帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【120話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は120話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は131話。 ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は131話。 ...

 




 

120話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【119話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は119話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 前代未聞の作戦

会場のムードは⼀気に急落した。

「あ、あなたは間違いなく正気ではありません。平民に私たちを導いてもらうつもりですか?」

「これが私たちの最善の選択肢ではありませんか?」

ラドリアが⼝を開く。

「誰かがそうするのに⼗分な資格を持っているなら、私は彼らが指揮をとるのが正しいと思います。皆さんはどう思いますか?」

ラドリアは肩をすくめ、デジールの後ろに⽴つ。

「レッドドラゴンパーティのリーダーであるラドリア・フォン・ドリスは、パーティをデジールに引き渡します」

アカデミーのトップに属していたレッドドラゴンとブルームーンの両⽅が、デジールの指揮下にありました。

⼀年前では考えられなかった光景です。

この思いがけない⾏動の結果、会場の雰囲気は⼀変しました。

平民を軽蔑していた貴族たちは、今では意⾒を変えました。

「彼らと⼀緒に行動したほうがいいのでは?」

「ブルームーンパーティとレッドドラゴンパーティがいるので、参加する⽅が安全です」

やがてパーティ全体がデジールの新たに結成されたレイドに参加することを決定した。

この考えに反対しているのは、最初に異議を唱えたウェルカとそのパーティメンバーだけ。

最終的に、彼らも渋々参加することを決めた。

 



 

  • レイド戦

会場は興奮に包まれていた。

ブリジット教授は⽬の前のパネルに固定されている。

会場の雰囲気は、驚きと恐怖から、少し前向きで希望に満ちたものに急速に変化していた。

「・・・信じられない。彼らは本当に誰も傷つけずに第3層をクリアするつもりですか?」

「レベル4の影の世界をこれほど迅速に?これまでの歴史の中で前例のないことです!」

ディスプレイパネルには、⽣徒たちが安定した速さでダンジョンをクリアする光景が表⽰されました。

ダンジョンを守っているモンスターは猛攻撃で溶け、罠は簡単に解体されます。

この時点で、ブリジットはダンジョンがレベル4の影の世界と本当に同等であるかどうかを疑問視する。

本来の想定では、多くの犠牲者が出る予定でした。

デジールがリーダーとして指揮を行ってから、審査室の雰囲気は⼤きく逆転しました。

⾒守っていた学⽣や観客は応援せずにはいられません。

パネルからデジールの声が響く。

[モンスターはまもなく登場します。戦いの準備を]

[それは有毒なモンスターです。距離を保ち、それに対処するために魔法を使ってください]

[この時点でトラップが発⽣します。検出魔法を]

デジールの指揮は際⽴っていました。

彼はレイドを⾏うのに特別な才能を持っていません。

代わりに、彼は他の誰よりも多くの経験を持っていました。

失敗の結果と共に⽣きなければならなかった多くの戦いを通して、彼が得た経験。

さらに、彼が率いていた⼈々は全て、将来的に影の世界をクリアすることになります。

デジールはすでに彼らの能⼒、⻑所、短所を把握していました。

ブリジットは、前のパネルを静かに監視し続けます。

ペルスター教授も興味深い表情をしています。

「彼らは今、どこを突破しているのですか?」

「ちょうど第3層の途中を突破しました」

「速い」

「はい、とても速いです。彼らは私たちが期待していた2倍以上のペースで動いています」

レイドを形成した直後、彼らはすでに第3層の半分を突破していた。

「何よりも、平民と貴族が⼒を合わせるために・・・」

10年前の内戦以来、これが初めてでした。

デジールが貴族と平民の団結を提案したとき、ブリジットは疑わしかった。

ヘブリオンに蔓延した⾼貴な覇権に勝つチャンスはないと。

最終結果は、デジールのパーティが襲撃に含まれることでした。

それだけではありません。

デジールはレイドの指揮官になりました!

彼が主導権を握った後、平民を嫌う教授から多くの苦情や懸念が⽣じた。

「なぜ平⺠が司令官なのだ!?」

「今すぐ影の世界の⼈々と連絡を取る⽅法を⾒つけてください!」

「なぜアルジェリアが主導権を握らなかった?」

しかし、彼らは皆静かに座っていて、⼝をしっかりと閉じたまま前のパネルを⾒つめ、デジールの⾒事な命令に驚嘆しました。

パグマン教授が代表的な例です。

彼は今、レイドがダンジョンを簡単にクリアするのを静かに⾒ていました。

ダンジョン内の雰囲気は審査室と⼤差ありません。

デジールが命令を出したとき、彼らは渋々従った。

しかし、彼らが前進し続けるにつれて、デジールの指揮能⼒が優れている事が明らかになりました。

彼らは無意識のうちにリーダーとしてデジールを受け⼊れ始め、彼の指⽰に進んで従い始めました!

「デジールが成し遂げたことは驚異的です。すべての生徒たちを団結させるだけでなく、彼らを導くために・・・」

ブリジット教授は熟考し続ける。

「このペースで続ければ、死傷者を出さずにダンジョンをクリアできるはず」

彼女は安堵のため息をつくことが出来た。

残る問題は・・・犯⼈を⾒つけること。

(犯⼈は私たちの中にいる)

犯⼈はおそらくアウターでしょう。

彼らは、他の誰かに変装した可能性があります。

ブリジットは視線をペルスター教授に向けた。

影の世界研究の分野で権威ある学者。

一番可能性の高い人物は彼です。

しかし、ペルスターは⾃⼰⾮難に真剣に取り組んでいるようだった。

これらの事件がスクリーンで演じられたとき、彼は泣き始めさえしました。

ブリジットは⾸を横に振った。

(確認するには時期尚早よ。さらに情報を収集する必要があります)

 



 

  • 計画の崩壊

「・・・」

ヘブリオンアカデミーの多数の教授がこの部屋に集まった。

その中で、パネルを静かに⾒つめている教授がいました。

計画と違う状況に動揺を隠せません。

(彼らが調査し始めるのは時間の問題です)

「やったー!」

レイドはさらに別の障害を取り除きました。

みんなが歓声を上げたので、興奮が部屋を満たします。

彼らが叫んだとき、教授は増⼤する不安を和らげるために彼の指の指輪をひねった。

 



 

貴族と平民が力を合わせる。

デジールの目指していた目標の一つが実現しましたね!

この大会を通して、今後の関係が改善されることを祈っています。

そして少しだけ登場する犯人。

一番可能性の高いのは、最近登場したエルセンブラン教授ですが、果たして?

 

帰還者の魔法は特別です【121話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は121話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は131話。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は70話。 続きを読みた...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...