帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【124話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は124をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は119話。 ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は119話。 ...

 




 

124話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【123話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は123話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • クロウマスクの作戦

クロウマスクが説明する。

「ディバイド王国が、アウターの処分を⽀援するために多数の軍隊を派遣します。私たちがすべての連合国の中で最も多くの軍隊を提供する事で、⻄ローマ帝国の主導権を握ることが出来ます」

ピエロマスクはうなずいた。

「うーん、なるほど」

「私たちは⻄ローマ帝国を段階的に⽀配します」

綿密な計算によって考案された戦術。

ピエロマスクのクロウマスクへの愛着はますます⾼まった。

「よし、その計画を進めましょう」

クロウマスクは鏡に視線を戻す。

そして、多くのマーカーの中から、彼の視線は1つに集中していた。

ヘブリオンアカデミー。

毎年、クロウマスクはヘブリオンアカデミーを倒す最善の⽅法を考えていました。

部下であるベンキックは、仮想の影の世界を作成することを可能にする魔法のレベルに近づくのに⾮常に⻑い時間を要しました。

失敗することは出来ませんでした。

しかし、計画は崩壊した。

絶対的な敗北だったと⾔っても過⾔ではありません。

クロウマスクはそのような状況に備えてスカルマスクから取得したアーティファクトを使⽤しました。

躊躇うことなくベンキックを殺す。

計画が失敗した場合、彼を殺さざるを得なかった。

ベンキックはアウターについて、あまりにもよく知っていたから。

計画が失敗したとしても、クロウマスクは彼が平民であるという事実を利⽤して、平民と貴族の間の敵意を強めることを計画していた。

しかし、それすら沈黙に終わります。

予想された混乱は起こりません。

しかし、なぜ?

マインドコントロールを使⽤したときに⾒た顔を思い出して、クロウマスクは簡単に理由を理解出来た。

同じ⼈物が計画に⼲渉したという事実は、またしても、クロウマスクの表情を怒りに染める。

「汚い偽善者が」

 



 

