帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【137話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は137をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は127話。 ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は127話。 ...

 




 

137話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【136話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は136話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 直近の問題

デジールはすぐに直近の問題に気づく。

メンバーの増加に伴い、彼らの⼩さな事務所は全員を収容することが出来なくなっていた。

彼のパーティの重要性を考えると、アカデミーは⻄棟の建物の4階全体を喜んで与えました。

スターリングパーティーは新しい家に引っ越しした。

デジールはパーティを3つの異なるグループに再編成する。

メインパーティ、サブパーティ、そして試⽤パーティ。

試⽤パーティは、能力がまだ低い新⼊⽣で構成され、訓練が必要でした。

現在の注⽬すべきサブパーティメンバーはフリーチェルとタキラン。

彼らにはある程度の能力がありましたが、それでも経験不⾜です。

これらの要因により、二人は主要な⼒の⼀部と⾒なされることが難しかった。

さらに成⻑すれば、二人はメインパーティのメンバーになる可能性は十分にあるでしょう。

もちろん、メインパーティには、ロマンティカ、アゼスト、プラム、デジールが含まれていました。

全体として、これらの分類は理にかなっていたが、ロンドだけは異なっていた。

彼のスキルは新⼊⽣の間で傑出していました。

実際の経験はありませんが、他⼈は彼をベテランと簡単に間違える可能性があるでしょう。

しかし、ロンドの話し⽅と絶え間ない⾏動上の問題のために、彼は他の新⼊⽣と仲良くすることができないことに気づく。

新⼊⽣は⼀⽇の終わりにオフィスで⼀緒に訓練し、話し合い、⾃然な絆を築きました。

しかし、ロンドは群衆に溶け込んで参加しようとしません。

時が経つにつれて、ロンドと他の新⼊⽣の間に⾒えない壁が生まれた。

ロンドの性格をすでに知っていたデジールは、何とかしてこの問題を解決しようと考える。

事態は予想より早く頭に浮かんだ。

 



 

  • ロマンティカvsロンド

数⽇後、ロマンティカがデジールに怒鳴り始めた。

その理由は、彼がコーヒーを机の上にこぼしてしまったから。

「この馬鹿!ほんの少しのコーヒーでも永久的な汚れを作るのよ。私はいつもあんたに注意深く飲むように⾔っています!」

ロマンティカは、デジールの額を指で軽く叩きながら叫び続けた。

「本当に、何度も⾔いましたが、何も変わりません。あんたはナメクジよりも頭が悪いの!?」

ロンドはデジールの事を兄として慕っている。

そんな彼から見れば、ロマンティカの行動は見過ごせなかった。

「たかが数滴こぼしただけで、どうして俺の兄貴がそこまで言われないといけないのですか?」

「はぁ?こんな男を兄貴に迎えるなんて、あんたもナメクジなのかしら?」

「何?今何て言った?」

「苦情があるなら、決闘で解決する?まぁ、無理にとは言わないけど」

ロンドはデジールに⽬を向け、炎のように熱く⾒える⽬を明らかにした。

「兄貴、ロマンティカさんに決闘を挑みます。俺がきっと彼女に謝らせますから」

「無理はしないでください。ロマンティカはあなたより何倍も強いです」

「そんな事で諦めるわけにはいきません、兄貴。あなたの名誉のために、私は彼女を倒さなければいけない」

この要求を深く検討するふりをした後、デジールは要求を受け⼊れました。

このようにして、ロンド対ロマンティカの決闘が確⽴された。

「あなたが私に一撃を与えれば、デジールに謝罪します。しかし、このままだと公平ではありませんよね?条件を追加しましょう」

「もちろんです。私は何を賭けるべきですか?何でもします」

「大した事ではありません。私たちの事務所を綺麗にしてほしいだけ。ご存知のように、私はこの事務所の掃除を⼀⼈でやっています。負けたら、あなたが代わりに掃除をしてください。もちろん、魔法を使うことは許されていません」

「もちろん受け⼊れます、始めましょう」

「良かった。あなたが持っているスキルを見せてください」

対決が始まる。

ロンドは、新入生の中で最強の一人。

彼はまだ第2級の魔法使いでしたが、彼が利⽤した呪⽂と彼が⾃由に使えるマナは、第3級のレベルに達していました。

【炎の輪】

ロンドの周りに炎の輪が四⽅⼋⽅に広がる。

純粋な⼒という点では、それは第2級の呪⽂であったにもかかわらず、完全な第3級の魔法に近いものでした。

破壊⼒という点では、通常の第2級魔法とは⽐べ物になりません。

【バーストファイア】

「ロマンティカさん、どうですか!この素晴らしい破壊⼒を⾒てください!」

ロンドは勝利を確信していた。

彼はロマンティカが狙撃兵であることを知っており、近接だと専⾨分野に頼ることができないだろうと判断しました。

しかし、それは彼の経験不⾜に起因する馬鹿げた誤解。

「魔法には破壊⼒しかないと思う?」

ロマンティカは、華やかな笑顔を浮かべる。

[迅風]

