帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【136話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は136をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は127話。 ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は127話。 ...

 




 

136話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【135話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は135話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 新しい学年の始まり

雪が溶けて、緑の芽が地⾯から見える。

春の始まりは、ヘブリオンアカデミーでの新しい学年の始まりを意味しました。

タキランを除いて、デジールパーティのメンバー全員が2年⽣になり、メンタリングの役割を担う義務が⽣じた。

メンターの責任はシンプル。

応募者を案内し、安全に試験に到着し、彼らに何が必要かを教えること。

試験への応募者の割合は、前年度と⽐較して⼤幅に変化した。

通常なら、平民の倍以上の数の貴族がいる。

しかし、今年はこの比率が逆転した。

出⾝もいつもとは⼤きく異なりました。

今年は留学⽣の割合が⾮常に⾼かったのです。

「なぜヘブリオンアカデミーへの⼊学を申請したのですか?」

「それはデジール・アルマンのおかげです。彼のような⼈と同じ学校に⾏きたくない⼈はいるのでしょうか?」

「素晴らしいアカデミーだといつも聞いていましたが、平民に対する差別について聞いた後、参加するのを躊躇っていたのです。近年、これが⼤幅に改善されたと聞いているので、他の学校に応募する理由はありません」

 



 

  • ロンド・フィズルバン

その間、デジールは応募者のリストをチェックすることに忙しかった。

ロンド・フィズルバン。

⽕の魔法を専⾨とし、主に精密爆撃の呪⽂を使⽤する。。

彼は⼀流の才能を持っていた。

しかし、彼には⼤きな⽋陥があります。

「かなり生意気なのが欠点だな」

前世を思い出し、ロンドが⼈間関係を維持するのに問題を抱えていた事を思い出す。

結局、彼は学校を辞めた。

学校に通い続けていれば、もっと⾼いところまで成⻑できたはず。

デジールは、ロンドを味方にすれば、今後の戦いで⼤きな役割を果たすことを疑いませんでした。

ロンドを自身のパーティに入れようと決心する。

ブリジット教授の指導が終了し、試験前期間の開始を知らせると、デジールは遠くからロンドを簡単に認識することが出来た。

燃えるような⾚い髪の少年。

ロンドは背中を壁にもたれかけ、ポケットに⼿を⼊れていた。

威嚇するような⽬は、彼をかなり悪質に⾒えているでしょう。

デジールは彼の性格に精通していたので、なんとか落ち着いていた。

「デジール?あなたが私のメンターであるというのは本当ですか?」

ロンドに近づいた瞬間、身構えていた気持ちは完全に消滅した。

⽬の前に⾒えるのは、純粋な賞賛に満ちた少年だから。

ロンドは握⼿するように頼んできました。

「私は本当にあなたに会いたかったのです!あなたについての無数の記事を読みました、しかし最も驚くべきことは、あなたがデルタハイムで偉⼤な悪魔を倒したかについてでた!」

彼は熱狂的に質問を次々と投げかけてくる。

「いったいどうやって、そのような破壊的な⼒で魔法を放てるのですか?この学園に⼊るとそのような魔法を学ぶことが出来ますか?」

苦笑いでしか反応することが出来ません。

「ヘブリオンアカデミーに⼊学しただけでは、そのような魔法を学ぶことは無理でしょう」

「それは残念です・・・」

「しかし、私のパーティに参加すれば、あなたに教えることが出来ます」

「マジで!?本当に良いのですか?⼊試に合格すれば絶対に参加します!」

しばらくして、彼は付け加えた。

「あの!兄貴と呼んでいいですか?」

「・・・いいですよ」

「はい、兄貴!」

⾮常に恥ずかしかったが、少なくとも簡単に⽬標を達成することができた。

 



 

  • 大きな変化

ロンドが⼊学試験を受けている間、他の志願者もチェックします。

ヘブリオンアカデミー内の現在の状況は、デジールの⼲渉なしで、様々なパーティに入ることが出来るでしょう。

⼤部分が平民で構成されているデジールパーティが⼤会で⾸位に⽴つことができたので、状況はより良く変化し始めました。

この変化は、⼊学試験後に最も顕著でした。

何人かの平民は、⾮公式に貴族のみのクラスであったアルファクラスに割り当てられていました。

デジールはこの業績に微笑んだ。

⼊学試験に合格した新⼊⽣が、アカデミー⽣活の最も重要な決定を下す時。

彼らはどのパーティに参加するのでしょうか?

これは⼀⽣に⼀度の決断であり、それを軽視する余裕がありません。

「レッドドラゴンのラドリアはとても友好的であり、彼らが提供する⽀援は重要であると⾔いました」

「ブルームーンもいいですよね。メンバーの数とトップメンバーの質はアカデミーで最⾼です。彼らはニプレカ公爵から直接⽀援を受けているので、他のパーティと⽐較することはできません」

「スターリングも軽視できません。有名なデジール・アルマンのパーティであり、近い将来、⾮常に成⻑し続けることは明らかです」

スターリングはデジールパーティの名前。

⻑い間パーティ名が決まっていなかったため、現在滞在している寮と⼀致するデフォルトの名前を取得することになりました。

それほど悪くはないように⾒えたので、誰もそれに反対しません。

結局、学⽣の応募が最も多かったのはブルームーンパーティ。

多くの才能あるメンバーが卒業したばかりであり、その中で最も著名なのはアルジェリアでしたが、その⼈気は依然として急上昇しているようです。

スターリングパーティには数⼗⼈の応募者がありました。

応募者にインタビューし、最終的には学びたいと思った学⽣だけを選びました。

合計19⼈の学⽣が参加しました。

新⼊⽣の訓練を、第2級に⼊ったばかりのフリーチェルと、ナイトクラスの剣⼠であるタキランに任せました。

ベータクラスの新⼊⽣には、アルファクラスに参加することとして彼らの⽬標を設定するように指⽰し、アルファクラスの新入生にはランキング試験でシングルランカーになることを⽬標を設定するように指⽰した。

より⾼いレベルの影の世界がまもなく登場する。

難易度が上がる最初の波が現れるまで、あと1か⽉。

影の世界はこの頃から難易度が上がり始めた。

平均的な難易度の増加に加えて、多くの⾼レベルの影の世界も登場する。

デジールが何の⾏動も起こさなかった場合、⼤惨事に繋がるでしょう。

「今回クリアしなければならない影の世界は2つ」

1つはレベル5の影の世界。

その影の世界クリアを優先する理由は、挑戦したチームが過去の⼈⽣で失敗したため。

参加した⼈々が殺されただけでなく、周辺地域は影の世界によって侵⾷され、何百⼈もの死傷者が出ました。

どのように失敗したかを正確に調査した後、歴史家は関連情報が間違っていたと結論付けました。

誤った情報に依存すると、ダンジョンの難易度は⼤幅に⾼くなります。

したがって、スターリングパーティのような先⾒の明のあるパーティーの場合、レベル5の影の世界をクリアすることはそれほど難しくありません。

最⼤の問題は、クリアしなければならなかった他の影の世界。

「もう⼀度、徹底的に準備する必要がありますね」

メンバーをチェックするために事務所に戻った。

 



 

新たに加わったロンド。

特にトラブルもなく仲間になりましたが、彼の実力は?

学園の雰囲気もデジールのおかげで大きく変化しましたし、次に影の世界も楽しみですね!

 

帰還者の魔法は特別です【137話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は137話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は127話。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は66話。 続きを読みた...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...