帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【105話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は105話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...



 

105話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【104話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は104話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 特訓開始

デジールたちは訓練を始めました。

新しいメンバーは全員、実戦を経験したことのない初⼼者です。

デジールは、過去の⼈⽣で様々な⼤陸の騎⼠や剣⼠と多くの時間を過ごしたので、剣術スタイルの基本的な動きをすべて知っていた。

ヘブリオン皇帝の剣術をレンに教え、北⽅の攻撃的な剣術をタキランに教えることに決めま
した。

フリーチェルは⽔ベースの魔術師であり、彼⼥はほんの少しの呪⽂しか知りません。

レパートリーを増やすために、より多くの呪⽂を学ぶことに集中しました。

初⼼者を指導した後、デジールは既存メンバーのトレーニングをチェックしに⾏きました。

「お疲れ様、プラム!」

剣の先端を覆っている⻘い炎を⾒ました。

それは間違いなくオーラです。

プラムは次の段階に⼀歩近づきました。

「ありがとう、デジールさん。頑張りました」

「そのまま続けてください。オーラが⼗分に得られたら、⼀緒にスパーリングを開始しよう」

「はい!」

 



 

  • 課題

その後、ロマンティカに会いに⾏きました。

⾦属の砲丸が時速200キロメートルで⾶び交います。

ロマンティカは空のどこかを狙ってライフルを構えていた。

⼤きな⾳とともに、彼⼥がライフルに呼びかけた魔法が空中に発射された。

[成功]

近くの機械からロボットの声が聞こる。

ロマンティカの砲丸はバラバラに引き裂かれた。

ライフルのリロードを終えたとき、デジールは拍⼿喝采した。

「うわー、凄く成長したな。素晴らしい成果だよ!」

「まぁね。こんなの簡単よ」

彼⼥の狙撃は⾮常に⾼速に⾏えるため、その魔法から⾝を守るのは困難です。

クロウマスクとの戦闘中にこの狙撃魔法を使⽤し、彼のマスクを破ることさえ出来たのだから。

「もう一度」

ロマンティカにもう⼀度⾏くように合図した。

「しかし、狙撃訓練はまだ完了していないことを知っておく必要がある。狙撃は1⼈の⼈物を相⼿にする場合に効果的ですが、敵が常に1⼈だけになるという保証はない」

デジールがレバーを引き下げ、砲丸が空に⾶び出した。

ロマンティカが引き⾦を引く前に、再びレバーを引く。

2番⽬の砲丸が空中に現れた。

ロマンティカは落ち着きを失い、彼⼥の狙いはパニックに陥りました。

「わ・・・待って!」

「捉えて、ロマンティカ」

ロマンティカは唇をしっかりと噛み、スコープを⾒下ろした。

「どちらを最初に撃つべき?」

2つ目の砲丸は、彼⼥の正確さに多⼤な影響を及ぼした。

決⼼した後、彼⼥は最初の狙撃を行いましたがターゲットを逃しました。

【失敗】

「・・・」

ロマンティカはライフルを⽬から下げた。

「これは私が練習する必要があるもののリストに追加されるわよね?」

最後に、デジールはアゼストに会いに行きました。

「アゼストは進歩の速度が遅くなったと感じているの?」

「そうだ」

「だからこそ、魔法の剣でたくさんの練習をした」

「・・・何か問題があったか?」

「いいえ、何も悪いことではないよ。しかし、魔剣士があなたの究極の⽬標である場合、少し問題がある」

「それならどうすればいい?」

「第4級に到達できる⼈はごく僅かだ。彼らは本当に才能がある。あなたには才能がありますが、第4級を達成することはまだ難しいです」

第4級は才能だけで到達できるものではありません。

「特に第4級では、スキルだけでなく、他の⼈と⽐較できない堅実な⼼が必要です」

「・・・堅実な⼼」

それが彼女に割り当てられた宿題でした。

デジールたちの訓練は続いた。



 

  • 不安

同⽇、ケルトはブルームーンパーティーのために多くの書類を作成するのに忙しかった。

ケルトはグレード2のリーダーです。

彼の⽻ペンは突然⽂書を横切るのを止めた。

パグマン教授が来て、彼の前に座ったからだ。

「調子がどうだ?」

「新しいメンバーのすべての事務処理をほぼ完了しました」

「素晴らしい。やっぱり君は優秀だ。リンゴは⽊から遠く離れていると不味い」

パグマンはポケットからリンゴを取り出した。

「⼀つ欲しいか?」

ケルトは⾸を横に振った。

パグマンはリンゴを巨⼤な⼀⼝で齧り、机の上の書類を含め、⾄る所に汁が⾶び散った。

「ケルト、君はデジールとの決闘に負けたと聞きました」

パグマンの発⾔の後、ケルトはどこを⾒ればいいのか、何を⾔うべきか分からなかった。

敗北という⾔葉は、ニフレカ家には受け⼊れられません。

彼らは常に勝者。

彼らが⾰命を⽣き残ることが出来たのはこの為でした。

「ええと・・・その・・・」

ケルトは落ち着きを保とうとしました。

「・・・デジールは思ったより強く。私はすべての庶⺠が無能で役に⽴たないと思っていました。けれど、私は完全に間違っていました」

「・・・ああ、ケルト」

パグマンはすぐに机を⽚付け、すべての書類を下の引き出しに⼊れた。

「ケルト、あなたが今⾔ったことは、あなたが庶⺠を認めていることを意味しますか?あなたは彼らに騙されてはいけない」

パグマンは落ち着いて話していますが、彼が伝えたかったメッセージはあまり愉快ではありません。

「庶⺠は残酷だ。私たちニフレカ家でさえ、⽣き残るために多くの犠牲を払わなければなりませんでした。ケルト、それを全部忘れたのか?」

「いいえ。覚えています」

パグマンは机の上のリンゴを⼿に取り、もう⼀⼝⾷べました。

「しかし、最近、彼らは彼らが貴族と同じレベルにあると思い込んでいる」

彼はデジールのパーティーについて説明していました。

「彼らは⼤会のために練習しています。ケルト、あなたは彼らにレッスンを教えるべきだ」

ケルトはこの声明に頭を下げることしか出来なかった。

 



 

それぞれの特訓が始まりました。

パーティでの大会だから、てっきり連携練習をすると思っていましたが個人練習なのですね。

でも確かに、新メンバーはまず基礎を固める所からですし、それが終わってから?

ケルトとパグマンは叔父と甥の関係なのでしょうか?ここは読解不足で、はっきりと分かりませんでした。

パグマンは今の所、悪役の印象しかありませんが、今後どうなっていくのでしょうか?

 

帰還者の魔法は特別です【106話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は106話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...