指定されたスペースを真空に圧縮できる呪⽂。

四⽅⼋⽅に舞い上がっていた炎が突然消えた。

「え?」

ロンドは⾃分の最⼤の強みだと思った呪⽂を唱えることができなかった。

経験豊富な魔法使いであれば変化に適応したでしょうが、彼はアカデミーに⼊ったばかりの新⼊⽣。

ロマンティカは肩をすくめ、簡単な勝利宣言をする。

「終わったと思うけど」

「ま、まだ・・・!」

「そこまで」

デジールは声を上げて決闘を⽌めた。

それはロマンティカの勝利を意味する。

ロンドはデジールに話しかけている間、頭を下げていた。

「兄貴。私のスキル不⾜のために、復讐することができませんでした。すみません・・・」

ロンドは恥ずかしさと悲しみの中にいた。

その中に、ロマンティカが割り込む。

「さっきはごめんね、デジール」

「・・・え?なぜ謝るのですか?ロマンティカさんが勝ったのに」

「え?怒りすぎたから、謝っただけよ」

「けど・・・」

「何が言いたいか分からないけど、掃除を始めましょう」

「は、はい」

賭けは賭け。

ロンドは敗北し、敗者の義務を果たさなければならなかった。

その⽇から、ロンドは一人で事務所全体を掃除した。

魔法を使っていたら、掃除はもう少し簡単だっただろうが、それは禁止されているので仕方がない。

ロンドは、激しく汗をかきながら、各事務所を掃除して拭くことを余儀なくされた。

掃除するのに苦労していると、数⼈の新⼊⽣が彼に近づきました。

「先輩が掃除するようにあなたに頼んだのですか?」

「・・・ええ、まあ。そんな感じです」

「なぜ私たちに⾔わなかったのですか?一人で⽚付けるつもりですか?」

彼らは掃除道具を持ち出し、ロンドを助けるために働き始めた。

最初は少しぎこちなかったが、ロンドはそれほど悪くないことに気づき、次第に頬を緩めた。

⼀緒に掃除をした後、彼らは冗談を⾔ったり、その後ぶらぶらした、のんびりとした関係を築き始める。

デジールとロマンティカは笑顔で彼らを⾒ました。

 



 

  • レベル3

その日が来ました。

[世界の異常が検出されました。⼿順に従って影の扉を開きます]

影の扉が開くと、影の世界の本格的な攻撃が始まります。

ランキング試験の前に影の世界が登場したため、1年⽣はいません。

「フリーチェルとタキランが新メンバーを連れて⾏き、別の影の世界のクリアをリードしてもらいたい。フリーチェル、あなたが司令官としてパーティを率いてください」

「わ、私がですか?」

「ええ。あなたは戦術研究に多くの時間を費やしましたから」

「確かにそうですが・・・」

フリーチェルは本が好きだったので、様々な戦術に⾮常に精通していた。

最前線に⽴つタキランよりも、フリーチェルが後⽅から状況を観察・管理する⽅が合理的だ。

「難易度の低い影の世界をクリアして、リードする感覚が⾝に付いたら、レベル5の影の世界をクリアしてください。急いでクリアする必要はありません。ただし、レベルが低くても、必ずクリアはしてください」

「分かりました」

低いレベルの影の世界は他のメンバーに委託する。

その中に、デジール、ロマンティカ、プラム、アゼストは含まれていない。

彼らはスターリングパーティーの中⼼的な存在。

彼らがクリアしなければならなかった別の影の世界があるから。

「クリアする影の世界はレベル3です」

[推定難易度:エテナ州に基づくレベル3の影の世界]

この時点で、難易度の最⾼レベルであるレベル3は、難易度の点で他のレベルとは質的に異なっていました。

このため、中央委員会は、⼗分な資格がない限り、許可を当事者に簡単に与えることはできません。

しかし、昨年とは状況が異なりました。

デジールたちの⼒は、今や多くの出来事を通して証明されています。

実際、要求を提出するとすぐに承認が得られました。

[参加リクエストが承認されました]

[デジール・アルマン、プラム・シュナイダー、ロマンティカ・エル、アゼスト・キングクラウン。影の扉1に進んでください]

 



 

ロンドの問題も無事に解決しましたね♪

そして出現した、新たな影の世界。

フリーチェルとタキランに一つの世界を任せたデジールですが、それだけ二人が成長したということでしょう!

新たな影の世界はどんな世界なのでしょうか?

 

帰還者の魔法は特別です【138話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は138話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は127話。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は66話。 続きを読みた...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...