帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【111話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は111話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...



 

111話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【110話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は110話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • サブリーダーは誰?

ダンジョンに⼊ってからほぼ4時間が経過。

そして、第2層に⼊ってから2時間経ちました。

デジールたちは現在、空腹を避けるための休憩をとっていました。

「私、これは好きになれないわ」

ロマンティカは眉をひそめながら⾔った。

ボトルに入っている液体は鉄のような味、ビスケットも味が殆どしません。

率直に⾔って、これはまだ問題ありません。

「それより、我慢できないのは・・・」

ロマンティカは不快だと感じている光景に目を向けます。

そこにはデジールとアゼストが二人で並んで座っていました。

彼らはおそらくダンジョン攻略について話しているのでしょう。

ロマンティかもそれは理解していますが・・・。

「デジールさんは、アゼストさんを僕たちのパーティーのサブリーダーと考えているみたいですね」

ロマンティカはプラムの言葉に神経質に反応した。

「馬鹿なこと言わないで、プラム」

「けれど、アゼストさんは適任だと思います」

ロマンティカは言い返すことが出来ません。

考えてみれば当然でした。

アゼストはロマンティカよりも強かった。

「それに、彼⼥は可愛い・・・」

彼⼥はすでにロマンティカとは別の存在でした。

そう考えてしまう自分に腹が立って、ロマンティカはビスケットを噛み砕きます。

彼⼥のすぐ隣に座っていたプラムとフリーチェルが驚きました。

 



 

  • 現在の順位

既に食事を終えていたデジールとアゼストは、これからの方針について相談していました。

その相談をする前に、デジールは罠の解除方法についても説明します。

そんな彼の様子に、アゼストは気にしていた事を尋ねる。

「あなたはとてもリラックスしているように⾒えますが、私は正直に言うつ⼼配している」

「どうして?」

「私たちは前のパーティーに追いつくことが出来るのだろうか?」

アゼストはコミュニケーションパッドをチェックします。

1位:ブルームーン。進捗ポイント2300、パーティーポイント1700

2位:レッドドラゴン。進捗ポイント2100、パーティーポイント1560

3位:デジールパーティ。進捗ポイント1700、パーティーポイント1800

「私たちはパーティーポイントは1位ですが、進⾏速度は遅れています」

「そんなに⼼配する必要はないよ。俺たちのパーティーは、この大会でいつでも1位になることが出来るから」

「その計画はあるの?ダンジョンの構造上、この時点で順位を逆転させることは⾮常に難しいと思う」

デジールが話し終えると同時に、休憩を終えたパーティーが最初のゾーンの終わりを⽰す巨⼤なホールに到着した。

【第2ステージ、第3ゾーンのホールに到達しました】

そしてここで、ルートは2つに別れます。



 

  • 2つのルート

愚かさのルート:モンスターとトラップのレベルはこれまでと変わらないが、迷路の長さは長い。

苦しみのルート:タイラント・トゥーラによって守られているステージ。一本道だが、暗闇の中で魔物が待ち構えている。難易度が非常に高い。

ほとんどの場合、⼤多数のパーティーは愚かさのルートを選択します。

苦しみのルートに現れると説明されたタイラント・トゥーラの難易度は、第4レベルの影の世界に匹敵しました。

メンバーを1⼈失うだけで、ほとんどのパーティーにとって第3層に到達することは困難になる。

アゼストはデジールの作戦に気づきますが、リスクが高すぎると判断します。

プラムとロマンティカはこのような状況には慣れているので、ため息を吐くだけです。

「ギャンブルをするつもり?」

アゼストがそう尋ねると、デジールは⾸を横に振った。

「もちろん、明確な計画はあるよ。この選択に後悔しないことを約束する」

選択肢を選び、デジールは⾃信を持って話しました。

「ランキングを逆転させ、1位を奪う」

【あなたは苦しみのルートに⼊りました】

 



 

サブリーダーがアゼストと言うことにモヤモヤするロマンティカ。

この作品のヒロインって誰なんでしょうね?

ロマンティカかアゼストだと思うのですが、僕はロマンティカ派です♪

まぁ、今のデジールにはそんな余裕は無さそうですが・・・。

そして現在の3位から脱却するために難しいルートを選択するデジールパーティ。

誰の犠牲もなく、苦しみのルートを攻略することが出来るのでしょうか?

 

帰還者の魔法は特別です【112話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は112話をまとめました。 ...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...