帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【131話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は131をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

131話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【130話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は130話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 二人の関係

⽼婆はひざまずいて頭を下げる。

「⼼からお詫び申し上げます。愚かな孫は⼤きな間違いを犯しました」

彼⼥はダビナチョンを⾒つめながら、真剣に謝罪した。

「いいえ、⼤丈夫ですよ。お⾦を返されましたし」

「感謝します。機会があれば、あなたの未来を正確に読み取ることができます。先祖から受け継がれた歌で占いをします。私たちの恥を消すために、あなたの運命を教えてくれませんか?」

「歌?」

デジールは⾮常に興味がありました。

歌を使って未来を読むことについて聞いたことがありません。

アゼストを⾒ると、彼⼥も同意して頭を頷いた。

「ありがとうございます。私たちの誠実さを正しく伝えるために、孫にあなたたちの未来を読ませたいと思います。私が監督しますので、何も⼼配する必要はありません」

「お、おばあちゃん?」

「黙れ!私が歌を歌ってあなたが読む!」

「わ、分かりました」

「うまくいかなければ、あなたを地⾯に埋めます!」

ダビナチョンはテーブルの上の装⾝具を⼀掃し、線⾹に⽕をつけました。

⾹りが部屋全体を満たします。

デジールとアゼストは、好奇⼼に満ちた視線で彼らが何をしているのかを⾒ました。

間違いなく彼らにとって⾮常に斬新な体験。

「お待たせして申し訳ありません」

ダビナチョンは⾚いローブを着ます。

彼の⼿には、派⼿な⾦⾊のタロットカードの代わりに、使い古された⾰のカードの⼭が。

「私はあなた方の関係を読みます。始める前に、両⽅からの髪の⽑が必要です」

これは難しい作業ではありません。

デジールとアゼストの両⽅が、彼に髪の⽑を⼿渡した。

ダビナチョンは髪の⽑を炎の中に落とす。

「髪は運命を表しています。結び⽬は運命の絡み合い、つまり関係を表しています」

⼀瞬のうちに、カードは煙に覆われ、視界から消えました。

「それでは、あなた方の魂をカードに霊的に結びつける必要があります。このためには、
歌が必要なのです」

⽼婆は深く低い⼝調で歌い始めました。

「DeNaLado、Kalips。DneLanKaniWai・・・」

この曲は、歌詞に古代の⾔語を使⽤していることを除けば、特別なことは何もありません。

しかし、その歌に関連しているように⾒える奇妙なエネルギーが部屋に蓄積されていました。

「・・・DeMoon、LaSiGal、CheBe」と⽼婆が歌い終えた。

「今、あなたの魂とカードは繋がっています。カードを選択することはできますが、まだ
裏返しにしないでください。まっすぐ⾒てください」

アゼストは彼の指⽰に従う。

デジールもカードを選びました。

カードの1つには、複数の剣の絵。

「このカードは、同盟、強い絆、又は、集中⼒を表しています」

しばらくすると、彼は⼤声で息を吐き出し、⽬を開けた。

「しかし、これらの剣は微妙に切り離されています」

「・・・」

アゼストの表情が緊張に変化する。

ダビナチョンは続けた。

アゼストが選んだカードをめくった。

そのカードは崩壊した世界を⽰していました。

瓦礫の中にはお寺の柱が。

「どんなに堅固な寺院が建てられても、いつか崩壊するでしょう。時間、⾬、雪、⾵により
腐敗します。そして、限界に達すると崩壊します」

ダビナチョンは続⾏する前に息を呑んだ。

「⼈間はこれと何ら変わりはありません。私たちは⼈⽣で少なくとも⼀度は落ち込みがあります。上限が重いほど、負担と責任は重くなります。そして、転倒しやすくなります」

彼は柱を指さした。

「しかし、すべてが落ちても、最後まで頑張る柱があります。世界のすべてが崩壊した後もまだ存在している柱。もう⼀⽅が崩壊に直⾯したとき、どちらかがこの柱になります。その⼈が支えてくれるでしょう」

