帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【122話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は122をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は133話。 ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は133話。 ...

 




 

122話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【121話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は121話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • ベンキック・フェリアモス

ベンキック・フェリアモス。

ルーン⾔語の教授になった平民。

「誰かがしなければなりませんでした」

冷ややかな⼝調で吐き出した⾔葉は、学⽣たちに愛されていた教授の痕跡はない。

彼の⽬は野獣のように輝いていた。

「どうして私だと気づきましたか?」

「証拠はありませんでした。最初は単なる推測です」

デジールは表情を変えません。

「しかし、ヘブリオンアカデミーの監視組織内にいて、⽯を操作するスキルがあり、貴族を殺す動機がある。これらの条件を満たす容疑者はわずかしか残っていません」

「私は焦りすぎたか・・・」

「・・・本当にあなただったのですね?」

「今更否定する意味が?ええ、私ですよ」

デジールが最も懸念していたことが、完全に実現されました。

彼は呪⽂でドアをロックしする。

ベンキック教授も解除を試みるが、失敗しました。

「あなたが行ったことのために14⼈が犠牲になりました」

ベンキックは瞬きもせずにうなずく。

「知っていますよ、デジール。私も⾒ていましたから」

「悲しみは?後悔は?この行動はあなたにとって何の意味もないのでは?」

「必要な犠牲です」

必要な犠牲?

「世界の歴史を⾒てください。歴史の流れは、暴⼒と流⾎によってのみ変化しました」

ベンキックは⾃分の机に戻った。

「ヘブリオンアカデミーも例外ではありません」

この場所に⾼密度のマナが集まっているのを、デジールは感じました。

それがアーティファクトの効果であることは明白です。

アーティファクトは、影の世界をクリアした後に出現する可能性が低い宝物。

カラス仮面が使⽤する物のように、全てのステップをスキップして呪⽂を呼び出すことが出来るアーティファクトもありました。

アーティファクトは常識を超えているため、予測不可能で強⼒。

そのため、デジールはベンキックの指から⽬を離すことが出来ません。

「ヘブリオンアカデミーは・・・、影の世界と戦うために必要な⼈材を育成するために設⽴された教育機関でした」

遠い過去から来た物語。

「ヘブリオンアカデミーの目的はずっと前に消えていきました。⼈類はすでに影の世界をクリアするのに⼗分な能⼒と⼒を持っています。それ以来、⼈間の間で戦い始めました。世界の現実を⾒てください。この場所は、貴族が平民を虐待し、彼ら⾃⾝の喜びのため繁殖地です」

彼の⼝調は穏やかでしたが、激しい憎しみが含まれています。

「変化が必要です、デジール。私たちは貴族と団結する必要はありません。彼らは私たち平⺠にとって敵です」

「あなたの⽬標が平民の地位を上げることであったとしても、こんな方法は間違っている。しかし、この間違いを償う⽅法はまだあります。平民のために出来ることはまだ沢山ある」

ベンキックの話はデジールには響かない。

デジールは、庶⺠の⽣活を向上させるために、様々なことを試みてきたベンキック教授に希望を持っていた。

しかし、彼はもはやベンキックを教授とは考えていません。

彼は単なるアウターでした。

⻑い沈黙を破った後、デジールは⼝を開く。

「あなたの⽅法は明らかに間違っています。誰があなたにそうするように頼んだのですか?他⼈にあなた⾃⾝の基準を置かないで下さい」

ベンキックは、⾃⼰嘲笑と⾃⼰嫌悪の⼝調で話しました。

「・・・ええ、あなたがそんな性格だったのは知っていました」

デジールとベンキックは、お互いに⽴ち向かいました。

「しかし、あなたは私たちの⽬標と同じだと思っていたのですが」

「・・・」

 



 

