帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【107話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は107話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...



 

107話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【106話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は106話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • ダンジョン攻略

パーティー⼤会当日。

全員がオリエンテーションのために講堂に向かった。

デジールは落ち着いて周りを⾒回し、他の参加者をチェックしました。

アルファクラスとベータクラスはグループ化され、⾃然に互いに離れており、互いに明らかな嫌悪感を⽰していた。

まるで⾒えない壁が、貴族と庶⺠のグループを分けているかのように。

「ようこそ、ヘブリオンの勇敢な生徒諸君」

世界史の教授であるペルスタが叫んだ。

短い挨拶の後、今年の⼤会の形式について話し始めました。

「今年のテーマは 『ダンジョン侵略』です」

あなたのパーティがこれ以上先に進むことが出来ないと判断した場合、リタイアしてください。

スコアはパーティーがリタイアする前にどれだけ達成したかを反映します。

事前に調べてダンジョンに⼊るのと、予備知識無しでダンジョンに⼊るのとでは全く状況が違います。

「パーティーの競争は、各⾃がどれだけ速く効果的に障害を処理してクリアするかだけでなく、チームメンバーがどのように役割を果たして協⼒し作業するかに基づいて採点されます」

説明を終えると、閉会式を終えました。

「では、今から2時間後に⼤会を始めます」

 



 

  • 意見の食い違い

突然の予期せぬ出来事への対応は評価の⼀部であったため、オリエンテーションは実際に競技が始まる数時間前に開催されました。

デジールは急いで皆の所へ戻った。

「俺は前世でもパーティー⼤会に参加した経験がある」

当時はベータクラスのパーティーメンバーで、大会に参加していました。

歩きながら問題を考えている間、誰かがデジールに近づきました。

「すみません。ちょっと時間を貰えますか?」

エルセンブラン教授でした。

「構いませんが、大会が2時間後に始まるので⻑くは話せません」

「ほんの1分程です」

周囲をチェックし、近くに⽿を傾ける⼈がいないことを確認した後、彼は話し続けた。

「先⽣は君に期待しています。貴族を倒すことが出来るのはあなただけだ」

デジールは静かに彼の⾔うことを聞いた。

「これは、貴族と庶⺠の関係を変える良い機会です。まさに⾰命のようなものでしょう」

「教授」

デジールは彼の話を断ち切った。

貴族と庶⺠の関係を変えたかったのは事実ですが、彼の見解は先生の見解とは少し異なっていました。

エッセンブランは気にせず、自身の熱烈な⾔葉を伝え続けた。

「プリレチャ帝国を攻撃したアウターの何⼈かは⾰命軍の⼀部でした。あれについて君はどう思う?」

「彼らが持っていたかもしれない最初の意図は正しかったかもしれませんが、今の彼らの⾏動は完全に間違っている。彼らは彼らの⽬標を達成するために⼈々を傷つけます。彼らは単なるテロリストにすぎません」

「君は彼らの意図のいくつかの部分に賛同しているように見えるが。彼らに協⼒しようと思ったことは?」

デジールは⾸を横に振った。

「私は決して協力はしないでしょう」

エルセンブランが何か他のことを⾔おうとした時、誰かが後ろから彼の名前を呼んだ。

「そこまでにしておきましょう、エルセンブラン教授」

ゴージャスなあごひげを⽣やしたベンキック教授です。

エルセンブランは彼を⾒て、剣から⼿を離した。

「・・・この会話の続きは後ほど」

ベンキックはデジールにウィンクしました。



 

  • スタート

【パーティー⼤会参加者は全員講堂に集合して下さい]

各グループは最⼤6⼈で参加できます。

デジールのパーティーには全部で7⼈のメンバーがいます。

レンは最年少のメンバーだったので、今回はレンが外れます。

ロマンティカはデジールの肩を軽く叩き、ある⽅向を指さした。

「向こうを⾒て」

デジールを⾒つめている教授たちを指さしていた。

すべての教授が彼に⾮常に興味を持っています。

学⽣だけでなく、教授たちも、デジールの⾏動を注意深く⾒守るようになりました。

その中には、パグマン教授も猛烈に睨みつけていた。

デジールはそれに応えて笑った。

アウターのプリレチャ帝国への侵⼊を防いだ功績はいくらかの名声を与えていた。

しかし実際には、デジールは庶⺠として⼤きな壁に直⾯していた。

ヘブリオンアカデミーは、最⾼の教育機関でしたが、庶⺠にとって最⾼の環境ではありません。

今⽇この差別を終わらせることが出来ると確信します。

大会で優勝した場合、それが世界の彼らの⾒⽅を変える可能性があることは間違いありません。

残り時間はほんの少しでした。

「私たちが勝てるのでしょうか?」

フリーチェルは尋ねた。

「フリーチェル、あなたと私たちを信じてください。今のあなたは変わった。そして、あなたが私たちの助けを必要とするとき、私たちはあなたを決して忘れません」

「ありがとう。私は⾃分のベストを尽くすわ」

フリーチェルは⽴ち去る前にそれに応じて顔を⾚らめた。

ロマンティカは⼿を伸ばして⾃分の肩に触ろうとしますが、そうする前に止めます。

「アホくさ」

その後、デジールはメンバーを呼び集めた。

「ブリーフィングを始めましょう」

会議の重要なポイントを伝えます。

参加者の殆どはシングルランカーでした。

この大会は彼が望んでいたほど簡単ではないでしょう。

時計台から鐘が鳴った。

【参加者全員はゲート前に来てください]

 



 

ついに始まりました、影の攻略!!

今回は前回のクエストと違い、シンプルにダンジョンを攻略して行くのですね。

全員で進むので、パーティーの連携が試されるでしょう。

エッセンブラン教授は少し怪しいですが、彼がアウターではないことを祈ります。

もしかしたら、彼はピエロの可能性も・・・?

 

帰還者の魔法は特別です【108話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は108話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...