帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【126話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は126をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は133話。 ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は133話。 ...

 




 

126話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【125話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は125話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 1月1日

コンコン。

デジールは窓をノックする音で、目を覚ました。

窓から見えるアカデミー周辺の景⾊。

「おお・・・」

どうやら、一晩中雪が降っていたようです。

こんな光景を2度と見れないと考えていたデジールにとって、雪は複雑な感情を与えました。

「初雪ですよ、デジールさん!」

声のする方に視線を向けると、プラムが外ではしゃいでいた。

彼の頬は、寒さから紅潮している。

「デジールさん!一緒に雪だるまを作りましょう!」

デジールはそれに応えて、ため息をついた。

「本気ですか?もう子供じゃないんだから、プラム」

「作らないのですか?」

プラムは少し悲しそうに⾒えましたが、デジールから見れば、とても可愛い表情。

少しの間、心が揺れるデジールでしたが、彼はすぐに気持ちを切り替えました。

「・・・今日はやることが多いから。起こしてくれてありがとう、プラム」

そう言って窓を閉めようとすると・・・。

バシャっ!

雪玉がデジールの顔面を直撃する。

「あはは、デジールさん。油断しすぎですよ」

プラムは恥ずかしそうに笑っていた。

ハニートラップが失敗したので、彼は強硬策に出る。

「俺がそんな幼稚な挑発に陥ると思うなら、それは間違いです、プラ・・・」

バシャっ!

最後まで言葉を続けることが出来ず、デジールは再び雪玉を受けた。

プラムから⽬を離さなかったにもかかわらず。

彼の投げる雪玉は、恐ろしい速度だった。

「何て言ったのですか?デジールさん」

雪玉は柔らかいのでダメージはありません。

デジールは自分の顔を拭いて。

「ちょっと待ってて下さい」

そう言って、彼はコートを着た。

1⽉1⽇。

アカデミーは、降雪の夜の後、冬のワンダーランドに変貌していた。

 



 

  • 二人の英雄からの手紙

新年が近づくと、ヘブリオンアカデミー内の雰囲気はリラックスし始めました。

数ヶ⽉前に残った傷跡が薄れ始めたようです。

2⽉に始まる予定の休暇の前に、学⽣は多くの⾃由な時間を与えられました。

ただし、デジールは例外。

彼は机に並べられた多数の書類を整理していました。

新聞には。

[⻄王国が主導権を握る!]

[⻄王国連合の王たちは、アウターとして知られるグループに対して全⾯戦争を宣⾔した。魔塔のジョード・エクサリオンは、平和を乱す者は処分されるべきであるとの声明を発表。その結果、魔塔⽀部は、魔法の装備の供給を増やすことで⻄王国連合を後援し始めました・・・]

自分の⾏動が、世界に影響を与えていることが明らかになりました。

次に⽬を通したのは⼿紙。

プリシラとジョードからの手紙です。

彼らが提供した情報に基づいて、状況を冷静に分析し始めました。

現在、オーロラシステムの開発が遅れています。

オーロラシステムは、デジールがもたらしたアイデアの⼀部を使い生まれた、次世代の防御装置。

アウターに占領されていたプリレチャ帝国の銀⼭が奪還された。

連合軍は、アデイナ王国の南部から脱出したアウターに対して戦術的な魔法を使⽤しました。

様々な状況を、デジールは把握しなければいけなかった。

 



 

  • ログパレス家

「ふぅ・・・」

デジールはソファに寄りかかってため息をついた。

「過去に静かだったアウターが、なぜ今、こんな壮⼤な動きをしているのか分からない」

その理由を考え続けているが、結論は出ません。

「最近の動きの結果として、⾮常に前向きな変化が⼤陸全体で起こっている」

世界は今、前世とは明らかに異なる軌道に乗っていた。

デジールが直接体験した過去の歴史。

5カ国の同盟である⻄王国連合は、紛争の⽋如のために互いに競争することを止めました。

彼らに将来の備えはなく、お互いを牽制しながら、自国の利益だけを追求していたのです。

その結果、シャドウラビリンスに直⾯した時、彼らは何も出来なかった。

「しかし、今は違う」

デジールは地図を⾒た。

多くの場所で多くの出来事が起こっていましたが、最も有利な出来事は⻄王国連合の出来事。

アウターという共通の敵に対して、彼らは一つになった。

これはシャドウラビリンスにも、大きな影響を与えるでしょう。

しかし・・・。

ヘブリオン帝国に隣接する国を⾚でマークした。

⻄王国連合を構成する国の中で最⼤の領⼟を誇り、最も軍事⼒のある国。

「ディバイド王はアウターを見下し、彼らを軽視していた。それなのに、どうして多くの軍事力を提供しているのだろうか?」

いくつかの仮説を⽴てましたが、証拠を裏付けることなく推測することしか出来ません。

ディバイド王が何を考えようとも、⻄王国連合は統⼀され、良い⽅向に進んでいた。

デジールは次の問題のある場所に⽬を向けた。

現在、⼤陸で最強の帝国であったヘブリオン帝国。

「鍵となるのは、⻄王国連合とヘブリオン帝国の関係・・・」

⻄王国連合とヘブリオン帝国は関係が良くない。

影の世界が現れてから停戦が調印されましたが、それは⼀時的な停戦にすぎませんでした。

デジールは⻄王国連合の英雄として歓迎されたが、それは個⼈の名声であり、両国の関係を変えることはなかった。

「結局のところ、皇帝が鍵です」

ログパレス家。

ヘブリオン帝国を統治する偉⼤な家系。

「残念ながら、俺はログパレス家について何も知りません」

これまで、彼は常に以前の記憶と経験に従って⾏動してきました。

しかし今回は、彼は計画の基礎となるものを何も持っていません。

 



 

デジールとプラムの雪合戦。

以前のビーチバレーと同様に、遊びの領域を超えそうですね(笑)

西王国連合の違和感に気づくデジール。

彼の洞察力があれば、クロウマスクの作戦を察する事が出来るかもしれません!

 

帰還者の魔法は特別です【127話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は127話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は133話。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は71話。 続きを読みた...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...