帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【123話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は123をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は131話。 ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は131話。 ...

 




 

123話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【122話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は122話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • ディバイド王国

ディバイド王国では奇妙な噂が広まっていた。

「最近、陛下が変わったと思いませんか?」

「毎晩、陛下の寝室に若い⼥の⼦を招待すると聞きました」

王宮庭園。

そこに集まった庭師たちは、⽊を刈りながら噂を交換しました。

「状況はますます不安定になっています。陛下は⾒知らぬ人間を兵士として雇っているそうです・・・」

「シーッ。陛下が来ました」

庭師の⾔葉で、誰もが黙った。

しばらくして、マントを纏った男が通り過ぎます。

彼の後ろを歩く騎⼠たちが⾒えなくなると、庭師たちは満場⼀致で安堵のため息をついた。

彼は何も聞いていませんでした。

遠くから何かを聞くのは難しいでしょう。

しかし、残念ながら彼らの仮定は間違っていました。

彼らが安堵のため息をついたとき、陛下は騎⼠たちに命令を下しました。

「宮殿内で⼝を動かす、すべての人間を殺しせ」

「はい、陛下」

騎⼠たちは皆、⼀⻫に庭師に向かった。

男は嘲笑した後、一人で廊下を歩いた。

 



 

  • アウターの集まり

しばらくして⽬的地に着くと、ドアノブを握りながら呟く。

【捨てられた誓いは深海でも明るく輝きます]

まるで彼の⾔葉を理解しているかのように、ドアが開いた。

その場所は、王の眠っている部屋とは見えないほど暗すぎる不吉な雰囲気の部屋でした。

男が寝室に⼊ると、彼は⼝を開いた。

「気に入ったか?」

「ええ、今までと⽐較して、ここはとても楽しいわ」

⼥性が⼤きなベッドで横になっています。

複雑な宝⽯や⽻で飾られたマスク。

はっきり見えませんが、マスクに隠された顔は間違いなく美しいでしょう。

彼⼥は穏やかな⼝調で話しました。

「私はここが本当に好きです。柔らかい⽑布と贅沢な⾷べ物、何よりも、若い女性が無限に提供されますから」

ディバイド王はマントを脱いだ。

その瞬間、彼の大きな体は、本物ではないかのように縮み、⾮常に細い体を明らかにしました。

顔だけがディバイド王に似ていました。

「それなら安⼼です。慣れない事をすると、頭が割れそうになります」

彼は背中を⼥性に向けて不平を⾔った。

顔を⼿探りして、「ディバイド王の顔」を外してテーブルに置く。

そして胸からピエロのマスクを取り出し、顔を隠した。

「これ以上に私に合うマスクは他にありません」

ピエロマスクはいつもの狂った笑顔を⾝に着けていました。

彼は本棚に近づき、様々な本を動かした。

すると、本棚が軋みで横に滑る。

隠れたエリアが現れました。

ピエロマスクとフェザーマスクが⼊ると、ドアは⾃動的に閉まります。

薄暗い部屋には、クロウマスクとスカルマスクをかぶった⽩髪の⽼⼈が座っていた。

彼らの前には巨⼤な鏡が置かれています。

鏡には各国の主要な施設だけでなく、地元の⼈だけが知っている詳細な情報も表⽰されていました。

鏡はリアルタイムで情報を更新し続けています。

ピエロマスクは、これほど注⽬に値するアーティファクトを⾒たことがありませんでした。

これは、影を保持する鏡と呼ばれています。

制限なしで、遠くから起こっている「イベント」に関する情報を収集出来ます。

すべてのアーティファクトの中でも、情報を収集するその能⼒は驚異的でした。

このアーティファクトがなかったら、アウターはずっと前に解散していたでしょう。

スカルマスクには、このレベルのアーティファクトがさらにいくつかありました。

 



 

  • スカルマスクの作戦

ピエロマスクは視線を鏡に戻しました。

クロウマスクは⻑距離通信デバイスを使⽤して、いくつかの国に散らばっている部下に命令を送信しています。

「リントリンの軍隊はリハイムの軍隊と合流します。まもなく⼤規模な動きがあります」

「ヘブリオンの軍隊は北に集まっています。広範囲にわたる検査が期待されます。全ての⾏動を停⽌し、可能な限り⾝を隠します」

クロウマスクはかつて帝国の⾸都を占領した指揮官であり、当時広く恐れられていた敵
となる戦術と戦略を⽰していました。

膨⼤な情報の海と優れた指揮官。

この2つの組み合わせにより、アウターは驚くべき結果を得ることが出来ました。

ピエロマスクは、動き回っているクロウマスクに話しかけます。

「今⽇、⻄ローマ帝国から公式メッセージが届きました」

クロウマスクは通信機器の電源を切り、ピエロマスクをぼんやりと⾒つめ、話の続きを促した。

冗談を⾔いたいという欲求を抑えて、ピエロマスクは話し続けました。

「彼らは指揮する権利を要求し、又、ディバイドが任命したアバロン軍からの兵⼠を要求した」

「彼らの⽬標は?」

「アウターの終焉」

ピエロマスクが述べた⾔葉は、⻄ローマ帝国からの全⾯戦争の宣⾔でした。

しかし、誰⼀⼈として驚きません。

時が来た。

プリチェラでの出来事以来、⻄ローマ帝国の5か国は、アウターを追い払うために⼒を合わせる事を全会⼀致で同意していました。

彼らはついに動き始めました。

しかし、それは少し遅かった。

アウターは帝国全体とその軍事⼒を把握していました。

「誰が最も多くの軍隊を派遣しているのですか?」

ピエロマスクは、その国について話したときに冷笑しました。

「プリチェラ帝国。彼らはまだ損失から回復していませんが、アウターへの怒りで溢れているに違いありません。ふふ・・・」

嘲笑の⾳が部屋全体に響き渡る。

すぐに、その⾳はクロウマスクの命令によって中断されました。

「彼らに2倍の数の軍隊を送ってください」

「え?」

「え?」

ピエロマスクとフェザーマスクは頭を傾げました。

それは彼らが理解出来なかったから。

「なぜその決定をしたのか聞いてもいいですか?」

アウターは、⼒を合わせた多くの異なるグループで構成された組織。

それらが1つに統合されると、一つの誓約が⾏われました。

⽬標を達成するために、必要な時にいつでも他⼈を利⽤することが出来ます。

組織は同じ理想によって団結していた。

ピエロマスクがクロウマスクの論理的根拠を聞いたとき、彼は歓喜で笑わずにはいられ
なかった。

 



 

舞台は変わりディバイド王国。

以前の酒場を惨劇にしたピエロマスクの登場です。

パーティ大会の主犯はピエロマスクでしょうか?

でも彼ならもっと残酷な作戦を考えそうですよね・・・。

 

帰還者の魔法は特別です【124話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は124話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は131話。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は70話。 続きを読みた...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...