帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【127話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は127をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

127話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【126話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は126話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • デジールの課題

その⽇の計画を終えて、デジールは安堵のため息をつく。

大きな変更に遅れないようにするため、彼は事前作業を行う必要があったのです。

しかし、それとは別の問題も。

それは彼自身の力。

結局のところ、自分を守るためには力が必要です。

国の規模で変化を起こすことは⾔うまでもありません。

「俺は強くない」

これがデジールの⾃⼰評価。

第5級相当の力を手に入れましたが、それでも十分ではありません。

彼の新しい力にも問題点はある。

いくつかの呪⽂を組み合わせて解き放つ⽅法は、マナを大量に消費する。

現状では非効率なこの力の改善点。

それを調べるため、デジールは寝る間も惜しんで研究を行ってきました。

それでも改善点はまったく見つかりません。

部屋の至る所に本が散らばっていた。

[魔法の配置システムの弱点]

[最も便利な魔法のシステムは?]

[影の世界の洞察Vol.3:魔法の世界の種類とその意義]

様々な本を読み漁ったが、何もヒントはなかった。

「これ以上は、自分自身の力では難しいな・・・」

すべての希望が失われたように⾒えたとき、彼は誰かに相談する必要性を感じました。

 



 

  • 魔塔主への相談

ジョード・エグザリオン。

唯⼀の第7級魔法使いであり、魔塔主。

デジールは、コミュニケーションパッドを机の上に置いて通話を行った。

「やあ、デジール。ちょうど、オーロラシステムのテスト結果を共有したいと思っていた所だ」

「今日は、あなたに相談したいことがあって連絡しました」

「それは興味深い!君はこれまで、私にアドバイスを求めたことがないのに。私に出来ることなら、何でも手伝うよ」

ジョードは、デジールの発言に内心驚いていた。

彼がアドバイスを求めたのは、これが初めての事だから。

「最近、魔法システムを研究していますが、これ以上改善するのが困難で」

「魔法システム?なるほど・・・」

ジョードは失望を僅かに漏らしましたが、デジールの説明を聞いて、彼はしばらく黙っていた。

「凄いな・・・。君が素晴らしいことは知っていましたが、このようなことが出来るとは思いませんでした」

ジョードは、デジールへの称賛を表明した。

しかし、彼の力でもデジールへのアドバイスは思い浮かばなかった。

偉⼤な賢者、ジョード・エグザリオンにとって、竜魔法の概念は、彼の認識から完全に外れた領域。

デジールは諦めざるを得なかった。

後悔は残るが、それ以外の事に力を注ぐしかないと判断する。

 



 

  • オーロラシステム

オーロラシステム。

⼈類によって作成され、過去の時代でシャドウラビリンスの終わり近くに実装された究極のシールド。

ジョードのテスト結果によると、第6級魔法を防ぐ力が備わっているらしい。

前世でオーロラシステムを完成させるのに、遥かに⻑い時間がかかりました。

シャドウラビリンスのせいで、多くの才能ある⼈々が命を落とし、そのような状況下で必要なお⾦と時間を投資することはそれほど簡単ではありませんでした。

しかし現在は、⼈々はこの技術の開発に専念することが出来て、お⾦の問題もありません。

この速度ならば、前世の終わり近くに流⾏していた技術レベルに素早く追いつくことが出来るでしょう。

「携帯バージョンも設計出来ました」

しかしその効果は一回のみ。

材料費と製造費を考えると、間違いなく使い捨て品として扱うには⾼すぎる。

しかし、デジールはこれで⼗分だと感じた。

マナを消耗することなく第6級の呪⽂を防御できることは、絶望的な戦いで流れを変えることができる、並外れた偉業でした。

「それで⼗分です。ありがとうございます」

「正直なところ、デジール。私は何年もの間、これほど興奮したことはありません!君のおかげで、魔塔は重要な技術的進歩を遂げました。次のプロジェクトについて話しましょう・・・」

議題を切り替えようとしたジョードの言葉を、デジールは遮った。

「オーロラシステムはまだ完成していません。そのまま実⽤化するには、かろうじて⼗分レベルです」

「かろうじて?「かろうじて」と言いましたか?これで⼗分だと言ったばかりではありませんか?」

ジョードの声に、少しだけ怒りが混ざっている。

⻑い間試⾏錯誤を繰り返して、完成したオーロラシステム。

この段階でも、前世の技術に追いつく事は出来るでしょう。

しかし、デジールは満足していない。

今回は、さらに開発する必要がありました。

「⽬標は、プリレチャで使⽤した魔法を⽌めるのに⼗分な強さのものを作ることです」

ジョードは⾃分の⽬で、デジールの竜魔法を⽬撃していました。

「そんな事が可能だと、本気で言ってるのですか!?」

「もちろん、この段階でも商品化は容易です。しかし大陸一の魔法使いであるあなたが、簡単にノーと言うのですか?」

「・・・君は私を狂わせるな」

ジョードは笑った。

「そんな事を言われたらノーとは言えませんね。あなたの期待に応えられなかったら、私のプライドが傷つきます!」

「じゃあ、頑張ってください」

ジョードの熱意が再び活気づき、オーロラシステムの議論は終わりを告げました。

「それと、デジール。もう届いているはずです」

「どういう意味ですか?」

「皆さんへの新年の贈り物です。⽣徒たちが気に⼊ってくれることを願っています」

「魔塔主様が個⼈的に送ったものを嫌う⼈は、この世界には誰もいません」

「そう言ってくれると嬉しいです。またすぐに連絡しますね」

「はい」

通信を終了したとき、デジールは受信トレイに数⼗のメッセージがあることに気づきました。

送信者のほとんどはロマンティカからのメッセージです。

内容はすべて同じ。

「いつ来るの?」

ロマンティカの必死の衝動の背後にある理由を簡単に推測し、苦笑いを浮かべました。

 



 

デジールの課題はジョードでも解決出来ませんでしたね・・・。

しばらくは現状維持なのでしょうか?

ロマンティカのメールの内容は、おおよそ予想が出来ますね(笑)

 

帰還者の魔法は特別です【128話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は128話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...