帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【109話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は109話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は133話。 ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は133話。 ...



 

109話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【108話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は108話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 最初の関門

岩が地⾯に打ち寄せる⼤きな⾳が洞窟を響き渡せた。

「はぁ!」

プラムは叫び声を上げて、残りのガーゴイルの額に剣を刺した。

デジールのパーティーを取り巻くのは、8つのガーゴイルの⽡礫でした。

ダンジョンの最初のステージで最も挑戦的な障害。

彼らのコアが破壊されるまで、体が裂けたり壊れたりしても、攻撃は続きます。

強⼒な装備を備えていない⼈にとって、これらのガーゴイルは無敵でした。

けれど、デジールたちはそれらを打ち負かすのに⼗分強⼒な装備と戦略を持っていた。

⾔うまでもなく、ガーゴイルとの戦いは迅速に終了し、1時間以内に終了しました。

「大丈夫ですか?」

「凄い・・・、あなたは本当に凄いですね」

ガーゴイルに敗れたパーティーのリーダー、エドウィンは言った。

彼はデジールたちに感謝していた。

「メンバーの3⼈をガーゴイルで失ったのですか?」

エドウィンはぎこちなく微笑む。

「まずここで休憩してパーティーの様⼦を確認してみては?」

デジールはそう提案した。

「私たちを救ってくれてありがとう。しかし私たちは第⼆段階に進むつもりはありません」

 



 

  • デジールたちの目標

「・・・どうやってここまで来たのですか?」

「私たちは・・・、スキップしたんです」

「え?」

「ご覧の通り、私たちの装備は弱いです。だから、私たちはできる限り遠くまで⾏こうとしました。私たちは失敗を気にしませんでしたが、今の私たちを⾒てください」

それは最悪の戦略でした。

脱出ルートや事前計画を考えずに敵の領⼟に突撃する。

「私も愚かな戦略であることは知っています。最終的にどうなるかは簡単に分かりますしね。しかし、これが私たちに出来ることの全てです」

いくつかの発表が聞こえます。

多くのベータクラスのパーティーメンバーが脱落していきます。

それは本質的に避けられない運命。

デジールは⾔葉を失った。

「最近、思うのです・・・」

エドウィンはデジールを⾒上げました。

「あなたは、この理不尽と不公平の全てを変えることが出来ると。あなたと⼀緒に、いつ
の⽇か、庶⺠は差別されず、私たちが学びたいことは何でも学ぶことが出来る日が訪れると」

「・・・分かりました」

彼が言った後、デジールは頷いた。

「約束します。私が世界を変えて、あなたに証明します」

「あなた⽅全員を信頼します」

エドウィンのパーティーは全員リタイアしました。

「みんな聞いた?」

デジールは彼のメンバーの⽅を向いた。

「これが、私たちがこの大会に優勝する必要がある理由です」

もう⼀度、彼らは彼らの⽬標を思い出しました。



 

  • 第2層
[3位になり、デジールパーティーがステージ2に⼊りました]

ステージ2はステージ1よりも遥かに困難でした。

この段階での難易度は約5レベルです。

先方にグレートワームが出現します。

新しいメンバーを中心に位置させて、周りを4人で囲むフォーメーションをとります。

グレートワームが地⾯から爆発し、地表に着陸した。

タキランはその軌道上に剣を振ります。

けれど、巨⼤なワームに傷を残すほどではありませんでした。

「タキラン、下がって!」

デジールは叫んだ。

「・・・はい!」

すぐに、ロマンティカの魔法が空中を駆け巡りました。

⼤きな⾳とともに、グレートワームの体が震え、その⾦属の⽪膚の⼩さな領域にひびが⼊り、体液がそこから漏れ始める。

プラムはそのチャンスを逃しません。

ほんの⼀瞬で、ワームの体は半分にカットされました。

逃げ出すワームに、アゼストはすぐに反応した。

効果範囲魔法を呼び出し、氷の床がワームの周囲を覆う。

「フリーチェル、俺の後ろに」

「はい」

「ロマンティカ、俺は爆発魔法を使うつもりです。酸素が必要です」

彼は静かにワームに向かって⼿を上げた。

[爆発]

グレートワームの⼝の中で、第3級の呪⽂の魔法が爆発した。

このような閉ざされた場所で爆発魔法を使うのはほとんど⾃殺願望でしたが、もちろん、デジールは計画なしにそのようなものを使うことはありません。

ロマンティカが呪⽂を唱えた。

【リフレイン】

新鮮な空気が吹き、メンバー全員の呼吸を助けます。

タキランとプラムが剣を使って、止めを刺した。

この戦いが終わるのに⻑い時間がかかりました。

それでもパーティの能⼒の範囲内でした。

(けれど、俺たちはまだ3位だ)

現在、レッドドラゴンが第1位。

ブルームーンパーティーは2位でした。

デジールは彼らに追いつくために、ペースをわずかに上げる必要がありました。

「10分間休憩してから再開します」

 



 

全滅しかけたチームを救ったデジールたち。

全てを無視してダンジョンのボスまで来れた彼らは、運が良かったのだと思います。

ベータクラスの現状は酷いですね・・・。

どれだけ能力があっても装備が不十分だと、力を発揮する事も難しいでしょう。

この大会が終わった時に彼らに救いがある事を願います。

 

帰還者の魔法は特別です【110話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は110話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は133話。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は71話。 続きを読みた...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...