帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【135話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は135をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

135話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【134話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は134話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 冬休みの間

創⽴記念⽇が終わった後、冬休みが始まった。

ロマンティカはプリレチャ帝国⾏きの電⾞に。

本当は帰りたくないらしいが、両親の要求を断ることが出来なかったそうだ。

デジールは休暇中もトレーニングを続けるように強調した。

これはロマンティカが第4級に入るために必要なことであるため。

フリーチェルとタキランも故郷に向かった。

それぞれにも課題を与えて、のんびりと過ごす事を防ぎます。

プラム、アゼスト、デジールはアカデミーに。

彼らも自分たちの訓練に集中することに。

新たな目的が出来たプラムは、オーラを使うことに慣れてきたようだ。

今では通常のレイピアでも全力を引き出すことが出来ていた。

以前の彼は力を上手くコントロールすることが出来ず、普通の剣を耐えきれなかった。

プラムの訓練は完全に成功したのだ。

剣に注⼊されたオーラの強さを制御することができ、全体的な戦闘能⼒を劇的に⾼めました。

この時点で、デジールのような魔法使いがアドバイスを出来ることは何もなかった。

幸いなことに、ヘブリオンアカデミーには優秀な教師が大勢います。

ヘルセンブラン・ティスタチア。

「黄金の鷹」の元騎士団長で、現在はヘブリオンアカデミーの教授を務めています。

将来、彼は「夜明けの騎⼠」というニックネームを獲得し、シャドウラビリンスのクリアに⼤きく貢献するでしょう。

彼は、王国で数少ないトップクラスのビショップランクの剣⼠の1⼈。

デジールが皇帝に忠誠を誓ったおかげで、彼はデジールへの協力を惜しまなかった。

 



 

  • アウターの排除

アゼストはついに第4級に達成することが出来た。

到達に費やした期間は3ヶ月。

しかし彼女にとっては永遠のようにも思えた時間。

彼⼥の年齢で第4級に到達することは、彼⼥のとんでもない才能を⽰している。

デジールも負けじとトレーニングに励むのでした。

魔法システムの改善。

残るは、この理論を実践に移すことだけ。

冬休みの間に、彼は様々なパターンを生み出した。

新しい呪⽂を作成する⽅法は何千もありますが、強⼒で費⽤効果の⾼い呪⽂を作成できるのはほんの⼀握り。

デジールは新しい呪⽂を⼀つずつ完了することに決めました。

ただし、このプロセスには1つの重⼤な問題が。

それは呪文を試す場所です。

ヘブリオンアカデミーは設備が整っていますが、その訓練場でさえ、第5級の魔法に耐えることができません。

「しかし、私はこの障害で諦めるつもりはありません」

ジョードと連絡を取り、オーロラシステムのテストすることを提案します。

魔法のシステムを改善しながら、オーロラシステムがどれほど完全であるかを確認することが出来る。

ジョードが提案を承認するとすぐに、デジールは魔塔本部が置かれているアルテアに直⾏した。

ヘブリオン帝国とアルテアは近くにありませんが、皇帝から贈られたテレポートゲートを使用したので、問題ではありません。

オーロラシステムは完璧に作動しました。

この技術は、賢者と呼ばれる将来のジョード・エグザリオンによる⻑年の献⾝的な研究の集⼤成でした。

デジールは遠慮なく呪文を放つことが出来た。

第5級に相当する呪⽂が盾を襲ったとき、地⾯が揺れる。

しかし、それだけでした。

オーロラシステムは、その痕跡を残すことなく、デジールの魔法を完全に中和した。

ジョードは、オーロラシステムが適切に機能していることを確認し、すぐに結果をデジールに通知します。

「その魔法は以前のものより弱いですね。デジール、その呪⽂のマナ消費はどうですか?」

「問題はないのですが、まだまだ改善の余地がありますね」

新しい組み合わせを繰り返し実験したが、今回の目的はこれだけではありません。

過去の出来事の詳細を思い出し、事故が起こらないように必要に応じて簡単なアドバイスをしました。

「各魔塔に設置されている電源を最後に点検してからどれくらい経ちましたか?万が⼀に備えて、⼤規模な監査を少なくとも1回は実施することをお勧めします」

「その通りですね」

ジョードは常にデジールのアドバイスに⽿を傾けた。

わずか数⽇で、各場所の完全な調査が完了しました。

「あなたが正しかった。⽀店の1つで電⼒管が漏れているのを⾒つけました」

「それは良かった」

魔塔を悩ませていた多くの災害は完全に回避されました。

魔塔だけがデジールのアドバイスを受けたわけではありません。

プリシラを通じて⻄王国連合と定期的に連絡を取り合っていました。

その間も、⻄王国連合とアウターの戦いはまだ進⾏中でした。

2つの⼒は互いに等しく⼀致している。

しかし、デジールの⼲渉のおかげで、ヘブリオン帝国が⻄王国連合に加わったとき、体重計は劇的に傾いた。

ヘブリオン帝国と⻄王国連合の同盟は、予想よりもはるかに効果的だったのです。

互いに情報を共有し、⼀緒に戦略を確⽴することにより、連合軍の移動はより効率的かつ容易になった。

その結果、アウターの数は迅速かつ着実に急落することになる。

連合軍は、今回がアウターの脅威を完全に根絶する機会であると判断したため、アウターが集結したアデニアの北部平原にすべての資源を注ぎ込んだ。

しかし、デジールは不快感の⾼まりを感じた。

「クロウマスクが現れていない・・・」

エイブラハム平原の戦いに参加していたプリシラから情報を受け取りました。

この謎を解明しようと考えるが、それでも分からなかった。

過去の⼈⽣において、アウターはこのような動きをしたことがありません。

彼らは不正な要素。

デジールにできることは、洞察を提供し、どの戦術を追求し、何に注意すべきかについての推奨事項を提供することだけ。

「彼らは何かを計画しているのかもしれません。注意してください」

プリシラにそう告げた。

 



 

  • 新学期

冬休みが終わったとき、デジールは具体的な結果を達成することに成功した。

オーロラシステムに影響を与えるのに⼗分強⼒な呪⽂の開発に成功したのです。

ジョードは信じられないような眼差しで、目の前の光景を眺めていた。

「この呪⽂は、オーロラシステムに少し負担がかかりすぎるようです。第6級よりも少ない⼒ですが、間違いなく第5級の呪⽂のより⾼いレベルにあります。しかし、未だに信じられないのは、基本の呪文が第3級から形成されているということでしょう」

このレベルに達した呪文が一つだけという事に、デジールは少し落胆していました。

しかし、それでも魔法システムを改善できたことに、彼は興奮を隠せなかった。

呪⽂の順序に焦点を合わせるという彼の選択は、最終的に正しい決定だったから。

今回の成功は、間違いなく将来さらなる結果を達成するでしょう。

他の呪⽂の完璧な配置を⾒つけるのに、それほど⻑くはかからないでしょう。

いよいよ新学期が始まりました。

 



 

冬休みに入り、それぞれが大きく成長しましたね!

デジールの研究も順調のようですし。

アウターの活動が大きな懸念ですね・・・。

新学期!

どんな生徒たちが入学するのでしょうか?

 

帰還者の魔法は特別です【136話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は136話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...