帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【134話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は134をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

134話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【133話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は133話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • デジールの提案

パーティーホールに、ピアノとチェロのハーモニーが悲しげに響き渡る。

ギルティアンの⽬は猛烈に寒かった。

「君は今、自分が何を求めているのか理解しているのですか?」

デジールはすぐに頭を下げる。

「⾃分の⾏動がいかに無礼であるかを⼗分に理解して、真剣に要求をしています」

「君は間違っていません。現時点でアウターを排除することは、国にとって最良の選択かもしれませんから」

ギルティアンは、デジールの意⾒に同意した。

ヘブリオン帝国が⻄王国連合と⼿を組んでアウターを追い返すとしたら、両国は過去の出来事をうまく後回しにし、⻑引く不安を取り除くことが出来るでしょう。

さらに、ヘブリオン皇帝は貴重な道具であるデジールを⼿に⼊れることが可能となる。

彼が望んでいたように、平民の⽀持を得ることができるでしょう。

断る理由はありません。

「唯⼀の問題は、依然として⻄王国に恨みを抱いている貴族からの反発・・・」

⻄王国連合とヘブリオン帝国の紛争は、国の歴史に深く刻まれ、何世紀にも渡って遡る。

影の世界の登場により、両国は平和を築いた。

しかしそれでも、彼らの敵意が消えたわけではありません。

両国の間にはまだ⻑引く緊張があったが、今ではあまり⽬⽴たなくなっていた。

⼀部の貴族が反対する可能性はありましたが、説得するのは難しいことではありません。

帝国の守護者、ギルティアン・ログフェラス。

彼にとっては簡単なことでしょう。

しかし、それでも彼が躊躇っているのは、別の隠された理由があるから。

「私が君の提案を受け難い理由は、それが難しいからではありません。なぜアウターの破壊が君にとってそれほど重要なのですか?」

皇帝がデジールを引き入れると考えた時から、何かを要求されるのは想定内。

予想通り、彼は要求してきた。

しかし、それは皇帝にとって予想外の要求。

要求を受け入れたとしても、デジールが得るものは何もないでしょう。

デジールは揺るがずに答えた。

「それは⽣き残るためです」

「生き残るため・・・」

「アウターは⼤きな脅威です。そして、私は彼らの計画の多くを台無しにしました。おそらくすでに排除しなければならない敵と⾒なされているでしょう」

「そうだろうな。君の存在は彼らの棘のようなものでしょう」

「私自身の安全を確保するために、すべてのアウターを排除したいと考えています」

デジールは、皇帝が彼の提案に疑念を抱くであろうとすでに予想している。

皇帝は⽬を細めた。

「それでも、標的をアウターに限定するのではなく、⼈類の共通の敵にまで広げたのは?」

彼はデジールの説明の抜け⽳を鋭く指摘した。

「私の提案の主な⽬標は、アウターの追放ではなく、両国の和解です」

ヘブリオン帝国と⻄王国連合の和解。

それがデジールの最も野⼼的な⽬標だった。

「正直なところ、アウターは差し迫った脅威ではありません。彼らはかなり厄介ですが、国にとって真の脅威になるほどではありません」

皇帝はその⾔葉にうなずく。

「しかし、私は常に、いつでも私たちを襲う可能性のある脅威について⼼配しています。その⽇の準備のために、不必要な紛争はすべて⽌め、⼒を合わせるべきだと信じています」

単純な説明で皇帝を説得出来るとは思っていない。

「たとえば、影の世界のレベルが突然上昇するようなことが起こる可能性も」

「そのようなことは不可能です」

「確信できる保証は何もありません」

デジールには真実を明らかにする以外に選択肢がありません、

「⼈類全体が脅かされる場合、確保する必要があるのは全ての⼈の安全です。しかし、そこには私の安全も含まれているので、私にとっても有益な提案だと思うのです」

皇帝は疑惑の眼差しでデジールを観察する。

「つまり、存在するかもしれない脅威に対して、確実な利益を放棄しろと?」

「準備をしなければなりません。そのような状況に陥ったら、⼿遅れになります。今回、アウターの脅威を根絶することは、⻄王国連合とヘブリオン帝国の同盟の始まりとなるでしょう」

