帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【116話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は116話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は119話。 ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は119話。 ...

 




 

116話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【115話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は115話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • マザーワームの特性

デジールたちは第2層の出⼝に向かって⾛る。

デジールは、すべてのグレートワームを指揮するマザーグレートワームの特性をメンバーに説明した。

「彼⼥の強さは⻑⽣きするにつれて増加しますが、俺たちの防御服では耐えられないでしょう」

頑丈な外観はさておき、彼⼥はあらゆる種類の物理的攻撃に耐えることが出来ます。

少なくとも第3級以上の魔法であれば、彼⼥の甲羅を貫通することは可能。

それだけ聞くと、戦えるボスのように思えるかもしれません。

しかし・・・。

「俺たちが与えたどんな損害も無意味です。彼⼥の急速な再⽣により、瞬時に治癒するのだから」

「厄介なモンスターですね・・・」

プラムは緊張した声で答えました。

ほとんど貫通できない防御力と迅速な再⽣。

防御力だけではありません。

巨⼤な体から繰り出される強⼒な攻撃も無視出来ません。

「だからこそ、マザーグレートワームが現れないことを望んでいたのだけれど・・・」

アゼストは、ブルームーンパーティーの悲鳴を聞いたと⾔った。

彼らが通路を急いで降りると、広く開いたエリアが現れます。

 



 

  • 最悪の状況

至る箇所に怪我があったにも関わらず、ケルトは呪⽂を発動し続け、マザーグレートワームの攻撃を逸らしていた。

彼のそばにアルジェリアが⽴っていて、壊れた腕を握っている。

その戦いは敗北していました。

1⼈の戦⼠と1⼈の魔術師はすでに死んでいた。

彼らがマザーグレートワームに⽴ち向かう⽅法はありません。

彼らがまだ⽣きていた理由は1つだけ。

新しいおもちゃを発⾒したかのように、マザーグレートワームは出口を塞いで楽しんでいたから。

彼⼥が酸性の液体を噴出するたびに、ブルームーンパーティーからの叫び声が部屋を満たします。

しかし、何よりもデジールのパーティを怖がらせる何かが他にありました。

「死体・・・?」

2体が床に転がっている。

このシミュレートされた世界では発⽣しないはずの何かが。

デジールたちは動揺した。

「・・・そんな」

「死の危機に陥ると、システムで強制的に離脱するはず。なのにどうして・・・?」

デジールは無⾔で負傷した指を撫でた。

痛い。

どんなに考えても、現実世界と何ら変わりはありませんでした。

⾔い換えれば、ヘブリオンアカデミーによって設定された保護措置に異常が発生しているということ。

ヘブリオンアカデミーがダンジョン内で起こっていることに気付いていない訳がない。

当事者の戦いの評価映像は、リアルタイムで裁判官のパネルに送信されているのだから。

しかし、この異常事態にも関わらず、⽣き残るための当事者の闘争は続いた。

これは、現在の状況がアカデミーの制御の及ばないことを意味します。

考えられる原因は沢山ありましたが、プリレチャ帝国で起こったことを思い出した。

「・・・アウター」

マザーグレートワームは雄叫びを上げる。

「デジール、どうする?」

アゼストの質問に、デジールは自身の考えを打ち明けた。

「今のところ、俺たちの優先事項は⽬の前にあるものを排除すること」

デジールは選択をしなければなりません。

マザーグレートワームを倒すことによって、まだ戦っているブルームーンパーティーを助ける。

又は、逃げてメンバーの安全を優先する。

ブルームーンパーティーと協力すればマザーグレートワームに勝てるでしょう。

しかしそれは誰もが戦いを⽣き残ることを意味していません。

ここで死ぬということは、現実の世界で死ぬということ。

メンバーの命を最優先にすれば、ここは逃げる事が最良の選択です。

(・・・けれど、それではダメだ)

デジールは⽬の前で死んでいく⼈々を無視することが出来なかった。

彼らは庶⺠を軽蔑する貴族でしたが、彼らのスキルは本物です。

ヘブリオンアカデミーの最⾼のスキルを誇るブルームーンパーティーの中でも、彼らはエリートの中のエリート。

彼らは後に、未来のシャドウラビリンスで積極的な役割を果たします。

彼らをここで死なせることは、未来を変えるでしょう。

シャドウラビリンスをクリアするために、そして無数の他の⼈々の⽣活のために、デジールは彼らを死なせる事が出来ませんでした。

「それに、この状態のままにしておくと、他のパーティもマザーグレートワームによる絶滅から逃れることは出来ない」

それはアルファクラスの全滅を意味する。

 



