帰還者の魔法は特別です

帰還者の魔法は特別です【103話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。

今回は103話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...

 



 

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮。

「デジール・アルマン」は影の迷宮の中で最後まで生き残った生存者6人のうちの1人である。

彼らは影の迷宮の最後のボスに挑戦したが、失敗し、世界は滅亡を迎えてしまった。

全てが終わったと思った瞬間、「デジール」の目の前に見える光景は…13年前の世界!? 帝国最高の魔法学院、へブリオン学園の入学式に戻ってきた「デジール」

最悪の災害「影の世界」発生までの残りの時間は3年!過去を変え、強い仲間を集めて、世界を救えることはできるだろうか!

 

デジール・アルマン:主人公。相手の魔法を封じる「逆算」を得意とする。

ロマンティカ・エル:パーティの一人。魔法使い。

プラム・シュナイザー:パーティの一人。細剣を得意とする剣士。

アゼスト・キングクラウン:パーティの一人。氷を得意とする魔剣士。

ジョード・エクサリオン:魔塔主。最強の魔法使い。

プリシーラ:聖女。

ブリジット教授:デジールの師匠。魔法学担当。貴族と庶民の偏見を持たない。

ベンキック教授:ルーン語を教える。庶民。

パグマン・ニフレカ:魔法工学担当。貴族至上主義。

エルセンブラン・ティスタチア:対決の講義を担当。黄金の鷹騎士団の元団長。

ドネータ・ハーデン:貴族。庶民に裏切られた経験を持ち、憎んでいる。

【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...



 

103話 ネタバレ

帰還者の魔法は特別です【102話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は102話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 模擬戦の影響

ケルトは、ブルームーンパーティーのNo.2のリーダーであり、第4級魔術師でシングルランカーなどの素晴らしいタイトルを獲得したアカデミー内のトップ学⽣の1⼈でした。

そして、彼はパグマン教授の弟でもあります。

すべてのグレード1および2のシングルランカーの前で、デジールはケルトに勝利した。

これは彼の学校⽣活に⼤きな変化をもたらした。

「あいつがどんな表情で⽴ち去ったか⾒た?面白かったわよ」

ロマンティカの笑い声は⼩さな部屋には大きすぎるくらいでした。

ドネータは完全に⼠気を失っていた。

彼はデジールに会う度に、目線を合わせようとすらしなかった。

「楽しそうだね、ロマンティカ」

今では、デジールの能⼒に疑問を呈する⼈は遥かに少なくなった。

今まで体験できなかった、とても平和で快適な学校⽣活です。

 



 

  • フリーチェル

コンコン

ロマンティカはソファから起き上がり、袖を直した。

「お⼊りください」

デジールの挨拶の後、ドアが開く。

短い茶⾊の髪と巨⼤な暗いフレームの眼鏡をかけた⼥の⼦が部屋に⼊ってきました。

「ベンキック教授が、あなたのパーティーはトレーニングを助けていると教えてくれました・・・。私もパーティーに参加したいのですが」

ベンキック教授。

彼は2学期が始まってからデジールをサポートしていました。

彼もデジールのような庶⺠です。

「まずは席に着いてください」

⼥の⼦が座ると、プラムがおやつを持ってきました。

「えっと、お名前はなんですか?」

「フリーチェル。フリーチェル・ケイと言います」

彼⼥は部屋を⾒回し、デジールに注意深く尋ねた。

「このパーティーがベータの学⽣も受け⼊れるというのは本当に本当ですか?」

「私たちが受け⼊れないと思った理由は何ですか?」

フリーチェルは躊躇した。

「えっと、あなたのパーティーはとても強⼒です。そして私はただのベータです・・・」

「制限は特にありません。⼼配する必要はありませんが、フリーチェル、私たちのパーティーについて聞いたことがありますか?」

「はい。訓練は本当に⼤変で、すべての貴族がこのパーティーを嫌っていると」

「では、なぜ私たちのパーティーに参加したいのですか?」



 

