帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【119話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は119話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は133話。 ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は133話。 ...

 




 

119話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【118話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は118話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 集結

ブルームーンパーティとデジールパーティの後に到着したパーティは、ラドリア率いるレッドドラゴンパーティ。

ラドリアは緊張していた。

彼⼥は状況がどれほど深刻かを理解したようです。

レッドドラゴンのメンバーは5名。

レッドドラゴンパーティを⽪切りに、他のパーティもすぐにホールに⼊った。

合計6⼈のメンバーが虐殺された。

ブルームーンパーティの故⼈を含めた総数は9⼈。

デジールの表情が冷ややかになる。

「これ以上の死傷者を出すことは許されません」

アゼストは彼の肩を軽く叩いた。

「大会のすべてのパーティが集まったようです、デジール」

「分かりました」

デジールは⽴ち上がった。

幸いなことに、これ以上の犠牲を払ったパーティはいなかったようです。

それは安全な通過の地図を共有したから。

彼らは皆、現在の状況が何であるかについて興味があると同時に、いくらか不満に⾒えました。

不満の理由はシンプルです。

デジールのパーティとブルームーンのパーティが先に到着し、第3層への⼊り⼝を塞いでいたため。

何が起こっているのか理解していなかった生徒たちは、文句を言い始めた。

もしデジールが地図を共有していなかったら、彼らは戦闘を始めていたかもしれません。

「どれくらい私たちをここに留めるつもりですか?」

「あなたが何を考えているのか分かりません」

彼らの忍耐は限界に達していた。

穏やかに⾔えば、とてもうるさい。

デジールはため息をつき、呪⽂を唱えた。

サウンドアップ魔法。

彼の⼤きな声はすぐにホール全体に響き渡る。

「私たちを保護している全てのセーフガードが解除されました。痛みの軽減や降伏の宣⾔はなく、死亡制限は取り消されました。⾔い換えれば、この場所は実際の影の世界と何ら変わりはありません。ここで死ぬと、実際に死んでしまいます」

「何を・・・!?」

でたらめであるかについて激しく叫んでいた学⽣は、アルジェリアとラドリアが共有した真剣な表情に基づいて、この宣⾔がおそらく真実であると把握した。

容赦ない騒⾳の不協和⾳が突然⽌まり、アリが這う⾳が聞こえるほど静かな場所に。

「異常事態が始まってからかなりの時間が経過したにも関わらず、何も変わっていないように⾒えるので、これはヘブリオンアカデミーが⽀援できる状況ではないようです。唯⼀の望みは、このダンジョンを続⾏してクリアすること。しかし、私たちが互いに競争し続けるとすれば、死傷者の数は増えるだけです」

「それで、あなたは何を提案しますか!?」

その質問を待っていたかのように、デジールは即座に応答しました。

「更なる犠牲を防ぐために、パーティを団結させることを提案します」

 



 

