帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【114話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は114話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は119話。 ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は119話。 ...

 




 

114話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【113話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は113話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 罪悪感

ブルームーンパーティは、デジールパーティからすぐに離れました。

戦いの⾳は次第に消えていき、今では静かな洞窟に6⼈の⾜⾳しか聞こえません。

「成功したか?」

アルジェリアの興奮した声が迷宮に響き渡った。

「奴らの必死の顔を見たか?最高だったよ」

「奴らも無事では済まないでしょう」

多くのグレートワームを倒すには時間がかかるでしょう。

どちらにしても、デジールのパーティは甚大な被害を受けます。

それが彼らの計画でした。

「不満そうだね、ケルト」

アルジェリアはケルトに⽬を向けた。

「敵のパーティを、模擬の影の世界の仮想的な存在と考えてください。ここで死んでも、本当に死ぬわけではありません」

「もちろん、そうですが・・・」

「敵よりもパーティと自分の事を考えないと、君はいずれ大きな事故を起こしてしまうよ」

アルジェリアのアドバイスを聞くが、ケルトはそれでも嫌な予感がしていた。

「あれでデジールたちを足止め出来るとは思えない・・・」

それでも兄パグマンの言葉には逆らえず、ケルトは罪悪感を感じならが前身する。

 



 

  • 隠されたクエスト

その後間もなく、彼らは第2層の最後のゾーンを突破しました。

「出⼝が見えたぞ!」

巨大なホールに到着します。

壁はある種の明るい⽯で構成されていて、部屋を照らしています。

奥に扉が見えるので、あれが第3層への道でしょう。

アルジェリアは⾃信を持って前進し、パーティメンバーは彼を追いかけました。

何の警告もなく、⿎膜を引き裂くのに⼗分な⼤きさの⾳がホール全体に響き渡ります。

ブルームーンパーティは急停⽌した。

「グレートワームでしょう」

彼らが間違って聞いていない限り、これは明らかにグレートワームの⾳でした。

すると、壁に亀裂が走り、ホールは次第に光を失い真っ暗になりました。

「視野の確保を」

アルジェリアの命令で、ブルームーンパーティの魔法使いは様々な呪⽂を呼び出しました。

【光の囁き】

【キャンドル】

やがて、巨⼤な光を形成する12個の光源がホールを照らします。

「・・・!」

ケルトは⾃分の⽬を疑った。

壁の大きな亀裂は脱出路を防ぎ、巨大なホールは何かに覆われています。

それをグレートワームと呼ぶには⼤きすぎました。

自分たちが最強だと思っていたブルームーンは、目の前の存在を前にして恥ずかしさを感じ始めます。

同時に、通知が鳴りました。

[⼤量のグレートワームの⾎がこぼれたことに反応して、「グレートマザーワーム」が登場しました。グレートワームを監督するグレートマザーワームは、⾮常に多くのグレートワームが死に脅かされていると感じており、発⾒したすべての侵⼊者を殺します]

[隠されたクエストが登場しました]

[次の段階に進むためにグレートマザーワームを倒しなさい]

 



 

  • 手遅れ

一瞬でプラムのレイピアがグレートワームの頭を貫通します。

周囲を見回し逃げようとするグレートワームを発見するプラム。

【ラグナブレイク】

デジールの放った呪文で、グレートワームは黒焦げになりました。

「プラム、深追いはするな!フォーメーションの維持を守れ」

「すみません、デジールさん!」

プラムは急いで元の位置に戻りました。

この戦いでの彼らの戦術は⾮常にシンプルです。

剣⼠のプラムとタキランは、彼らの前にいるグレートワームと対峙し、敵の前進を⽌めてパーティーを守る。

その間、アゼストとデジールは魔法で⼤きなダメージを与え、フリーチェルは必要に応じてパーティーを⽀援する。

最後に、グレートワームが脱出しようとする所を、ロマンティカがスナイパーマジックを介してそれらに対処し、増援が来るのを防ぎます。

「ようやく終わりました」

まるでこのダンジョン全てのグレートワームを倒したかのようでした。

ロマンティカは不快な環境に眉をひそめる。

「本当に、多過ぎよ。ブルームーンパーティの連中はよくこんな真似ができたわね?」

プラムもレイピアに付着した液体を振り落としながら声を上げます。

「僕もそう思います。彼らは汚い」

「・・・」

表情は変わっていないが、アゼストも怒っているようです。

誰もが怒りを露わにしている中、デジールは至る所に散らばっているグレートワームの死骸を⾒ました。

「うーん・・・多すぎる。これは危険だ」

デジールは静かにグレートワームの死体を集めて燃やす。

「⾮常に多くのグレートワームが⼀度に死ぬとき・・・、何か大変な事が起きるかもしれない」

「デジール」

アゼストは遠くを⾒つめていました。

「私たちはすでに⼿遅れだと思う」

 



 

ブルームーンの前に現れたクエスト。

マザーグレートワームの討伐。

その強さは?

彼らはまだシステムの異常を知りません。

デジールたちは助ける?それとも?

 

帰還者の魔法は特別です【113話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は113話をまとめました...
帰還者の魔法は特別です【115話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は115話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は119話。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は60話。 続きを読みた...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...