帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【112話】ネタバレ




こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は112話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は119話。 ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は119話。 ...



 

112話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【111話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は111話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • タイラント・トゥーラ

床にはいくつかの遺体が。

彼らはアルファクラスのパーティーです。

彼らの強力な防具からは、裂傷から生まれる血が漏れていました。

しかし、その傷自体は深くはありません。

彼らがそのような浅い傷で死んだ理由。

それは、タイラント・トゥーラが彼らの体に注⼊した毒によるものでした。

タイラント・トゥーラの毒は、接触すると体の内部を⿇痺させて溶かすのに⼗分強⼒な効果を持っています。

本来なら学生たちは、その時点で現実に帰還するでしょう。

けれど、何かが違っていた。

モンスターは彼らの遺体を糸で包み、食料として保管します。

至る所に散らばっていた体と血は、まるで存在しなかったかのように消えた。

やがて、タイラント・トゥーラも姿を透明化して消える。

その後間もなく、⼈の存在が検出され、それまで完全に沈黙していた通路が声の響きで満たされました。

「タイラント・トゥーラが危険な理由は、⾜の先端に毒があるから。それと奴には不思議な仕掛けがある」

声の原因は他ならぬデジールのパーティーでした。

タイラント・トゥーラの糸には、包むもの全てを透明化する効果があります。

デジールは慎重に前進した。

「タイラント・トゥーラの糸には、包むものすべてを透明にする効果があります」

デジールが水を生み出すと、水滴が宙に浮いた。

至る所に見えない糸が張られており、急いで進むと見えない敵に襲われる。

これがタイラント・トゥーラの巣を避ける人々の理由です。

「私たちは何をしなければなりませんか?何か特別な事をする必要が?」

フリーチェルは、デジールの説明の後、好奇⼼を持って尋ねた。

思い浮かぶ方法は、糸に全く触れずに進むこと。

けれど、それは不可能です。

糸を感知する方法が無い以上、どう頑張ってもタイラント・トゥーラに襲われるでしょう。

 



 

  • 攻略法

誰も提案をすることが出来なかった後、アゼストが口を開きます。

「クモの知覚を妨害するのはどうですか?」

デジールは拍⼿した。

「それが正解です。タイラント・トゥーラの知覚は蜘蛛の巣に限定されています。⾔い換えれば、複数の蜘蛛の巣を同時に刺激すると、その知覚が混乱します。それが私たちが⽬指すべきチャンスです」

タイラント・トゥーラの唯⼀の弱点。

「魔法で糸を叩き、タイラント・トゥーラの認識を揺さぶる。もちろん、何でも良い訳ではありません」

デジールは⼿のひらを開いた。

「少なくとも第2級の魔法を5つ同時に当てる必要があります。そうすれば、タイラント・トゥーラは私たちを認識しないでしょう」

適切なタイミングで当てる事が出来るのはデジールだけ。

間違いは許されません、万が一失敗すれば彼らは全滅するでしょう。

「本当にこの方法しかないのよね?」

「・・・もちろん」

質問と答えの間の奇妙な間に、ロマンティカは眉をひそめました。

「本気?」

「大丈夫。俺を信じて、ロマンティカ」

最終的に、彼女はため息をつき、計画を許可しました。

全員の同意を得た後、デジールは計画の準備を始めました。

「蜘蛛の巣を介したタイラント・トゥーラの認識は回避できますが、蜘蛛の巣に引っ掛からないように注意してください。まだまだ粘着⼒が強いので」

「分かった」

「よし」

彼らはお互いにいくつかのアドバイスを交換した後、⾛る準備をしました。

「1・・・2・・・」

デジールの前に5つの呪⽂が形成されました。

「3」

デジールが呪⽂を発動するとすぐに、彼を除く全員が⾛り始めた。

プラムは剣を前に振り、パーティーが横断するための道を切り開いた。

「上手くいったかな?」

デジールは、彼ら全員が逃げ出し、安堵のため息をついた。

「俺が彼らに真実を話したら、彼らは私がこれを実行することを決して許さないでしょう」

タイラント・トゥーラの弱点が知覚を混乱させることは事実でしたが、タイラント・トゥーラが獲物を知覚する⽅法は、デジールが説明したものとは⾮常に異なっていました。

「奴が⼈々を認識する本当の⽅法は・・・」

デジールは⼿を前に伸ばし、糸を捕まえる。

タイラント・トゥーラの好きな⾷べ物は「⽣きた獲物」でした。

デジールは呼吸を⽌めて集中し、環境の変化を認識します。

沈黙が流れます。

突然、タイラント・トゥーラはどこからともなく現れ、空中を引き裂き、デジールを脚で串刺しにしようとします。

しかし、デジールはその攻撃を予期しているかのように⾃然に背中に⼿を伸ばしました。

そして彼の形成された呪⽂で・・・。



 

  • 違和感

デジールが⾨を開けると、ロマンティカの⼤きな声に彼の⽬と⽿が襲われた。

「どうしてそんなに時間がかかったの、デジール!?」

彼は微笑んで答えた。

「えっと、失敗して奴の認識を混乱させることが出来なかったんだ。幸いなことに、俺も逃げれたよ」

「このバカ!」

「まあまあ、とにかく私たちのランキングは何位ですか?」

全員がコミュニケーションパッドをオンにして、リーダーボードをチェックしました。

1位:デジールパーティ。進捗ポイント2350、パーティーポイント1900

2位:ブルームーン。進捗ポイント2320、パーティーポイント1850

3位:レッドドラゴン。進捗ポイント2200、パーティーポイント1700

彼らは⾸位に⽴つことに成功した。

「この勢いを継続し、一気にクリアしましょう」

誰もが陽気に通路を進み続けている間、デジールは彼の指の引っかき傷に気づきました。

「シミュレートされた30%の痛みの制限にも関わらず結構痛いな・・・、考えすぎか?」

彼は⾎まみれの指を襟にこすりながら第5ゾーンに⼊った。

 



 

先に進んでいたチームは全滅。

彼らは帰還することが出来ないまま死んでしまったのでしょう・・・。

糸を透明化出来るって厄介ですね。

タイラント・トゥーラを一人で倒した理由は何でしょうか?

おそらくチームで戦うと犠牲者が出ると考えたからだと思うのですが。

タキランとフリーチェルだけでは突破は出来ませんしね。

何はともあれ、1位に浮上したデジールたち!

 

帰還者の魔法は特別です【111話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は111話をまとめました...
帰還者の魔法は特別です【113話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は113話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は119話。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は60話。 続きを読みた...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...