 

  • 戦いの準備を

「みんな、戦いの準備を」

デジールの命令で、各メンバーは武器を構えます。

アゼストはいつもと変わらない表情。

プラムに関しては、単に命令に従っただけ。

ロマンティカは嫌悪感の兆候を⽰したかもしれませんが、決して怖がっていません。

彼らは落ち着いていた。

マザーグレートワームがブルームーンパーティを圧倒するのを⽬撃し、命を失う可能性があることを知っていたにも関わらず、彼らは揺るがなかった。

何故なら、彼らはすでに何倍も恐ろしい存在に遭遇していたから。

破壊の悪魔、ダデニュート。

目の前の敵は間違いなく強敵でしたが、彼らの経験は⽐類のないものでした。

彼らは新⼈のようにパニックになるという間違いを犯しません。

ただし、2⼈の新しいメンバーは例外です。

フリーチェルとタキランは、⼝を開けて呆然としています。

彼らは⽬の前の光景に完全に圧倒されていた。

「アゼスト」

「任せて」

彼⼥の氷の魔法は巨⼤な壁を形成し、ついにブルームーンパーティとマザーグレートワームの間を分割した。

巨⼤な氷の壁出現に、マザーグレートワームは驚く。

バン!

ロマンティカの弾丸は瞬時に空中を駆け抜けました。

彼⼥は第3級の魔術師でしたが、狙撃スキルは⼗分に強⼒で、実際には第4級レベルに到達しています。

⾵の弾丸はマザーグレートワームの甲羅に⽳を開け、彼⼥の⾁体の奥深くまで浸透した。

破損した部分は即座に修復される。

ダメージを与えることが⽬標ではありません。

本当の⽬標は、彼⼥が再⽣する間の時間。

【アイスクラウン】

【ランブルクラッシュ】

アゼストの呪文で凍る体に、デジールの呪文をぶつけます。

⼤きなひび割れで、彼⼥の体はわずかに崩れ始めました。

「はぁ!!」

プラムのレイピアでマザーグレートワームの体を突き刺します。

オーラはまだ不完全ですが、それでも彼女の体を切り裂くことが出来ます。

デジールはブルームーンパーティに向かって叫んだ。

「彼⼥が再⽣を終える前に、急いで逃げてください!」

深刻な怪我は、彼⼥が治癒するためにより多くの時間を必要としたことを意味する。

彼らは急いで離脱した。

マザーグレートワームは、逃げようとしていた彼らを追いかけようとする。

しかし、デジールのパーティはそれが起こることを許可しませんでした。

ロマンティカの弾丸は⾬のように降り注ぎ、プラムの刃はマザーグレートワームの道を塞いだ。

プラムがレイピアを振るたびに、マザーグレートワームのタフな外観にひびが⼊る。

ダメージを与え、彼⼥に絶えず再⽣させることによって、プラムはマザーグレートワームに攻撃する時間を与えません。

ブルームーンパーティは何とかデジールたちの元へ。

幸い、死傷者は出ませんでしたが、全員が重傷を負っています。

まだ動くことが出来たのはケルトとアルジェリアだけでした。

「まだ動けますか?」

アルジェリアの⽬が開いた。

「誰かが餌になりたがらない限り、誰も安全に逃げることが出来ません。私たちの唯⼀の選択肢は戦うことです」

「あなたは何が起きているか分かっているはずだ」

アルジェリアは床に散らばっている遺体を指差しながらどもりました。

「死ぬかもしれないのだぞ。平⺠、私はあなたたちが強いことを認めます。しかし、あいつは私たちが⼀緒に倒すことが出来るモンスターではありません。少なくともレベル3の影の世界のボスに匹敵している」

レベル3の影の世界。

それは、すべてのレベルの影の世界をクリアしていた3年⽣のシングルランカーであるアルジェリアの客観的な評価でした。

 



 

ダデニュートに比べれば格段に弱い敵ですが、以前とは状況が圧倒的に違います。

ここで全力を出すのは難しいでしょうし、デジールたちはどう攻略するのでしょうか?

ここをクリア出来ても、第3層が残っていますしね・・・。

けれど、デジールならば何か策があると思います^ ^

 

帰還者の魔法は特別です【115話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は115話をまとめました...
帰還者の魔法は特別です【117話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は117話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は119話。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は60話。 続きを読みた...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...