  • 事件の後

ヘブリオンアカデミーは異常に暗い雰囲気に包まれていた。

パーティ⼤会の状況が落ち着くと、ヘブリオンアカデミーは犠牲者の家族に知らせを届けます。

それぞれの家族は、悲しみを独⾃の⽅法で表現した。

ニュースを受け⼊れて無⾔で泣いた⼈。

現実を受け⼊れずに⼦供を探しに⾏った⼈。

アカデミーに対する怒りを表明した⼈。

彼らの悲しみの⽅法は異なっていましたが、共通点の1つは、泣かない⼈は⼀⼈もいなかったということ。

ヘブリオンアカデミーは彼らを慰めるために最善を尽くし、必要な措置を講じました。

「最後に娘の顔を⾒たいです」

ある伯爵夫⼈の妻は嘆願したが、それを認めることは不可能でした。

誰かが影の世界で終わりを迎えるとしたら、彼らの死体はその世界の⼀部になるでしょう。

影の世界がクリアされると、世界も消えます。

⾁体はありませんでしたが、彼らの死を証明する⽅法はありました。

パーティ⼤会の記録。

しかし、それを確認したいと思った家族は⼀⼈もいません。

家族が悲劇的な終わりを迎えた瞬間を⽬撃したくないから。

故⼈の所持品が家族に返還された後も、騒ぎは衰えません。

結局、ヘブリオンアカデミーが出来る唯⼀のことは、皆が落ち着くまで待つこと。

合計14⼈の犠牲者。

アルファクラスから9人。

ベータクラスから5人。

そして1⼈の教授。

ベンキック・ペリアムス。

⼀⽣を教育に捧げてきた彼には、家族と呼べる⼈は誰もいなかった。

彼は⼀⼈でした。

対⽴していた教授は呟く。

「彼が休暇中、ずっとアカデミーに滞在したのも不思議ではありません」

誰もがベンキックを憐れんでいた。

彼の献⾝と努⼒はヘブリオンアカデミーによって認められ、彼は⽴派な⼈々だけに開かれた国⽴墓地に安置されました。

棺桶に向かって⼀列に並んでいた⽣徒たちに、⾚い紅葉が降り注ぐ。

状況に対応してくれた数⼈の教授を除いて、すべての学⽣と教授が葬式に出席した。

その後まもなく、ジャスティンのスピーチが始まりました。

彼はベンキックの⼈⽣、ヘブリオンアカデミーの学⽣のためにどれほど⼀⽣懸命働いたかについて話しました。

人々の泣き叫ぶ声が。

ベンキックを⼤いに賞賛していたベータクラスの学⽣は大勢いました。

 



 

  • デジールの目標

彼の棺を⾒下ろすと、デジールは悲しみを装った。

こんな⽪⾁なことがあるのだろうか?

これはすべて、⼀⼈の嘘が原因。

真実が公表された場合、最悪の状況に陥ることは間違いないでしょう。

貴族はベンキックをアウターとしてではなく平⺠と⾒なし、多くの差別を引き起こし、別の反乱に繋がるでしょう。

不可逆的な崩壊への近道。

デジールはそれを起こさせる事が出来ませんでした。

ベンキックの終焉を⽬撃したのはデジールだけ。

彼は、精神を制御するアーティファクトで亡くなりました。

アウターの誰かが、彼らに関する情報を⼊⼿するのを防ぐためでしょう。

しかし、ベンキックの死のおかげで、デジールは嘘をつくことが出来ました。

デジールは時間を無駄にする余裕がなかった。

何か冷たいものが彼の⼿のひらに当たる。

それは冷たい葉っぱ。

突然、学部⻑の声が響き渡った。

「私たちは、残酷に犠牲にされた学⽣と私たちの最愛のベンキック教授を忘れません。彼らは永遠に私たちのそばにいます」

(私は嘘に罪悪感を感じていますか?)

・・・おそらく。

(もし別のチャンスが与えられたら、私は別の選択をするだろうか?)

いいえ、決して。

デジールは⾸を横に振った。

何千、何百万ものチャンスを与えられたとしても、彼は同じ決断をするでしょう。

「私は⾃分の⽬標を忘れてはなりません」

⾃分の⽬標を達成するために何が重要で、何をする必要があるかを痛感していました。

「未来を防ぎ、⼈類を救うために、それが必要とされるたびに厳しい選択をします」

偽善者。

それは問題ではありません。

デジールの⽬標は、正義のようなものを強制することではありません。

来たるべき災害から皆を救うこと。

「そのためなら、私は喜んで⾃分⾃⾝を偽善者と名付けます」

新しく⾒つけた決意を固め、デジールはまっすぐ前を⾒つめました。

ベンキックの棺桶の横に並んでいた多くの学⽣や教授たちが厳粛に⽴っていた。

彼らは憎しみとアウターを倒したいという願望で燃えています。

デジールは、パグマン教授がハンカチをブリジット教授に引き渡すのを⾒た。

パグマン教授も涙を流していた。

現時点では、平民と貴族を隔てる壁は存在していません。

「・・・それだけです」

ジャスティンのスピーチは終わりました。

彼らはベンキックの棺を厳粛に埋めた。

呻き声の⾵が、みんなの顔を叩く。

そんな感じで、秋の葬式は終わりました。

 



 

アウターの作戦が徐々に大きくなりますね・・・。

デジールは防ぐことが出来るのでしょうか?

彼だけが知る真実。

ベンキックの葬式は複雑な思いでしょうね。

彼がどうしてアウターだったのか、その理由は今後明かされるのでしょうか?

 

帰還者の魔法は特別です【123話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は123話をまとめました...
帰還者の魔法は特別です【125話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は125話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は119話。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は60話。 続きを読みた...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...