帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【118話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は118話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

118話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【117話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は117話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 進化

デジールはマナを召喚する。

第3級魔術レベル。

クロウマスクが使用した呪文は、彼が限界を超えるためのヒントになった。

多くの低レベルの呪⽂を変異させて組み合わせれば、⾼レベルの呪⽂を偽造することを可能にする。

(その概念を利用する)

竜魔法とその技術を一つに組み合わせる。

デジールが学んだこれらの新しい魔法の構造を統合し、使⽤できる新しい呪⽂を生み出した。

呪⽂が優雅に融合する。

必要な計算レベルは、第6級魔術師を超えていた。

これは第3級魔術師のスキルでは達成できない偉業。

デジールはそれを可能にした。

アゼストは終わりのない戦いに疲弊していた。

低い声で、デジールは彼女に話す。

「アゼスト、全⼒で防御魔法を発動して」

「・・・!」

異常なことが起こりそうだという予感を得て、アゼストは質問して時間を無駄にするのではなく、デジールの命令に従うことに決めた。

[キジャールのため息]

5層の氷が彼らの前に盾を形成した。

第3級最強の魔法として知られているキジャールのため息。

防御呪⽂が終了したのと同時に、マザーワームの下に燃えるような⾚い⽕の輪が描かれる。

アゼストが純粋な興奮と畏敬の念を持ってデジールを⾒つめていると、彼は⼝を開いた。

【ファイアストーム】

ファイアストーム、第3級の火属性呪⽂。

「デジール、⼀体何を・・・」

彼女が質問を終える前に、疑惑の魔法に⼤きな衝撃波が襲った。

「え!?」

5層のうち2層が⼀瞬で消滅した。

アゼストは⻭を⾷いしばって、残った層を維持することに残りの魔法を集中させる。

「第3級魔法がこれほど強⼒になる⽅法が・・・!?」

彼⼥が⾒ることが出来たのは、恐ろしい炎の嵐だけ。

耐えられないほどの熱がホールの全てを襲う。

氷の宮殿でマザーワームを縛っていた数多くの呪⽂は、まるで通常の氷のように溶けた。

ひどく痛い悲鳴が鳴り響く。

「AGHHHHH!ARRRGHHHHHH!」

マザーワームは灼熱の⽕に包まれて苦しみました。

最強のパーティ、ブルームーンパーティを絶望的に後退させたマザーワームは、跡形もなく完全に⼀掃された。

 



 

  • 戦闘結果

これは本当に第3級魔法の呪⽂が達成できるものだろうか?

デジールが発動した魔法は、通常とは⾔い難い。

「デジール」

アゼストは急いで彼の状態をチェックする。

デジールは苦笑いで彼⼥に話しかけた。

「⼤丈夫だよ、アゼスト」

それは確かに嘘ではない。

⽴ちくらみ以外に、他の症状は全くなかった。

「俺は大丈夫だから、みんなのフォローを」

戦いはまだ終わっていない。

「だが・・・」

「俺は本当に⼤丈夫だから」

アゼストは⼀瞬躊躇したが、通路から叫び声が聞こえると、デジールの⾔葉に従うしかなかった。

「すぐに戻る」

彼女が去ると、すべての緊張が彼から流れ出て、デジールはフラつく。

「思っていたよりも疲れた・・・」

計算スキルに関しては誰にも負けないだろうと確信していたが、新しい計算技術を使って呪⽂を発動することは彼を完全に疲れさせた。

「タイラント・トゥーラに対して使⽤したときは⼤丈夫だったけど・・・」

デジールは周りを⾒る。

魔法の余波はホールに残り、⻑引く熱はデジールを興奮させた。

完璧ではなく、欠点も多い。

それにもかかわらず、威力は信じられないほどだ。

デジールは第3級の限界を超えた。

(いくつかの練習と微調整で、これを定期的に使⽤出来るかもしれない)

彼はグレートワームに対して猛烈に激怒している戦いに近づくと、魔法の呪⽂を呼び始めた。

 



 

  • 今後の戦い

1時間後、戦いはようやく終わった。

奇跡的に、グレートワームとの戦いの間に誰も犠牲にされていない。

彼らは遺体を集めて、ホールの隅に置いた。

戦闘後の沈黙は圧倒的に重かった。

⼈が死んだ。

影の世界に挑戦することを決⼼したとき、いつでも死ぬ準備がで出来ていると決⼼した。

それでも、死に伴う苦悩は忘れられないものでした。

多くの死を直接経験したデジールにも当てはまります。

フリーチェルは哀れに震えていて、プラムが慰めている。

ロマンティカは影響を受けていないように⾒えたが、説明のつかない状況が彼⼥を不安にさせている。

アゼスト、デジール、そしてブルームーンパーティのベテランだけが落ち着いていた。

「・・・」

リーダーのアルジェリアは、デジールを観察した。

彼が熟練した魔術師であることを知っていました。

これまでに達成した全ての偉業を通して完全に証明された真実。

それでも、噂は誇張されている。

誰もが同じように考えていただろう。

しかし、彼は単⼀の呪⽂でマザーワームを倒しました。

彼はすでに学⽣の限界を超えていた。

厳しい空気の中で、プラムが声を上げました。

「僕たちが地図について送った情報は、全員に知れ渡ったでしょうか?」

デジールはうなずいた。

「大丈夫。ブルームーンパーティのコミュニケーションパッドで受信されているのを⾒たよ」

「そうですよね・・・」

デジールは、大会に参加した全ての当事者へ安全なルートを説明した地図を送りました。

この場所での命が保証されなくなった今、危険を可能な限り回避する必要があります。

「俺たちの優先事項は、全員が⼒を合わせることです」

これ以上の犠牲は出せない。

だからこそ、第3層の⼊り⼝で他のパーティを待っていたのです。

迫り来る存在感を感じて、アゼストは警報を鳴らした。

「誰かが来る」

 



 

竜魔法と合わせた魔法は凄い威力を持っていますね♪

マザーワームが瞬殺とは思いませんでした・・・。

アゼストだけを残したのは、戦いの余波が大きかったからでしょうね!

とにかく、第2層をクリア出来ました!

第3層はどう進むのでしょうか?

 

帰還者の魔法は特別です【119話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は119話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...