帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【106話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は106話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は131話。 ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は131話。 ...



 

106話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【105話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は105話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • フリーチェルの心の変化

フリーチェルは、最初の1週間を過ごしてリラックスした気分になりました。

訓練は⼤変ですが、何か新しいことを学んでいるとようやく感じたので、毎日が新鮮です。

「明⽇は何が待ち構えているのかな?何を学ぶのかな?」

フリーチェルの⾃信は⾼まりました。

以前から彼⼥を知る人たちは、その変化に驚きを隠せません。

「あれは本当にフリーチェルか?」

「・・・?」

フリーチェルは廊下を歩いていると、群衆が何かについて呟いているのを⾒ました。

そこはロッカーがあった場所です。

彼⼥は知り合いの顔を発見した。

「エルジェ!」

エルジェはフリーチェルの元メンバーでした。

彼⼥はいつも友達に囲まれた明るい性格の学生です。

もちろん、フリーチェルも彼⼥の友達の⼀⼈でした。

ロッカーの状態を⾒たとき、⾔葉を失います。

 



 

  • イジメの矛先

動物の腸がロッカーに投げ込まれ、⾎がいたるところに⾶び散り、床に滴り落ちていました。

「これって・・・」

それは彼⼥にとってあまりにも馴染み深い光景です。

「エルジェ!⼤丈夫?怪我はしていない?」

「フリーチェル・・・?」

エルジェは頭を向け、群衆の中にフリーチェルを⾒つけました。

彼⼥の⽬は、まるで敵と顔を合わせたかのように変わった。

「え・・・どうしたの、エルジェ?」

エルジェは話す前に涙を袖で拭いた。

「あんたみたいな偽善者に、何が分かるの」

そう言われるとは思ってもいなかった。

二人は親友ではありませんが、それでも仲は良かった筈。

エルジェはニヤリと笑った。

「あなたが去らなかったら、こんな事にはならなかった」

彼⼥の⾔葉はフリーチェルの⼼を引き裂いた。

「これをすべてやっているのは誰だと思う?」

彼⼥がデジールのパーティーに引っ越した後、イジメは⽌まりました。

イジメが⽌まったと思った。

いいえ、そうではありません。

対象が変わっただけです。

「全部あなたのせい。あなたが逃げたから」

「・・・」

イジメの新たな標的はエルジェでした。

彼⼥が普段⾒せていた魅⼒は完全に消えていた。

「もう放っておいて。あなたの同情なんていらないわ」

エルジェは振り返り、ロッカーの掃除を始めました。

フリーチェルの⼼はとても痛んだ。

彼⼥は⼀⼈ぼっちだった。

フリーチェルはエルジェがどのように感じたかを理解しました。

彼⼥は悲しく、惨めで、憤慨しているに違いありません。



 

  • 以前の私とは違う

しかし、それだけです。

「エルジェ、それじゃダメよ」

エルジェは⼿を動かすのを止めた。

「あなたが憎む必要があるのは私ではない。私はあなたに何も悪いことをしませんでした」

「はぁ?あなたが他のパーティーに移ったから、私が新しいターゲットになったのよ!⼀体何を⾔ってるの!?」

「何故それを私のせいだと?現実を避けようとするのを止めてよ!」

制服を着た⼥の⼦が廊下を歩いてきた。

リャダはフリーチェルの前のパーティに仕事を与えていたメンバーであり、また彼⼥を虐めてた人物でもありました。

リャダは、ハエを追い払うように⼿を振った。

「私はもうあなたに興味がありません。私の邪魔にならないようにして、傍観者から⾒守ってください。これはあなたとは何の関係もありません」

「いいえ、それは出来ない」

「何を言ってるの?」

「あなたは弱者だけを選ぶ臆病者です」

フリーチェルの強烈な⾔葉は、明らかにリャダを動揺させた。

「フリーチェル、あなたは何かを誤解しているようですね」

リャダは魔法を唱え始めた。

校舎内で魔法を唱えることは規則違反でしたが、リャダは気にしません。

【エンページ】

フリーチェルは防御魔法を唱えましたが、ブロック出来ませんでした。

彼女の防御魔法は、まるで薄い紙のように引き裂かれました。

⽊の拳がフリーチェルの腹部を打ち、彼⼥はロッカーに叩きつけられた。

「うぅ・・・」

リャダはフリーチェルに向かって歩き、背中を踏みつけた。

[ルートバインディング]

