向かい、下を見下ろす。

そこは広大な砂漠でした。

エテナ地域のパドゥンサ砂漠と推測した。

砂漠の上を走る船。

「これは飛行船?」

飛行船。

魔法石を動⼒源とするエンジンを使⽤して、⽂明社会の技術レベルを表すのに適した輸送⼿段。

現代社会の電⾞に匹敵する技術です。

⾶⾏船の最⼤のメリットは、列⾞とは異なり、⼭を越えることが出来て、鉄道に制限されないこと。

しかし、エンジンを製造するために多額の投資が必要であったため、⼤量⽣産することは不可能であり、各国は軍事⽬的でのみ製造していた。

戦争の数が⼤幅に減少した現代では、飛行船は昔の遺物と⾒なされている。

⾶⾏船⾃体はそれほど⼤きくはありませんが、決してみすぼらしいという意味ではない。

デジールが⾶⾏船を調べていたのと同じように、軍服を着た⼈々が甲板を歩き回っていました。

「座標を確認してください!」

「⾸都アルテイアへの道は明確です!」

クエストは開始されていません。

これは、デジールがまだ満たしていない条件があることを意味する。

 



 

  • 全員集合

誰かがデジールに話しかけた。

「デジール?」

振り返ったとき、ロマンティカが彼の前に⽴っていた。

本当にデジールなのかどうか確認すると、彼⼥の顔は明るくなった。

「あぁ良かった!前回のように別れたのではないかと思って、私がどれだけ緊張していたか分からないでしょう!」

悪い記憶を思い出したかのように、ロマンティカは⾸を横に振った。

デジールは真剣な⼝調で彼⼥に応える。

「何か情報を拾った?」

「いいえ、特に何も。そっちはどう?」

「まず、この影の世界の期間は過去約120年から140年」

「え?どうやってそれを理解したの?」

「私たちが乗っている⾶⾏船は、⾸都アルテイアに向かっています」

「アルテイアは魔法塔がある都市国家だよね?」

「その通り」

ロマンティカは頭の中で考えを整理した。

しばらくして、彼⼥は驚いて叫ぶ。

「あ!アルティアが⾸都だった時代があったわね!」

彼⼥が⾔った通りだ。

現代では、アルティアは都市国家であったため、⾸都と呼ばれていません。

しかし、繁栄の最盛期には、魔法帝国が重要な部分であった時代がありました。

「正解。この影の世界は、魔法帝国であるクマメリルソンが崩壊する前の120年前の出来事に基づいている。⾶⾏船が140年前に発明されたことを考えると、これら2つの⽇付の間のどこかにあるはずだ」

「魔法帝国と絡み合った影の世界・・・」

10分も経たないうちに、デジールは周囲の情報を収集した。

ロマンティカにとって、それは⽴派な偉業でした。

「おお、ここにいたのですね、傭兵」

将校の制服のように⾒える服を着た男が向かってくる。

デジールは⾃然に反応した。

「ここからの眺めはとても壮観です」

「空から⾒る景⾊は本当に素晴らしいです。美しい⼥性と一緒の場合はなおさら」

この交流を通じて、デジールは、自分たちが傭兵の⾝元であることを確認出来た。

彼の礼儀正しい態度は、二人が無視できない⼒を持っていたことの証拠。

「少佐はあなた方を探しています」

将校が案内してくれた部屋はきちんと整理されていて、⼤きな窓から外の景⾊を楽しむことが出来ました。

ロマンティカが部屋を⾒回すと、彼⼥は驚いて⽴ち⽌まる。

プラムとアゼストが既に入室していて、そっと手を振ったから。

4人がこんなにも早く会えるとは予想できなかった。

彼らは良いスタートを切る。

「少佐、残りの傭兵を連れてきました」

部屋の中には、アゼストとプラムの他に2⼈。

⼀⼈はハンモックに座ってる⽼⼈。

もう⼀⼈はとてもハンサムな⻘年でした。

若い男は⽩い制服を着ており、⻑い剣が腰に巻かれていた。

[あなたはユニークヒーロー、グランドマスター「ケイ・ハジュマリュン」に出会いました]

[彼はこのクエストであなたの「最も強⼒な」助っ人の一人であり、あなたのシナリオで重要なキャラクターの⼀⼈です。彼との良好な関係を維持するようにしてください。彼の助けを得ることができない場合、あなたのクエストの難易度は増加します]

 



 

新たな影の世界は、飛行船からのスタートです!

今回は幸先よく、全員が揃った状態♪

新たなキャラクターも登場し、これからの展開が楽しみです^_^

 

帰還者の魔法は特別です【139話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は139話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...