帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【133話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は133をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は119話。 ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は119話。 ...

 




 

133話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【132話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は132話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • ギルティアン・ログフェラス

デジールに向かって歩いてきた男は、⽩い仮面で顔を隠している。

背が高く大柄で、スーツは淡い紺色。

彼から溢れるオーラは他の参加者と違う。

デジールは確信する。

目の前の男がヘブリオンの皇帝、ギルティアン・ログフェラス。

内戦を終結させた事で、帝国の後見人と称された人物。

「はじめまして、陛下」

デジールは席から立ち上がり、彼に会釈する。

通常ならば、このような行為は死刑に導かれるでしょう。

しかしギルティアンが軽く嘲笑するだけだ。

「やはり君は面白いな。自分の立場をよく理解している」

「もちろんです」

「君が⾃分の⽴場を知っているなら、私がこれから⾔おうとしていることを理解出来ると思います。君の存在が私たちのような⼈々にとって、脅威のように感じられることを知っていますか?」

「脅威とはどういう意味でしょうか?私は単なる学⽣です」

そう答えた瞬間、デジールは背中が冷たく感じた。

「私を馬鹿にしているのか?」

白いマスクを通して、皇帝の両目が恐ろしいほどに冷たくなる。

「君は平民から多くの内部⽀援を受けている。最近では、⼀部の貴族も君を擁護し始めたようだね」

彼の言う通り、大会後、中立派の貴族たちとの友好的になることが出来た。

「そして君は魔塔との関係を築き、いくつかの国では、英雄としてさえ歓迎されています」

ギルティアンの冷たい⾔葉は続いた。

「私は、そのような⼈を「単なる学⽣」と⾒なす無能と一緒にしないでいただきた」

予想外の反応に、デジールは息を⽌めた。

「それが私が君を望んでいる理由です」

「・・・理由を伺ってもよろしいでしょうか?」

ギルティアンは⾮常に穏やかな⼝調で言った。

「王室の⽴場を強化するためです」

とても落ち着いた口調で。

 



 

  • ログフェラス家

「ヘブリオン帝国は平和に⾒えるかもしれませんが、実際には不安定な位置にあります」

内戦によって、現在の王室の血は途絶えた。

当時のログフェラス家は初代皇帝の血統を受け継いでいた唯一の家系。

「反乱から⻑い時間が経ちましたが、貴族たちは未だに平民を抑圧しています」

貴族たちは、平民が再び反乱を起こすことを恐れている。

「しかし、時代は変わりました。魔法と化学の進歩により、平民は貴族を殺す可能性のある⼒を⼿に⼊れることが容易になりました」

数字だけを⾒れば、平民は貴族を圧倒します。

⼤規模な集団が最新魔法の装備を備えて反乱を開始した場合、王室が以前のように耐えることができるという保証はありません。

「平民はもはや無視できる存在ではありません」

デジールはその考えに同意する。

平⺠に対する差別が続けば、第⼆次内戦が起こる可能性があると確信しているから。

「だからこそ、私は常に平民の便宜を優先しようと努めてきました。平⺠にヘブリオンアカデミーへの⼊学を許可し、常に平⺠を公平に扱ってきました」

貴族たちは平民を軽蔑し、厳しい罰を要求したが、皇帝はそれを拒否した。

「しかし陛下、ヘブリオンアカデミーでのベータクラスに対する差別は、まともな学習環境を持つことがほとんど不可能になるまで悪化しただけです」

「教授たちが、平民がアカデミーに⼊学することを⾮常に強く反対していたとき、それ以上のことを求めるのは困難でした。しかし、あなたが現れました」

デジール・アルマンの登場は奇跡としか言えないでしょう。

平民としてトップの地位を獲得した学生。

1年も経たないうちに、ほぼ平民のパーティーでレベル4の影の世界をクリアしました。

そして何よりも、彼はフリレチア帝国でのアウターのテロ攻撃を阻⽌し、⻄王国連合の王たちを保護した。

他に誰がこのような偉業を達成出来ると言うのでしょうか?

平民は偉⼤な魔術師の誕⽣を応援した。

デジールは平民にとっての英雄。

「私が⾔いたいのは、私たちにも同じような⽬標があるということです。平民を貴族の抑圧
から解放したくないですか?」

「・・・はい」

言葉を終えた瞬間、パーティーホールでのダンスと⾳楽も⽌まりました。

「私のために働いてください」

「とても名誉なことです」

デジールは即答した。

皇帝の要求に、躊躇することなど出来るはずがありません。

「宜しい」

皇帝との繋がりを築く。

それはデジールがずっと望んでいたもの。

国の⽀配者からの⽀援を受けていれば、いずれシャドウラビリンスと戦うための軍隊を訓練し始めたときに⾮常に有益でしょう。

(そして、これはラファエロにも近づくチャンスかもしれない)

 



 

  • ラファエロ・チェリンガー

ラファエロ・チェリンガー。

チェリンガー家の最も偉⼤な剣⼠の⼀⼈。

彼は前世でシャドウラビリンスの終わりに達した最強の⼀⼈。

今の彼はおそらく帝国騎⼠の指揮官だったので、皇帝との繋がりを作ることで彼に近づ
くのが簡単になるでしょう。

「しかし、1つだけ条件があります」

「私が認めることが出来るものなら」

「⻄王国連合が、魔塔を通してアウターとの戦争中にヘブリオン帝国との同盟を要求したことを聞いています」

「・・・そうですね」

「しかし、陛下は要求を拒否しました」

「⻄王国連合はヘブリオン帝国の敵です。アウターに関しては、⾔うまでもありません。彼らを助ける特別な理由はありますか?敵同⼠で戦わせばいいでしょう」

「陛下の深い意図を理解していないということではありませんが、常識はアウターに通用しません。国の将来の利益のためにも」

熟考のため息をつきながら、皇帝は深呼吸をした。

「それで、君が要求しているものは何ですか?」

「アウターがもたらす脅威に対処するために軍隊を派遣し、すぐに⻄王国連合を支援することを約束して頂きたいです。これが私の要求です」

 



 

前世ではなかった陛下との接触。

デジールの価値はただの学生ではないでしょう。

ラファエロ・チェリンガー。

彼との出会いが早まることはあるのでしょうか?

 

帰還者の魔法は特別です【132話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は132話をまとめました...
帰還者の魔法は特別です【134話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は134話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は119話。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は60話。 続きを読みた...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...