帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【108話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は108話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...



 

108話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【107話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は107話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • エイエンベスのダンジョン

デジールのパーティーが影の世界「エイエンベスのダンジョン」に⼊ります。

クエストに遭遇しました。
ここは偉⼤な魔法使い、エイエンベスのダンジョンです。彼は彼の研究を促進することに専念してこの場所で⼀⽣を過ごしました。このダンジョンを突破して、エイエンベスが残した遺産を⼿に⼊れましょう。

デジールたちはトレジャーハンターの役割を演じることになりました。

周りは暗闇に包まれていて、何も見えません。

[ライト]

彼は周囲を照らすために魔法をかけた。

何⼗もの骸⾻の⾻が地⾯に散らばっていて、ダンジョンの壁は未知の⽂字や絵で覆われています。

デジールはこれが何を意味するのかをすでに知っていました。

それらは単なる警告。

彼は前世ではベータクラスで参加していました。

結果は最初のステージで失敗です。

これはデジールのパーティだけでなく、全てのベータクラスが失敗しました。

第⼆段階に⼊ったベータクラスの学⽣はいません。

でも今は違います。

「ロマンティカ、探索魔法を」

「分かったわ」

⾵が彼⼥の周りを巡り、出発点からそれほど遠くない分岐した⼩道に向かって発砲しました。

ダンジョン攻略で最も重要なことは、ダンジョンの構造を⾒つけること。

これを⾏うと、安全なルートを計画するのに役⽴ちます。

「デジール!先に進むわね!」

ラドリアはデザイアに挨拶し、⼩道に向かって歩いた。

彼⼥が所属していたレッドドラゴンは、ヘブリオンアカデミーのトップパーティーの1つです。

その直後、デジールは別のパーティーに会いました。

それはケルトの所属するブルームーンパーティです。

ケルトは微笑みかけようとしていたが、突然、何か不快なことを思い出したかのように顔が固くなった。

「・・・」

彼は結局何も⾔わず、すぐに⽴ち去った。

ケルトの態度に何か違和感を感じますが、今はダンジョン攻略が優先です。

 



 

  • トレーニングの成果

短期間で、多くのリタイアの発表が⾏われました。

パーティー⼤会が始まってから1時間も経たず、ベータクラスの⽣徒の半数以上が失敗しました。

彼らは純粋に準備不足でした。

タキランも以前の自分だったら、既にリタイしていたと考えていました。

彼が弟とパーティーを変えた理由は明らかだった。

タキランは、デジールのパーティーから何かを学ぶことができると信じていたのです。

実際、彼はすでに多くのことを学んでいました。

以前のパーティーで過ごした2年間と⽐較して、わずか2週間で⾃分⾃⾝の違いを感じることが出来たのです。

デジールはタキランにまともな種類の剣術を教え、彼の他のスキルも⼤幅に向上しました。

「フリーチェル、地⾯のほこりを取り除いてください」

「分かりました」

「・・・罠がありました。アゼスト、あなたの氷魔法で橋を作ってくれませんか?」

「問題ない」

「よし、みんな。渡りましょう」

散歩しているかのように、デジールのパーティーはあっという間に進んだ。

ロマンティカの探索魔法で前方を調べると、ゴブリンの集団を発見した。

「プラムとタキランが前に。ロマンティカ、彼らをバックアップして。タキラン、これまでに学んだことを教えてください」

タキランは剣を⼿にしっかりと握りしめ、謝辞で頭を頷いた。

デジールはタキランとフリーチェルに実践経験を積むように導いていました。

「アゼスト、タキランが危険になった時はカバーしてください」

「分かった」

パーティーの役割は、トレーニングに基づいて事前に決定されていました。

予期せぬ事態が発⽣した場合、デジールは柔軟に戦略を変更し、必要に応じて対応しました。

「⼈間、⼈間!」

ゴブリンとオーガがデジールのパーティーに近づいた。

敵の位置が特定されるとすぐに、プラムは⼀筋の稲妻のように⾶び出し、オーガを倒した。

残りはゴブリンだけ。

タキランはパーティーからの⽀援を頼りに、デジールから学んだ剣術を⼼ゆくまで⽰した。

モンスターの群れを素早く倒す。

タキランはまだミスが多いですが、ロマンティカが彼をサポートして、アゼストも時々彼を助けに来ました。

デジールの背中を⾒ていると、⽬標を達成できるという確信が⾼まっているとタキランは感じました。

途中で、さらにいくつかの罠やモンスターに遭遇しましたが、デジールの指⽰に従ってそれらすべてを簡単に処理した。



 

  • ガーゴイル

突然、巨⼤な武器が何かを押しつぶすように聞こえる⾳が聞こえました。

誰かの叫び声が聞こえます。

「・・・ペースを上げよう」

進むにつれて道が広がり、巨⼤な広場へと続いていきました。

「ガーゴイル・・・!!」

魔法使いがダンジョンを保護するために作成した⼈⼯⽣物。

この魔物と戦うパーティーは、ベータクラスのパーティー1つでした。

「どうしてこんなに早くここに着けたんだ?」

そのパーティーには4⼈のメンバーしか残っていなかった。

その中の1人が角に刺されて、姿を消した。

「どうする、デジール?」

ロマンティカが尋ねた。

「俺たちが彼らを助ける理由はありません」

この大会はパーティー同士の戦いです。

彼らはデジールたちに背後から攻撃されていないことに感謝するべきです。

「しかし、俺たちもこの道を通過する必要があります。彼らが失敗するまで待つ必要はありません。時間を無駄にしているだけだよね?」

「確かにそうですね、デジールさん」

誰もこれに反対しませんでした、そしてすぐ後に、デジールたちは戦いに加わりました。

 



 

ダンジョンはアルファとベータ、同じ場所なのですね。

モンスターは再復活するのでしょうか?

続々とベータクラスがリタイアする中で、デジールたちは順調に攻略しています。

新メンバーの二人も活躍の場がありますし、今後の活躍にも期待出来そうです!

そして、デジールたちよりも先に辿り着いたベータのチームはどうやって辿り着いたのでしょうか?

 

帰還者の魔法は特別です【109話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は109話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...