過去の⾏動を通じて、アウターは、復讐と平等を求めて多くの罪のない⼈々を犠牲にする⽤意があることを明らかにしている。

デジールは、アウターをより良い世界へのきっかけに変えることを決めました。

アウターの存在を、⼈類を団結させるための出発点として。

 



 

  • テレポートゲート

皇帝は⽬を閉じてしばらく考えた後、口を開いた。

「分かりました。あなたの要求を受け⼊れます。ただし、提案の⼀部は曖昧なままです。⻄王国連合にどれだけの軍隊を送りたいですか?」

「それは陛下にお任せします」

「うん?」

余計なことを⾔うと、皇帝は疑問を抱き、将来的にはもっと問題になるだけです。

デジールはどこに線を引くべきかを知っていました。

「君は自分の立場をよく理解していますね」

皇帝はデジールの態度に満⾜しているようだった。

「⼈類の共通の敵に⽴ち向かうために、ヘブリオン帝国はアウターの脅威を打ち負かすのに⼗分な強さの軍隊を派遣します。それに続いて、現在アウターと戦争をしている⻄王国連合にも軍隊を派遣します。引き換えに、あなたは今⽇から私に忠誠を誓うでしょう」

「陛下、ありがとうございました。最善を尽くさせていただきます」

「今⽇の会話はとても有意義でした」

皇帝は席から⽴ち上がったときに、ポケットから何かを取り出した。

「これが必要になるでしょう」

メダリオンは⾦で作られていて、美しい模様が絶妙に刻まれている。

「⾝分証明書と考える⽅が簡単です。警備兵に⾒せれば、テレポートゲートを⾃由に使えるようになります」

「・・・!」

テレポートゲート。

ゲートはテレポート魔法で魅了された建造物でした。

⽬的地がどれほど離れていても、ほんの数秒で⽬的地に到着することを許されたのです。

デジールがこれまでに望んでいたものを手に入れました。

「私たちは、この良い関係を継続できることを願っています」

そして、皇帝は⽴ち去った。

 



 

  • 今後の展望

デジールはヘブリオンアカデミーに戻った。

他のメンバーは、まだ戻っていません。

お茶を淹れた後ソファに座り、考えを整理した。

「今のところ、ヘブリオン帝国は⻄王国連合を⽀援することに同意しているので、アウターを危険視してくれるでしょう。彼らはこれまでのように暴れ続ける余裕がないはず」

皇帝はデジールの考えにそれほど反対しなかったので、彼らの議論はすぐに終わった。

「そしてテレポートゲートを使⽤する許可さえ与えられました」

皇帝から受け取った⾦⾊のメダリオンは、デジールのポケットの中で重く感じた。

これまで、⻄王国連合への旅⾏には⻑い時間がかかりました。

しかし、テレポートゲートの使⽤を許可されたので、時間を無駄にすることなく瞬時に到着することが出来ます。

「ジョードが研究をどのように進めているかを⾒に⾏くことさえ出来ます」

しかし、今⽇の最⼤の成果は、新しい魔法を改善するアイデアを思いついたこと。

「配置の重要性。今後は、1つずつ試して、どの配置が最適かを判断する必要があります」

莫⼤な労⼒が必要でしょう。

少なくとも1万の組み合わせを考えることが出来ます。

「現在、それが魔法の⼒を向上させる唯⼀の⽅法」

考えを整理し終えると、デジールはソファに横になってリラックスした。

窓の外では、雪が優雅に空から落ちている。

冬の夜。

国の創設記念⽇はもうすぐ終わるでしょう。

過去に起こったすべての出来事を記載した⼀枚の紙。

紙はメモでいっぱいでした。

各イベントは、重要性と⼤まかな⽇付で記録されている。

それらのイベントの中で、デジールの⽬は⼀点に固定されていました。

より⾼いレベルの影の世界の出現日。

より⾼いレベルの影の世界の最初の波が現れるまで、あまり時間がありませんでした。

 



 

陛下の協力を得て、アウターへの排除に力を入れるデジール。

アウターが何も策を用意していないはずがありません。

この作戦が成功することを祈るばかりですね。

そしてテレポートゲートを自由に使えるようになりました!

これは今後の活動に大きく影響を与えるでしょう♪

 

帰還者の魔法は特別です【135話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は135話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...