彼はアゼストに真正⾯から向き合った。

「この種の未来は⾮常に稀です。あなた方の関係に多くの困難を予⾒することができますが、⼆⼈がそれぞれを⼀つずつ克服するにつれて、二人のの関係はより強くなるでしょう」

「・・・」

アゼストは⼩さな笑顔を⾒せた。

強い関係。

彼⼥はこの結果にかなり満⾜していました。

お⾹は全部焼け、煙はすぐに消え始めました。

躊躇うことなく、アゼストはポケットから⾦貨を取り出しました。

⽼婆は受け取ることを拒否したが、アゼストは譲らなかった。

突然・・・。

「ははは!」

デジールは笑った。

彼はとても幸せそうに見える。

「本当に素晴らしい占いでした。特に、その歌はとても印象的でした」

ダビナチョンの⽬が広がる。

デジールは箱に10ゴールドを⼊れました。

「・・・」

「歌ってくれてありがとう」

 



 

  • ダビナチョンの改心?

彼らが別れを告げると、沈黙が馬車に残ります。

「⼀体何が起こったの?」

⽼婆は箱の中のコインを拾いました。

それを注意深く観察すると、本物の⾦貨でした。

街の中⼼部にいる占い師でも、⼀⽇でこれを⾏うことは不可能でしょう。

「おばあちゃん、あなたの歌は無⼒だと思っていました。私は馬鹿だった。その歌が無意味だと信じるのは愚かでした」

「・・・あなたが⾔っているのは、この伝統を引き継いでいきたいということですか?」

「はい、そうです。私はこの歌が重要であるかを悟りました。私たちの伝統を学び、引き継ぐことを光栄に思います」

「この⽇を待ち望んでいました。」

「歌を受け継ぐことができるのは私だけです」

「ああ、親愛なる・・・」

彼らは感動に満ちた⽬でお互いを⾒つめました。

⽼婆は突然眉をひそめた。

「死ね!」

「なんで怒ってるの!?」

「くそくらえ!私があなたを信じると思いますか?あなたはお⾦だけを気にしています!」

 



 

  • 素晴らしい発見

デジールは10ゴールド払ったことを後悔していません。

正確には、占いが好きだったからではなく、占いの⽅法にお⾦を払った。

具体的には、儀式とそれが基づいている歌。

とても不思議な曲。

⽼婆の話によると、この歌は何世代にもわたって受け継がれてきたのでしょう。

その歌はデジールの感情を揺さぶる⼒を持っていた。

(どうしてだろうか?)

曲のメロディーはごく普通。

特別な箇所はなく、特定の⾊で表現することもない。

「単なる古代の⾔葉でした・・・」

しかし、その古代の⾔葉が間違いなくデジールの⼼を動かしました。

「孤⽴した単なる通常の単語でしたが、特定のフレーズで表現されたとき、部屋のエネルギーは完全に変化しました」

⾔葉が違う順番に並べられていたら、デジールは何も感じなかったでしょう。

「⾔葉の配置、調和・・・」

彼は突然悟りを開いた。

(この観点で考えたことはありませんでした)

反転、竜⾔語、及び次元構造。

新たに発明したデジールの次元構造は、竜⾔語を呪⽂に変換することでした。

(あの歌は、次元構造に⾮常に似ています)

これまで配置を気にしたことはなかった。

それはまるで⾔葉の配置を気にせずにランダムに歌を作っているかのように。

(これまでのは無意味にまとめられた⾔葉)

「これからは魔法を向上させることが出来ます!」

魔法の最良の組み合わせを⾒つけることができれば・・・。

「これはこの世界で最も素晴らしい⾰新かもしれません」

 



 

デジールとアゼスト。

二人の未来には障害が多そうですが、二人なら乗り越えられるでしょう。

ロマンティカとの未来も気になりますが。

そして新たな発見!

デジールの魔法は進化を遂げることが出来るのでしょうか?

 

帰還者の魔法は特別です【132話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は132話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...