  • ラドリア・フォン・ドリス

その提案は確かに合理的でした。

複数のパーティを1つに結合することによってレイドを形成すると、⽣存の可能性が⾼まります。

しかし・・・。

「ふざけるな!」

3年⽣のシングルランクでパーティのリーダーであるウェルカは、そのような提案に腹を⽴てた。

「この狂⼈のデタラメを受け⼊れないでください、皆さん!」

彼⼥はデジールを指差しながら叫んだ。

「平民と協⼒することが理にかなっていると思いますか?時間を無駄にしているだけです!」

そして、ウェルカは突然⽬を細めた。

「地図を提供したからといって、平民が貴族と同等であると思いましたか?あなたのレイドを形成するという考えを採⽤しますが、私たちはあなたに協⼒しません」

「はは」

デジールはにやにや笑った。

「あなたは⾯⽩い⼈ですね 。私が渡した地図がなければ、ここまで到達出来たと思えませんが」

「ふざけるなよ・・・!」

ウェルカが怒りを露わにしています。

これまで静かに聞いていたロマンティカは、呆れていました。

「彼⼥は今何が起こっているのか理解しているの?」

貴族に恐怖を感じていたフリーチェルは、今では⾃信を持って話しました。

「私が出会ったすべての貴族はこんなものです。貴族は常に同じように⾏動します。彼らのプライドと名誉は彼らにとって何よりも重要ですから」

プラムはグループの⽚側を⾒ました。

「認めます、それが普通ですから。ただし、全員が同じという訳ではありません」

プラムは隅に座っていた⼥性を⾒ました。

ラドリア・フォン・ドリス。

レッドドラゴンパーティのリーダー。

彼⼥は王室の⼥性でしたが、庶⺠に対して嫌な感情を向けたことがありません。

むしろ、彼⼥は現在、平民であるデジールから⼿がかりを得ようとしています。

彼⼥は⼀⾔も⾔わずにウェルカを⾒つめていました。

ラドリアの凝視は激しく、誰もが彼⼥から発せられる異常な雰囲気を感じることが出来ました。

持続的な沈黙の圧⼒の下で、ウェルカは勢いを失う。

ラドリアはデジールの⽅を向いて話しました。

「・・・分かったわ。私はあなたの提案に同意します」

 



 

  • レイドリーダー

このようにして、⼀流パーティで構成されるレイドが形成されました。

そして、このレイドを指揮する指揮官を決定する時が来ます。

「・・・」

⼿を挙げる⼈はいません。

(俺がこのパーティを率いれば、攻略は簡単だろう・・・)

デジールは前世で何度か指揮していた。

正直⾔って、このダンジョンの第3ステージと第4ステージを突破するのは簡単なことです。

(俺なら誰も犠牲にすることなく、素早くクリアすることが出来る)

それにも関わらず、デジールはこの状況を強制することは出来ませんでした。

貴族たちはデジールのパーティーが参加する事を不満に感じています。

そんな状況で、彼がリーダーになる事が出来るでしょうか?

そのような不安定な状況では、さらなる論争はより多くの死をもたらすだけ。

そして沈黙が破られた。

「・・・アルジェリアがリーダーに相応しいのではないでしょうか?」

みんなの⽬がアルジェリアに向かう。

アルジェリアは3年⽣で1位にランクされ、ヘブリオンアカデミーで最強の剣⼠として賞賛されました。

彼はまた、以前に多数の軍隊を率いた経験もあります。

彼はしばらくの間デジールを⾒て、それから他の⼈の⽅を向いた。

「もし私がこのポジションに最適な⼈を選ぶとしたら、それはデジール・アルマンであるべきだと思います」

「待って下さい!アルジェリア、何を言っているの?」

アルジェリアは表情を変えずに答えた。

「今はとても真剣なんだ。最適な人物はデジールだと思います。彼が主導権を握れば、私たちはこの状況を克服することが出来るはずです」

「それは彼があなたよりも優れているという意味ですか?」

アルジェリアはうなずいた。

「はい。デジールは私よりも有能です。私も彼からいくつかの援助を受けることになった。司令官として、彼が私よりも有能であることを認めなければなりません」

アルジェリアは深呼吸をしました。

「不満がある場合は、別のレイドを作成してみてください」

ケルトも彼の意見に同意します。

アルジェリアはデジールに⽬を向けた。

「ブルームーンパーティのリーダーであるアルジェリアは、ブルームーンパーティの指揮をデジールに引き渡します」

最強と呼ばれることの多いブルームーンパーティは、デジールを指揮官として認めた。

 



 

ラドリアはデジールの入学試験で案内役だった女性ですね。

王室の方とは知りませんでした汗

色々ありましたが、レイドを組む事に成功したデジール。

第3層は犠牲者無しで成功できるのでしょうか?

 

帰還者の魔法は特別です【120話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は120話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は133話。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は71話。 続きを読みた...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...