帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【113話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は113話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 




 

113話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【112話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は112話をまとめました。 ...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 順位の変更

1位:不明のパーティ。リーダー:デジール

2位:ブルームーンパーティ。リーダー:アルジェリア

3位:レッドドラゴンパーティ。リーダー:ラドリア

今まで3位だったデジールのパーティが一瞬でトップランクに。

ケルトは目の前の現実にショックを隠せなかった。

(こんな事がありえるのか!?)

他のメンバーたちを見ると、みんな同じような反応でした。

彼らはどのように追いついたのだろうか?

ケルトには、1つの可能性しか考えられませんでした。

「まさか・・・。彼らはタイラント・トゥーラの通路を通ったのか?」

それ以外は説明できません。

仮にブルームーンパーティが挑戦したとしても、犠牲者は必ず出たでしょう。

パーティが第2層で⼤きな損失を被った場合、ダンジョンの第3層に到達することはほとんど不可能でした。

(もしも、デジールが安全策を知っていたとしたら・・・)

彼には絶対の自信があったのでしょう。

そうでなければ、彼はギャンブルをするような人物ではありません。

3年⽣で1位のシングルランカー、アルジェリアの表情は深刻でした。

彼はこの状況を非常に不味いと感じていた。

「・・・こんな事があってはいけない」

ブルームーンパーティは、アルファクラスの天才の集まり。

⾔い換えれば、それはヘブリオンアカデミーで最も強⼒なパーティでした。

彼らの装備はパグマン教授の多額の投資によって、常に最高級の装備を提供されている。

アルジェリアは、すぐ隣に⽴っていたケルトの⽅を向く。

「ケルト、この大会が始まる前に、パグマン教授はあなたに何か⾔いましたか?」

「デジールパーティーを必ず倒してください・・・と」

「そうか」

パグマン教授がデジールを個人的に憎んでいるのは誰もが知っている。

もしデジールのパーティに敗れたとしたら・・・。

 



 

  • 邪悪な計画

「くそっ」

アルジェリアは嫌な予感がした。

この大会が終わった後、自分は無事にいられるのだろうかと。

いろいろな思いを込めたアルジェリアの⾜⾳が突然⽌まる。

彼はメンバーに静かにするよう合図した後、前を向いた。

デジールのパーティーが、彼の指が指さしたところで休んでいた。

「チャンスです、リーダー」

3年⽣で6位のランカー、ミンが囁く。

「タイラント・トゥーラとの戦闘を終えたばかりで、彼らが戦闘状態にある可能性はありません。彼らが回復する前に攻撃しましょう」

確かに彼が⾔ったように、これは彼らの最⾼のチャンスでした。

「私たちが彼らを攻撃するのは馬鹿げています」

その提案に異議を唱えたのはケルトです。

「ちゃんと⾒てください。彼らは疲れているように⾒えると思いますか?」

デジールのパーティーは笑ってリラックスしていた。

そして、いつでも戦闘態勢に入れるようにも見える。

「方法は分かりませんが、彼らはタイラント・トゥーラを何のダメージも受けずに打ち負かしたのでしょう」

ケルトは言い続けた。

「彼らが休憩している間に、私は彼らを無視してすぐに進むことを提案します」

アルジェリアはその提案にうなずく。

今ここで戦闘を行えば、ブルームーンパーティも無傷では済まないでしょう。

安全策は彼らの横を通り過ぎるだけ?

アルジェリアは⾸を横に振った。

「ケルトが述べたように、攻撃を仕掛けるのは止めましょう。彼らを倒しても、私たちへのダメージは甚⼤です。そうすることで、レッドドラゴンパーティを支援してしまいます」

「じゃあ・・・」

「グレートワーム」

意地悪な笑顔がアルジェリアの顔に現れた。

「彼らは仲間を引き寄せる特性がありますよね?」

 



 

  • 緊急事態

ロマンティカの探知魔法で、ダンジョンの構造を調べます。

デジールのパーティはこのダンジョンをスムーズに攻略していました。

最小限の戦闘と罠を突破することで、彼らは大きな被害もありません。

デジールはロマンティかにほぼ完成した地図を⾒せた。

「もうすぐ5番⽬のゾーンからの出⼝が⾒つかる。そうすれば第3層への⼊り⼝が⾒つかるよ」

「・・・分かったわ。もう⼀度調べるわね」

[検出]

「見つけたわ」

「よくやった、ロマンティカ」

「でも待って、その前に何かがある。これは・・・!」

ロマンティカの声は絶望に変わる。

「グレートワームたちがいる!」

「すでに1、2体のグレートワームに遭遇してるじゃないか?そんなに⼤騒ぎをする必要はないよ」

「このバカ!グレートワームたちと言ったのよ!1、2体じゃない!30体以上!」

デジールの瞳孔は大きく広がる。

「何?」

ロマンティカの⾔葉を証明するかのように、遠くから崩れ落ちる地⾯の⾳が通路に響き渡った。

「戦闘準備!」

デジールのパーティはすぐに戦闘準備の整った位置に移動した。

「な、何が起こったの?」

「あり得ない。負傷したワームが逃げて仲間に助けを呼ばない限り、グレートワームは基本的に⼀⼈で移動します・・・」

「そんな!これまでの道で一体も⾒逃しませんでした!」

「誰かが意図的に・・・?」

それを証明するかのように、デジールたちの後ろからブルームーンのパーティが通り過ぎていきます。

「頑張れよ」

彼らは嘲笑に満ちた笑い声を響かせながら、走り去りました。

ケルトは振り返り、デジールを⾒ました。

二人の⽬が合うとすぐに、彼はデジールに少しお辞儀をし、再びパーティーの後に続きました。

 



 

1位を奪われたブルームーン。

彼らの作戦でデジールたちは足止めされます。

とりあえず、ケルトが考えた作戦でなくて安心しました。

彼は作中でも良いキャラしてますしね。

再び順位は変動するのでしょうか?

レッドドラゴンの動向も気になりますね!

 

帰還者の魔法は特別です【114話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は114話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...