  • 新たなメンバー

「・・・もう我慢出来なくて」

フリーチェルはポケットから写真を引き出し、デジールに⾒せた。

バラバラになった教科書の写真、⾜の⾻折した机・・・。

「いじめられていたのですか?」

「・・・」

フリーチェルは頷いた。

「けれど、私のパーティーの誰も私を助けることが出来ませんでした。教授でさえ。彼は私を助けてアルファクラスに反対することもしてくれません」

ヘブリオンアカデミーでは、貴族によるいじめはすべて無視され、例外なく⾒過ごされていました。

危険な状況に晒される機会が増えるため、他の⼈を助けることは容易ではありません。

⾮難され罰せられる必要があったのは彼⼥をいじめた⼈々です。

「・・・それだけの理由なら、私たちのパーティーに参加する必要はありません。私たちはあなたのためにこの問題を解決することが出来ますが」

フリーチェルは⾸を横に振った。

「いいえ、それでは意味がありません。確かに、私は彼らに復讐したいです。けれど私は強くなりたいの」

「分かったよ。あなたを私たちの能⼒の限りを尽くして訓練します」

リストには、フリーチェルを含む3⼈の新しいメンバーがいました。

ケルトとの模擬戦に勝って以来、⼈々はデジールのパーティーに参加するために来て
いました。

良い兆候でした。

しかし、ベータクラスに⼤きな変更はありません。

(来年もベータクラスに分類される才能のある⼈々がいる)

庶⺠であったという理由だけで、まともな授業を受講することが出来ませんでした。

彼らは、アルファクラスによって飼いならされるのではなく、訓練される必要があります。

すべての原因は、貴族の庶⺠に対する根深い偏⾒。

貴族と庶⺠は、庶⺠が認識されるように和解する必要がありました。

(才能のある学⽣全員を集めよう。彼らがまともな訓練を受けて成長できる環境を彼らに提
供しないと)

シャドウラビリンスを攻略するために。

 



 

  • 実践訓練

アゼストは訓練施設の真ん中に⽴っていた。

光沢のある銀⾊の髪が空中で踊りながら、彼⼥は剣を振ります。

マナを最⼤限に引き出し、限界に達するまで練習を止めない。

2学期が始まってからずっと繰り返しています。

「私は何も出来なかった・・・」

彼女は、プリレチャ帝国で自分どれほど無⼒であったかを思い出した。

クロウマスクに出会うまで、彼⼥は⾃分がデジールと同じレベルにいると思っていた。

しかし、それは彼⼥⾃⾝の誇⼤妄想でした。

彼⼥は⼀瞬注意を失い、剣に付いていた氷が落ちた。

「ふぅ・・・」

彼女は誰かが近づいているのを感じ、すぐにその⽅向を向いた。

「今⽇は早いのね、アゼスト」

ロマンティカが彼⼥に向かって歩いていた。

「何か用事?」

「私が何のためにここにいると思うの?私も訓練のために来たのよ」

ロマンティカは警告なしに呪⽂を唱えた。

アゼストは剣を持ち上げてブロックした。

壮⼤な⾳が訓練施設全体に響き渡る。

「⼀体何?」

「実践訓練よ!」

実践的訓練。

「もっと強くなりたいよね?私は強くなりたい。そして、イエローオーシャンで始めた決闘の決着をつけましょう!」

二人はお互いに戦うチャンスがありましたが、テロ攻撃によって中断されました。

「私は決着をつけたいわ。あなたは?」

しかし、これは悪い機会ではありません。

ロマンティカは偉⼤な魔術師です。

「でも、何もせずに練習するだけでは⾯⽩くない」

「え?」

「負けた⼈は、オフィスを掃除する。この条件を受け⼊れたら、私はあなたと⼀緒に練習します」

アゼストはそう提案した。

ロマンティカは⾔葉を失う。

「掃除・・・?冗談じゃないわよ!?」

ロマンティカは⾼貴な⼥の⼦として育ちました。

彼⼥は掃除のような雑⽤をすることに慣れていません。

ロマンティカは少しためらったが、すぐに頭をうなずいた。

「その賭けに乗るわ。後で⽂句を⾔わないでよね」

「勿論だ」

アゼストは微笑んだ。

久しぶりに最⾼の⼒で戦える気がする。

 



 

帰還者の魔法は特別です【104話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 今回は104話をまとめました...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...