帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【132話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は132をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

132話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【131話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は131話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • フリーチェルの直感

「どこに⾏ってたの!?」

「何年も待っていました!」

デジールとアゼストが合流したとき。ロマンティカとプラムが不満そうな表情を浮かべていた。

待ち合わせ場所に到着するまでに、クロニクル劇はすでに終わっていた。

「すみません、通りにはたくさんの⼈がいたので、少し時間がかかりました」

そのように、デジールは⾔い訳をする。

プラムとロマンティカはしぶしぶ彼の謝罪を受け⼊れたが、それは彼らの怒りが消えたという意味ではありません。

かなり不満に⾒えた彼らは、彼らの軽⾷を激しく選び、絶えずデジールを悩ませました。

それはまるで、⼀緒に過ごせなかった時間の補償を得ようとしていたかのように。

機嫌が良かったので、デジールは喜んですべての要求に屈しました。

この時点で、彼らは疑いの目を持っていた。

「何かあったのかしら?」

「デジールさんはとても満足しているように見えます」

フリーチェルがロマンティカとプラムの憶測に加わった。

「うーん、アゼストさんと多くの時間を過ごし始めてからなので、二人の間で何かあったのでは?」

「・・・フリーチェル?」

彼女がロマンティカの声を聞いた瞬間、突然の悪寒が発生した。

状況を理解して、フリーチェルはすぐに後退を試みました。

「やっぱり、ロマンティカさんと⼀緒にいてとても幸せだからでしょう」

「そうよね?」

 



 

  • 突然の呼び出し

デジールのコミュニケーションパッドが鳴る。

ブリジット教授からの⾳声メッセージだ。

「すぐに学部⻑のオフィスに来てちょうだい」

声のトーンから緊急であると察した。

他のみんなも⼀緒にアカデミーに戻ろうとしたが、ブリジット教授が呼び出したのは彼だけだったので、アカデミーに戻る前にもっと楽しむように⾔った。

学部⻑のオフィスに到着したとき、ニフレカとブリジットを含む何⼈かの教授が彼を待っていました。

「ギリギリ間に合ったな」

ニフレカは派⼿なスーツを着ていました。

「どうしたのですか?」

「それについてはすぐに説明します。まず、私に従ってください」

答えたのは彼の隣に⽴っていたブリジット。

ドアが開くと、いくつかのスーツが束にぶら下がっているのを⾒た。

「教授、教えてください」

シャツをデジールに合わせながら、ブリジットは⼝を開いた。

「毎年、帝国の建国記念⽇に王室がパーティーを開くことをご存知だと思います」

「はい」

毎年、創業⽇に貴族たちは様々なパーティーに出席したり、主催したりしました。

その中で最も優れていたのは、間違いなく王室が主催したパーティでしょう。

王室が主催する毎年恒例のパーティーは⾮常に有名でした。

重要な⼈物が招待されただけでなく、⼤陸で最も影響力のある⼈物も招待されます。

それは⾼等貴族社会の頂点。

各国の最も有名な⼈物だけが参加できる社交パーティー。

下級貴族たちが参加することさえ想像もしなかった場所。

スーツを選んだブリジットは、ニヤリと笑った。

「陛下は、ヘブリオンアカデミーの最⾼の学⽣に会いたいと⾔いました」

デジールが理解することができなかった1つの疑問。

「しかし、アカデミーのシステムに基づいて最⾼の学⽣を選ぶことは不可能ではなかったでしょうか?」

ブリジットはその質問を待っていたかのように微笑んだ。

「だから私たちは会議をしました。ラドリア、アルセリア、そしてあなたのいずれかを選択する必要がありましたから。結果がどのようなものだったか知りたいですか?」

彼⼥は興奮する⼝調で素早く話しました。

「全会⼀致、それは全会⼀致でした。すべての教授があなたを選びました。パグマン教授で
さえ、あなたが最⾼の学⽣であることに同意しました!」

ブリジットの陽気な声が部屋全体に響き渡る。

 



 

  • 呼ばれた理由

デジールは王室のパーティーに出席するために、パグマン教授を伴った⾺⾞に乗っていました。

昨年とは異なり、今年のパーティーは仮⾯舞踏会のように開催されると⾔われています。

デジールは自分のマスクを調整しました。

今回のパーティーは素晴らしい機会。

彼は陛下に近づく⽅法を⾒つけようとしていました。

(・・・陛下が何を望んでいるのか予想できるので、⾃分の対応を計画し始めたほうがよいでしょう)

そう考えていると、パグマンがこっちを見ます。

「⼝を閉じておくことをお勧めします。下手に行動すれば、あなたが平民とバレるので」

「あなたが私をそんなに気にかけてくれるとは思っていませんでした」

ニフレカ教授は、デジールの反応に唇をすぼめた。

「アカデミーの名誉を傷つけてはなりませんから」

⾺⾞は⽬的地に到着した。

最後のチェックを⾏い、マスクがしっかりと取り付けられていることを確認しました。

正直なところ、パグマンはマスクを着⽤しても匿名性は得られません。

彼の存在感は⾮常にはっきりしていたので、彼が誰であるかを推測するのは簡単でしょう。

宮殿に⼊ると、パーティーホールの印象的なインテリアが⾒えてきました。

過度に贅沢であるにもかかわらず、この部屋の芸術的価値は紛れもなく際⽴っていました。

豪華な装飾が施されたヘブリオンアカデミーでさえ、王宮の宴会場と⽐べると⾒た⽬は素朴
でした。

すでにかなりの数の⼈々がこの地域を占領していました。

顔は隠されていたにもかかわらず、あらゆる⼩さな動きから染み出した優雅さは、彼らが普通の⼈々ではないことを明らかにします。

堂々とした⾳楽がパーティーホールを埋め尽くします。

人々は顔が⾒えなくても⾃然に話し合った。

「それでは、私は交流してきます。⾺⾞を待機させますので、いつでも出発できます
が、出発が早いほど良いです」

パグマンは椅⼦から⽴ち上がるとそう付け加えた。

デジールはテーブルで飲み物を飲みながら周りを⾒回す。

(さて、どうしようかな?)

周囲を賞賛するためにこの場所に来ていません。

⽬標は陛下に近づくこと。

(そして陛下⾃⾝も私に会いたがっているはず)

陛下は、ヘブリオンアカデミーの最⾼の学⽣に会いたいと⾔っていました。

しかし、パーティーが仮⾯舞踏会であるため、彼は遠くから垣間⾒ることを望んでいたことを意味することはできません。

仮⾯舞踏会に変えた2つの理由。

第⼀に、デジールの平⺠の地位が暴露されないようにすること。

そして第⼆に、陛下がパーティーで脚光を浴びないようにするため。

⼆つの理由を組み合わせて引き出した結論は、陛下が世間の⽬から離れている間に自分に会いたかったということでした。

陛下が群衆の中にいると確信していました。

パーティーホール内の⼈々を観察する。

他⼈と話をするのに忙しい⼈、マスクが覆っていない唇から飲み物をすすった⼈、⾃分の正体が露わになって恥ずかしくなった⼈。

そして。

「このような急な知らせに来てくれてありがとう」

デジールに近づいてきた⼈。

 



 

ロマンティカとも何かイベントを期待していましたが、また次回ですね。

そして王室のパーティーに招待されたデジール。

ニフレカ教授とも仲良くなったのでは?

次回は陛下との対面ですね!

 

帰還者の魔法は特別です【133話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は133話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...