帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【129話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は129をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

129話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【128話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は128話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • ヘブリオンクロニクル

1⽉4⽇。

この⽇は、最初の皇帝が国を設⽴した⽇として知られています。

ヘブリオン帝国の⾸都であるドレスデンは、帝国で最⼤の都市であり、その結果、全国で最⼤のお祝いを開催しています。

街は⼈々で賑わっていました。

最近、アウターの活動に脅かされていたにもかかわらず、ドレスデンの市⺠は、緊張したり、危険を感じたりしませんでした。

強大なセキュリティに守られているからでしょう。

そのうちの1つは、あの有名な「光の騎⼠」もいます。

群衆の中にはヘブリオンアカデミーの学⽣も大勢いました。

彼らは⼀晩中お祭りを楽しんだ。

アカデミーが創設祭に学⽣を解放することを決定したとき、学⽣全員がアカデミーの決定を賞賛しました。

デジールもその中の一人です。

彼らはすべてを忘れて、祭りの夜を楽しみたかったのです。

パーティメンバーは彼らが望むすべての物を⾷べました。

「しまったわ!あのお菓子を食べていない!」

ロマンティカがお菓子を頬張りながら叫びます。

ちなみに、どこかからパンフレットを⾒つけて、おすすめの観光地を注意深くチェックしてメモをとっていたフリーチェルの姿も。

彼らはどこに行こうか悩んでいた。

デジールはそんな彼らにアドバイスをしながら祭りを楽しんでいる。

そんな中でも、ヘブリオンクロニクルがオススメと言いました。

ヘブリオンクロニクルは、ヘブリオン帝国の歴史全体を語った劇です。

劇は全部で5つの章がありました。

興味深いことに、劇全体が1つの劇場で上演されるわけではありません。

街中には5つの異なる劇場があり、それぞれが異なる章を演じています。

彼らは劇場を見ることを決定しました。

 



 

  • ベスワードベーカリー

そんな中でアゼストの様子を見ると、彼女は群衆の波に疲れているように見えました。

デジールは、彼女がまだ何も食べていないことに気づく。

「アゼスト、何か⾷べたい?」

「⾷べたいもの・・・、特に思い浮かばない」

「アイスクリームやワッフルなどはどうですか?」

プラムがそう提案するが・・・。

ロマンティカがどこからともなく出てきて、グループが向かっていたのとは反対の⽅向にデジールを引っ張った。

「⾷べたいものは何でも買えると言ったわよね?あれが食べたいです」

「ロマンティカ、後でも・・・」

「今!遅れると完売します!」

すぐに、デジールとアゼストは引き離された。

プラムとロマンティカはお互いを⾒て、同時に微笑みました。

「「彼らにチャンスを決して許さないでください」」

二人は毎秒彼らに⽬を向けていて、彼らに⼀瞬の隙も許しませんでした。

すでににぎやかな通りでしたが、さらに混雑します。

「いったい何が・・・」

「あれを⾒て」

ロマンティカは、パンの絵が描かれた看板のある場所を指差した。

「ベスワードベーカリー」

とても有名なパン屋でした。

ベスワードベーカリーは帝国のいたるところに⽀店がありましたが、ドレスデンの⽀店にはチョコレートケーキがあり、すべての観光客にとって必⾒と考えられていました。

⾏列の⼈数が異常に多い。

プラムは嫌な予感を察知する。

「・・・ここから脱出する必要があります。」

ほんの数秒間躊躇しただけで、彼らの周りの道を完全に塞ぐのに⼗分な時間でした。

パン屋があった通りの反対側にたどり着こうとして、群衆の中の流れに逆らうことに決めました。

「すみません。通ります」

「すみません」

⼀歩ずつ、彼らは群衆の中を歩き回りました。

その場所から抜けようと試みますが、最早手遅れです。

ベスワードベーカリービルの上に⽴っている猫のマスコットが⼝を開いた。

「これから、ベスワードベーカリーイベントを開始します。500個限定のチョコレートケーキを販売しています!」

 



 

  • はぐれた二人

それは災害でした。

「なにが・・・、うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!」

デジールのパーティは⼈々の津波に襲われた。

周りを⾒回しましたが、周りに誰も⾒つかりません。

全員が⼈々の洪⽔によって四⽅⼋⽅に引き離されていた。

そんな中で、一人の手を握ることに成功します。

顔を⾒ることができなかったが、それはメンバーの⼀⼈であると考えた。

(最初にここから出る必要がある)

デジールは⼀度に⼀⼈ずつ通り過ぎ、ついに熱狂的な群衆から抜け出しました。

服はシワクチャで、彼は完全に混乱していた。

深呼吸した後、デジールは連れてきた人物が⼤丈夫かどうか尋ねる。

「⼤丈夫ですか?」

「⼼配する必要はありません」

とても落ち着いた声。

頭を上げて相手が経っている方向に目を向けると、すぐに相手の姿を理解出来た。

シルバーブロンドの髪。

デジールがずっと⼿を繋いでいたのは、アゼストでした。

 



 

少しの間の休暇期間ですね。

これからの戦いは激戦が想定されますから・・・。

ここに来て、デジールとアゼストが急展開!

次回も楽しみです^_^

 

帰還者の魔法は特別です【130話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は130話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...