魔法の網から⽊の枝が広がり、フリーチェルの体を包みます。

それが及ぼす圧⼒は圧倒的でした。

「じゃあ、私の後に繰り返してください。「私は価値のない庶⺠として、貴族を⾮難したので、死に値する」と」

「・・・あんたは最低だ」

「まあ、あなたがそう⾔うなら」

⽊の枝はフリーチェルの体の周りでさらに引き締まり始めました。

このままだと、彼⼥の⾻は粉々に砕ける危険性が⾮常に⾼かった。

 



 

  • 我慢の限界

「もういい」

未知の⼒が即座にリャダの魔法を破壊しました。

「あなたは!」

「フリーチェルから離れろ」

それはデジールでした。

リャダは焦りました。

彼⼥はデジールがどれほど強いかを知っています。

「デジール・・・」

フリーチェルは咳をして起き上がった。

彼⼥の⽪膚にいくつかの打撲傷に気づく。

「俺は学⽣に怒鳴らないように⼀⽣懸命努⼒してきた」

リャダは彼から発せられる怒りを感じ、本能的に後ろ向きに歩いて逃げようとする。

「けれど、これはやり過ぎだ」

壁が彼⼥全体を飲み込もうとします。

「ま・・・待って!何してるの!?」

ほんの⼀瞬で、彼⼥の体は壁に半分埋まった。

リャダは逃げるために魔法を唱えようとしたが、デジールは⼿を振って魔法をブロックした。

「こんな事をして良いと思うの?教授が来たら、あなたは死ぬわよ」

「⾃分のことを⼼配しろ。俺はお前の体を簡単にバラバラにすることが出来る」

「何ですって!?」

リャダが壁に埋葬された場所に向かって、デジールの指が湾曲した形で振られました。

「あなたがこの壁の⽳だったと想像してみてください。この⽳を塞いだらどうなる?」

「・・・!」

「これまでの⼈⽣で経験したこととはまったく別のレベルの痛みであることを保証するよ」

彼の笑顔は全員を震えさせた。

「もうやめて!もうあなたたちには手を出さないから!!」

「お前がそう⾔われたとき、拷問するのを止めたのか?」

魔法のキャストが輝き始めました。

リャダの⽬から涙が溢れます。

「ごめんなさい!ごめんなさい!私を許してください!」

魔法が呼び出され、デジールの指を離れました。

リャダは⽬を閉じて悲鳴を上げた。

「いやぁぁぁぁぁあ!!」

リャダはバーフアウトしたかのように壁から跳ね返った。

彼⼥は注意深く⽬を開けると、彼⼥の前に⽴っているデジールが暗い顔で彼⼥を⾒下ろしているのを⾒た。

「これがお前のしてきた事だ」

「・・・」

デジールは振り返り、フリーチェルに向かって歩いた。

「医療センターに連れて⾏きます」

「私がここにいる事をどうやって知ったの?」

「通りかかっていて、誰かが魔法をかけているのを感じました」

フリーチェルが⾁体的に虐待されただけだとしたら、彼は⼿遅れになるまで気づかなかっただろう。

「ごめんなさい、フリーチェル。あなたが⾃分で解決しようとした事は知っていますが、俺は我慢できなかった」

フリーチェルは彼に微笑んだ。

「いいえ、デジールに感謝します。助けてくれてありがとう」

デジールは彼⼥の笑顔の後ろに隠された苦痛の紛れもない痕跡を⾒ました。

 



 

分かってはいましたが、フリーチェルが嫌われていたから虐めていたのではないですよね・・・。

リャダからすれば、誰でも良かったのでしょう。

普段は冷静なデジールが怒る場面は珍しいので、かなりエグいお仕置きでしたね汗

今回のフリーチェルの勇気に感化されるベータ組が増える事を祈っています。

その中には、エルジェもいると嬉しいですね^_^

 

帰還者の魔法は特別です【107話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は107話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は131話。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は70話。 続きを読みた...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...