  • 残酷な結末

デジールの目標は、確かにアウターと同じです。

ヘブリオン帝国が変化する必要があることを誰よりもよく知っています。

ヘブリオンアカデミーだけでなく、⼤陸全体にとっても。

しかし。

この道を歩み続ければ、現在の状況は良くなるかもしれませんが、将来は絶望に陥るでしょう。

将来を知っていたデジールにとって、そのような変化は無意味でした。

そもそも、前提⾃体が間違っている。

影の世界の脅威は消えていません。

「平民と貴族は協⼒しなければなりません。お互いを理解しなければなりません。そこから始めなければなりません」

少し間を置いた後、ベンキックは尋ねました。

「あなたは団結について話しているのですか、デジール?平民と貴族の団結?」

彼は完全な嘲笑の笑顔を隠すことが出来ません。

「それは不可能です。夢から⽬覚めなさい!妄想から⽬覚めなさい!」

その⾔葉が触媒であるかのように、⼀連の出来事が急速に展開されました。

デジールは⼿を前⽅に広げながら呪⽂を唱える。

【ワンドブラスト】

本棚が粉々になり、⽊の破⽚と紙がデジールの顔に当たる。

(アーティファクトがまだ発動していないことを考えると、テレポート魔法ではない。特定の条件によってのみ発動されるアーティファクト?それとも時間が必要?)

ベンキックの声が響く。

「彼は私たち平民にとっての希望です。彼は本当の意味でこの世界に変化をもたらす⼈です」

彼が逃げる場所はありません。

「彼は平⺠のための社会を構築するでしょう」

デジールは防御魔法を準備し、アーティファクトが発動した。

マナの波が⼀瞬で広がります。

同時に、ベンキックの体はまるで⽯になったように動きを⽌めた。

「⻑距離マインドコントロール・・・」

⽂字通り、他の⼈の⼼を制御する芸術。

ベンキックの体は急速に乾き始めた。

「待って!何を!?」

何が起こっているのか分かりませんが、今は状況を理解する時ではありません。

デジールはベンキックを死なせたくなかった。

彼から聞く情報はまだたくさん残っています。

しかし、既にデジールに出来ることは何もありませんでした。

⼈形のような口から笑みが浮かびます。

その笑顔を⾒たデジールは理解した。

「情報漏えいを防ぐためだけに・・・」

 



 

  • 残酷な嘘

ベンキックの崩壊した死体をぼんやりと⾒つめていると、ドアが勢いよく開いた。

ブリジット教授と数⼈が部屋に⼊ってきた。

全員が完全に混乱していた。

ブリジットはショックの表情でデジールを⾒ました。

「何が・・・、到着する前に何が起こったのですか?」

「ベンキック教授が犯⼈です」

ほぼ瞬時に、部屋の雰囲気が変わりました。

「それは平⺠ですか?」

「これだから平民は!」

「平民は疫病神でしかない!」

侮辱の言葉しか聞こえてこない。

ブリジットと共に参加したグループは、ヘブリオンのアルファクラスの卒業⽣と、著名な⽒族や家族で構成されていました。

確かに、才能のある⼈々は命を失い、ヘブリオンアカデミーは取り返しのつかない損害を被りました。

平⺠と貴族の間の団結というデジールの⽬標が、拒絶されることは明らかです。

平民と貴族の関係が今以上に悪化すれば、来るべき災害を防ぐことは不可能だろう。

「・・・」

デジールは⽬を閉じて深く考えました。

(仕⽅がないけど・・・)

平民についての話に没頭していたヘブリオンアカデミーの卒業⽣に話しました。

「しかし、ベンキック教授は自分の意志ではありませんでした」

「どういう意味ですか?」

ブリジットは卒業⽣を⽌め、落ち着いた声でデジールに話しかけた。

「どういう意味ですか、デジール?」

「これは着⽤者の⼼を曇らせるアーティファクトです」

デジールは表情を変えずに落ち着いて話した。

彼はベンキックが握っていた指輪を示す。

卒業⽣は全員トップレベルの魔法使いでした。

彼らはデジールの⾔葉が真実であることを確認した。

「つまり、ベンキック教授は⾃分の意志で行動した訳ではないと・・・」

デジールは、⾃分の奥深くから来る吐き気を抑えながら話しました。

「ベンキック教授はそのアーティファクトを通してアウターによって操作され、最終的に命を失いました。それがこの事件の真実です」

 



 

悲しい結末ですが、ベンキック教授は自分の意志だったのですね・・・。

彼の過去に何かあったのでしょうか?

今はもう知ることは出来ませんが。

温厚でデジールに協力的だったのに残念でなりません。

デジールの計画の為とはいえ、嘘をつくのは苦しかったと思います(_ _)

後味の悪い結末になりましたね・・・。

 

帰還者の魔法は特別です【123話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は123話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は133話。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は71話。 続きを読みた...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...